トップページ > とりあえず雑感 > やっぱり日本の自衛隊は凄いと思うし、日本独自の清濁併せ飲む多様性思考と倫理観は誇るべきだと感じた件。 

やっぱり日本の自衛隊は凄いと思うし、

日本独自の清濁併せ飲む多様性思考と倫理観は

誇るべきだと感じた件。

                    2018年08月11日

非常に世の中の参考になる良アニメ[ GATE ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり ]は日本の良さを存分に示唆している作品である。

豪雨被害とか災害とかでなんだかんだ言っても日本自衛隊の活動は凄いと常々感じる。

そんな経緯を最近、感じる機会もあってか知らんが…つい数日前に自衛官の後輩が事務所に来たのよ。

kwskは言えんが色々と災害派遣での話を教えて貰った。
この後輩は過去[ 津波災害 ]や今回の[ 豪雨被害 ]での救済活動にも従事して色んな経験をしているの。

だから結構、グロい(要は災害による遺体の確保)現場とか…そりゃもう大変な任務ですよ。

でも本人が一番生きがいとしている事はやはり[ 人を助ける ]事と[ インフラの復旧 ]による支援がもっとも心や精神に栄養が行き渡ると話していた。

確かに色々と大変だろうなと察するわ。
実際に現場で活動する自衛官の職務はマジで災害に遭った人から人から言えば本当に心強いと思うよ。

そーいや本人から土産話で缶詰食事の野営訓練での内容でやっぱり腹持ちが良いのが[ もち米 ]系の食料(缶詰等)が重宝するそうだ。

それと規律内の事で最初の訓練(要は自衛官になって始めの訓練)で一番厳しく躾けられるのが[ 靴の手入れ ]・[ 寝床の確保や点検 ]・[ 道具の整備 ]の3点らしい。

これは災害現場で最も痛感したとの意見だった。
特に[ 靴 ]に関しては徹底的に指導されたのだが、事実現場に出てどれだけ重要なのか意味がスグに理解出来たという。

基本的に即行動・即実践・即救出・即時対応・即時撤退というのは命を護ったり、救出したり、二次災害を防ぐという事と靴とは現場レベルではかなり密接していると教えて貰った。

ちなみに俺が部活外部指導で道具の5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)でかなり厳しく指導してたのが結局正しかったと当人は言ってたけど俺のレベルでは所詮は[ 組織運営 ]や[ 生産効率化 ]…そして[ 規律と組織強化 ]目的の延長線上でしかないので実際に命を預かったり護ったりするガチレベルの後輩が所属する国衛とは通じても本質の深さは違うでござるよ。

そんな話を色々と後輩から教わって非常に勉強になったでござる。

今後も任務に励まれて頂きたいです。
今後の日本をよろすくね。(´・ω・`)ゞ

そんな中で自衛隊ネタを色々とサーフしてたらAmazonビデオで[ GATE ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり ]をみる機会に恵まれたワケとなる。

[ GATE ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり ]

昔、[ 無責任艦隊タイラー ]とか[ 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ]を見て政治や利権の仕組みを色んな側面から描写した作品群にはマジで驚いたけど、この作品も非常に優れた作品である。

関連記事
○ 時代が攻殻機動隊のように義体化がこれからの産業に大きな意味合いと可能性を見せてくれる分野になるだろうなァ…って件。


国との交渉や国益利権、そして人道的配慮による統率や戦闘。
武器は所詮人殺しの道具なれど事実、全否定は出来ない点にも言及されている作品である。

どの世界でも国防というのは綺麗事ではないし、コレに利権や私我…そして宗教が介入すると途端に犠牲が増える。

そして歴史とかを長期的な視野で結構な割合でハニートラップ系のような男女の策略さえ見えて来る場合もあるわな。

[ 英雄色を好む ]とはよく言われるが実際にボケたアホ指導者はドップリ浸かるのも事実であるしな。

世界に私欲や本能が無くなれば皆、総体で生きていけるんだけどコレに関しては人間である以上、この本能ゲームにはAIが解決するまで続くのだろうなァ…( ゚д゚)ポカーン

まァ…それはいいとして、投資とかをしているとどうしても世界情勢系のニュースをチェックしてまう。

そんな中でも政治とか内乱とかに無駄と言い切って良い程、[ 宗教派閥 ]の問題が絡んでくる。

俺としては非常にバカバカしいとしか言えない。
そもそも宗教には全く興味ない俺だけど人生や人を不幸にする宗教ってどうなの?

何が正しくて何が間違いで…とかどーでも良い事でケンカや戦争を起すのをバカと言わずして何なのだろうかね?(#゚д゚) 、ペッ

日本は基本が[ 八紘一宇 ]とか[ 清濁併せ呑む ]という曖昧さが概念に根付いている。

その調和概念たる日本のという形が世界でも随一の[ 最古国家 ]である所以なんだよなー。(´・ω・`)y-~

だから自衛隊派遣でも各地で戦闘よりもインフラ整備や独立・自律・自立の支援をする自衛隊が各国の現地住民に頼りにされるのは道理。

その証拠に日本のパスポートが世界でも最高の価値と賞され偽造のターゲットにもされるのは日本国籍を有するものへの信用度が頭抜けているから。

これは先人の恩恵だという事実の裏付けだからに他無い。







世界も占領とか利益とかばかりに目を向けず共存共栄という価値観を持ってしまえば、アホらしい自国ファースト的などっかの西洋花札というトップを含めた後ろのバックボーンも無くなるだろうに。

同じ地続きを『ココは俺のだ!』とか『俺が俺が!』的な私欲・我欲に駆られている国のトップ…そしてメシウマジャーナリストとかメディアとか何をしているのか意味が解らんし…

第21話に登場する真実をメシウマ化しようとするバカジャーナリストと現場真実主義の若手ジャーナリストの会話。

もうね…戦争が金になるナンセンスな時代は終わっているんですよ…マジで。(´・ω・`)=3


結局、我欲と総体との行き着く果ては破滅か繁栄かという事になる人生を豊かにする発想は日本の倫理観にあると俺は思うんだけどな。


そんな事を感じてしまった非常に良い作品だったよ。
是非とも皆はこんな時代だから見て欲しいわ。



本日も自衛官の皆様、本当に任務御苦労様です!(`・ω・´)ゞ

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU