トップページ > 仕事をじっくり考える > [ ロボットレーザービーム(ROBOT×LASERBEAM)]が終了してしまった…スッゲー良い漫画だったけど、コレに通じる創作動画にもシビレたわって件。 

[ ロボットレーザービーム(ROBOT×LASERBEAM)

]が終了してしまった…スッゲー良い漫画だったけど、

コレに通じる創作動画にもシビレたわって件。

                    2018年07月09日

この漫画に描かれているキャラクターには信念を感じられる。そんな良い漫画ですたよ。

ちょうど2週間前に週刊少年ジャンプで[ ROBOT×LASERBEAM (ロボットレーザービーム)]が終了してしまった…クッソ!
(#゚Д゚) ゴルァ!!


以前に高校生活編がカットされたので俺は…
(´・ω・`).。oO(アニメ化の為に隙間を作ったのか?)…と判断していた。

原作にアニメが追いついてしまうと困るからオリジナルストーリーでも差し入れるのは常勝手段だったから、この漫画は連載継続すると踏んでいたんだけどなァ。

現代でも職人気質の考え方はお手軽思考のカンチガイ共には非常に学べる漫画展開だったのに編集者側は何でアンケート式に振り回されるのか疑問でならん。

実際に販売部数とかをジックリ戦略練らずに一見さんのみの集客ばかり狙っているとファンが減ると俺は思うのだよ。

週刊少年ジャンプはそろそろリピートを考えないと、にわかユーチューバーのようにインパクトばかりで内容の薄い短期コミックばかりになってしまうと懸念する。

今回の漫画は非常にその面でも展開が期待される人生論が詰め込まれてた漫画だったのにな…(´•̥ω•̥`)







最終回から1つ前の回だけど今現在の部活問題で結構参考になるんじゃないかな…と感慨深く感じる。

現代は成果主義が主流だけど本質や最初の動機をすっかり忘れて取り組んでいるからトレーニングとか練習が楽しめない実力不足選手を量産して、その負荷が不満という形になりSNSとかに垂れ流されるという事になる。

結局、モノの考え方がその人の実力を決定付け、更には人生をも左右するという事に繋がる。

大げさに聴こえるだろうか?
ならば貴方はソレまでなのかも知れん。(´・ω・`) ショボーン

ソコでコレに関連する時事ネタを挙げておく。

○ 時事ネタ:「昔は靴も買えなかった」「上司からは大体嫌われる」 本業年収1000万超え、包丁YouTuberの異常な仕事愛


如何だろうか?
人は面白い事にどんな分野であれ[ 一点集中 ]という愚直な実践は人を魅了する事が実際にあるんだよ。



上の動画は両極端に思えるし、意見も違うように思えるかも知れんが俺としては根本は同じ価値観の元に変化しているだけに過ぎないと考える。

それは…
① 1つの動画内容に気の遠くなる程の心血を注ぐか…
② 気の遠くなる程の企画数での動画製作数に心血を注ぐか…

だから双方の共通ポイントは[ その分野(価値観)で継続している ]という点に尽きると考えても問題無いと思う。

にわかチューバーとか、なんちゃって実践者は後者の『簡単そう…』なイメージを上辺だけ汲み取って取り組むから最終的には[ 飽きる ]・[ 中途半端な成果 ]・[ やっぱりダメだった ]という3点セットの現象を受け取るのが容易に想像付くだろう。

今回の[ ROBOT×LASERBEAM (ロボットレーザービーム)]という漫画はその意味も含めて非常に良書に属す優れた人生面でメッセージ性のある内容だったから余計に残念でならない。

集英社さん…もう少しアンケートに振り回されない内容の良い作品を残して頂きたいです。(´・ω・`) ショボーン

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU