トップページ > 仕事をじっくり考える > ツイッターのアカウント狩り…やはりコレからはホワイトカラーの真っ向勝負の時代なのだろう。 

ツイッターのアカウント狩り…やはりコレからは

ホワイトカラーの真っ向勝負の時代なのだろう。

                    2018年07月13日

俺のようにオッサンが不慣れなツイッターをすると新鮮な情報に見えてまうけど、何時の世もブラック手法ちゅーのが淘汰されるイタチゴッコが展開されている御様子。


へー…( ´・_・`)y-~
いつの世もこの手のイタチゴッコちゅーのは繰り返されるんやね…偽造アカウント利用のアフィリって結構手間が掛かるとは思うんだけどな。
ソレよりは1ページでも書けば良いのに。

俺は過去にSNSを利用した偽造アカウントアフィリで一瞬の夢を見た下らない失敗をした経験上、イケダハヤト氏のような超王道の鬼神のコンテンツ量を参考に愚直進行しているからブラック手法の虚しさからは無縁でござる。

○ 関連記事:2017年07月の結果報告とアクセスに関してのお詫び…リファラーで昔を思い出す。

あの頃の[ ミクシィクエスト ]の投資は取り戻したけど…何か自分の投資した時間を水の泡に帰した虚しさは[ 労働収入 ]と同じとダブってしまうからなァ…、マジで虚しい。 (ノA`)=3

やっぱりアフィリエイトビジネスの真髄は[ 累積ビジネス ]という[ 資産価値 ]という点である以上、是が非でも労を惜しまずコンテンツの充実を計るべきだと痛感している。

ルールがコロコロ変わるというリスクは基本的にブラック手法の方がリスクとして高い。

ホワイト手法はその点、非常にリスクが低いから愚直&地道であっても価値は高いと感じるのは当然。

だけどソレに挑戦し、頂きを目指す人は大勢あれど途中で力尽きる人は後を絶たない。

逆を考えればソコに逝き付けばリターンもあるという事だ。
結局王道ちゅーのは半端モンを寄せ付けない[ 何か ]があるのだろう。

俺の大好きな漫画[ ハチワンダイバー ] の菅田君やリー師範のように積み上げる訓練や鍛錬が性に合ってるモンにとってはイケダハヤト氏の愚直な姿勢は自然と受け入れてまうわなァ。





↑人生の大教訓。[ ハチワンダイバー17巻より ]リー師範 VS 菅田君の対局の1シーン

イケダハヤト氏のブログやツイッターは参考にしている。
だけどギルドには所属する気にはならない。

それには理由があって…過去、独立時代に群れる事での煩わしさ…というか[ 周囲を見て自分のレベルが平均化する現象 ]を嫌ってほど体験したし、人間不思議なもので自分が邁進している時にはチヤホヤされて自分を見失い、逆に自分を見失っている時には他人の事で躍起になって集中出来なくなるというジレンマを体験してしまったが故の[ 己の弱さ ]に嫌気が差してしまったからですダヨ。

イケダハヤト氏のようにトップを確立し、己を[ 金城湯池 ]の如く確立している人であれば問題は無いのだけど俺のように煩わしさに惑うモンは所属せず、愚直に邁進するしかない。

所属して燃え上がる人。
所属して萎える人。
所属して行動する人。
所属して手が止まる人。

人は色々だけど、俺は無所属&隠遁潜伏モードでキーボードを愚直に叩いている方が良いのかも知らんわな。
(´・ω・`).;:… (´・ω...:.;::.. (´・;::: .:.;: サラサラ..

まァ…この企画サイトも、ちょっとした[ 手本を見せてみろ!]とケンカを売られた?(そんなメールだったような…w)事から『じゃあ…ホワイトでやってやろーじゃないの。』と始めたモンだったけど実際に毎日1記事程度ペースのレベルで1年後にはそんなメールがパッタリ止んだ。

代わりに[ 私なんて… ]とか[ へろょとさんみたいに… ]とかメールをたまーに貰うようにはなったけど、この業界…ちゅーか…どの分野においても上には上がいる。

鬼神の如くコンテンツを積み重ねるイケダハヤト氏をやっかむ人はネットで多く見かけるけど、その本音は[羨ましい ]のだと思うわ。

ギルドや他の参考サイト(例えば『アフィリエイトに向く人&向かない人』)とかを貪り読んで満足してしまったり、逆に萎えてしまったり…結局、指が動かないと本末転倒だから注意すべきポイントでもある。

俺は[ 習慣を飼い慣らす ]というのは一種の[ 訓練 ]とか[ 鍛錬 ]と考えている。

ソレに夢中になれる人やライフワークにしている人は幸せだと思う。

逆にソレに惑わされて自虐に陥ると不幸になる。

俺のように[ 集団に属すと弱くなるモン ]は水面下で強かに孤独な鍛錬や訓練をネテロ会長のようにした方が良いのかも知らん。


(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU