トップページ > 仕事をじっくり考える > 横領がトレンド!…AIが介入する日も近い気がする。 

横領がトレンド!…AIが介入する日も近い気がする。

                    2018年07月10日

全国で横領がトレンド現象を起しているらしい…。
AI投入は時間の問題ですな。

時事ネタ
○ 預金3億7500万円着服か=きらぼし銀行員が書類偽造
○ 会社員を逮捕 1億円横領「ストレス発散で」
○ JAの女性係長が約1億円着服 勤続30年以上のベテラン

実は俺…横領に関しては過去、割とやっちゃった人を4〜5人お目に掛かってたりする。

本人のカミングアウトだったり、懲戒免職だったり、ドロン(失踪)したりと独立失敗後〜ブラック就労時代に見届けたのよ。

特に最後のブラック就労時代には金を仲間内で借りまくって失踪したパターンに出くわしたけど、何故か俺だけには金を借りて来なかったから不思議でならんかった…。

何でだろ?( ゚д゚)ポカーン

ものの2〜3000円の人から酷い場合には数十万円バックレられた従業員もいたけど、ブラック就労時代にそんなに貸付る側の人間関係が不思議でならんかったよ…意味解らん。

基本的に横領や借金する人…そして多重債務者ちゅーのは最終的に散財する理由としては現状を回復出来ず、重圧からの逃避で現実逃避行動を取る為に理解不能な行動を取る事が多い。

その為、特にコミニュケーションや散財面を少し見ただけで解る人には解るんだよ…マジで。

金融関係に属している人は非常にこの人種に対する嗅覚が優れていて俺が金融アルバイトをしている時に色々と教えて貰った中で感心させられるものばかりだった。

もうね…末期症状になるとジッとしてられないみたいなの。
何せ余計な事を考えてしまう方面が全て[ 恐怖や不安 ]だから当然と言えば当然なのだろう。

人はその漠然とした[ 恐怖や不安 ]を最終的には警察からの逮捕という形で刑務所逝き → 一時的精神安定に辿り着くみたい…というよりも観念するというニュアンスが強いかな?

○ 関連記事:人生の立ち回りは人ぞれぞれ…往生際も人それぞれでござる。

ただね…人生復帰にはかなり大変だと金融関係者に教えて貰った。

何故なら…その後の社会復帰が非常に厳しい世間体に晒されるから地方に身を流すという傾向が強く、その先で同じ事を繰り返すというサイクルに陥り易いという悲しい現実…というより精神的な現象があるからだ。

今後の金融収納業務や取り扱い業務はAIとかに移行するだろうな。

被害者や犯罪を撲滅する意図もあるだろうし、時代背景や情勢による人間への不安定さを業務へ影響が及ぼさぬような形に移行するカテゴリーになる可能性は非常に高い。

タダでさえスーパーのレジも現金の清算が機械化されるようになって来ている昨今、納税や貯金…そして支払いも人間と人間の間にAIや機械管理が入るのは自然の成り行きなのだろう。



→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU