トップページ > 仕事をじっくり考える > 知人がユーチューバーを始めたのだけど… 

知人がユーチューバーを始めたのだけど…

                    2018年12月31日


知人のツイッターを眺めてたら[ ユーチューバー ]デビューしとったから驚いた。Σ(゚Д゚;)

紹介は身バレに繋がるので伏せておくけど、1~2ヶ月前に2~3本の動画をうpしてたわ。

実際に観てみると動画製作や編集作業を分業にして仲間内でやってるみたいだった。

製作している動画を閲覧すると動画ソフトで丁寧に編集されてて仲間内でのツイッター拡散からのチャンネル登録だけで100件近く登録されてた。

だけど…それで
更新がストップされてんの。
なんだそりゃ?( ゚д゚)ポカーン

ノリで本格的にスタートしても分業にした時点で終わっているし、先行優位性以外の人達が後からのし上がるにはやはり[ 質より量 ]を優先すべきなのだと改めて感じた次第で候。

俺は昔、ブラック手法でサイト運営してたけどホワイト参戦はこの企画サイトが初めて。

だけど今も昔も[ やったが価値(勝ち)]という概念は今も変わらず持ってるのよ。٩( ᐛ )و

それにマイナースポーツでの経験上…体験値や経験値の[ 圧倒的数の暴力 ]という威力というのは練習の質を凌駕するのを本能的に知っているから、名門上りの指導者が中学上位校から引き抜いた選手を指導するのとは違って俗に言う[ ズクのド素人(ズクとは工業用語で素材の素材という意味、つまり素材でも形がある程度仕上がったものより1段階前のものを指す用語)]を指導するに当たる事が俺の指導ライフだった経緯も培っている。

つまり、ネットビジネスの関係では殆どの人が専門学校とかで専門科目として下地を作っていないのが現状だから大半の人が手探りで参戦する以上、後発に属する人達はマジで数に没頭すべきなのだと本当に痛感している。

事実、有名所もそうだけど…ソコをを少し外して中堅所のユーチューバーとか勢いのあるユーチューバーとかのチャンネルで最初の動画を閲覧するとその差がよく解る。

端から見ていると思わず『何やってんだ?』ってものが非常に多い。

特に俺のようなオッサンが閲覧するとATフィールドクラス並に全く受け付けない動画が数を経て、喋りや動画の内容に上達さが伺えてしまって…気付いたらATフィールドが侵食されまくっている状態になっていたりする。

気付いたらチャンネル登録する始末で候。 (ノ∀`) アチャー

↑昔…そして1年後↓

上記の質問コーナーで彼が話している『スピーチが苦手』というエピソードに俺は過去、最初の独立失敗時代…全く異なるジャンルで挑戦したので体験&経験上、この類の話がよく解る。

当時、退路を完全に絶ってそのジャンルで邁進しようとしてたから絶対にその道のスキルを習得すべく、とにかく数にこだわって実践に次ぐ実践を積み重ねたの。

そりゃ工場内の工作機械オペレーターからスタートして常時機械や、毎日顔を突き合わせている人達しか相手にしていなかった関係上、初対面の相手にスピーカー(要はプレゼンやスピーチ)スキルを実装装備されていないから背中にはアホみたいに汗を掻きまくって喋ってた事は日常茶飯事だったよ。

中には仲間内から『その内容じゃダメ』とか『それじゃ私のビジネスに支障が出る』とかダメ出しを沢山喰らったけど、全くビジネスをしないヤツほど文句を言う始末で色々と勉強になった事が腐るほど知るハメになった。

当時の痛い教訓で現在の相場教訓にも通じる事は…

下手な考え、休むに似たり

…である。
何もしないヤツほど色んな意見や案を申し出るけど実践力がまるでないから始末に終えん。(#゚д゚) 、ペッ

そんなヤツと組む事自体、時間の無駄であり個人での活動が何よりもフットワークを軽くさせる事を当時、身に染みて知ったよ。

サラリーマン根性に染まっている人ほど分業を好み、それ以外をしようとしないからフットワークが重くなる。

故に数がこなせず成果も出難い。
特にネットビジネスは[ 量 ]・[ 継続 ]が全てである。
コレに尽きるかな。( ˙-˙ )y-~


(´・ω・`)つ  

上記の2冊は今回伝えたい事が客観的に書かれている良書である。

どのジャンルでも共通する[ 量質論争 ]には実践者からのメッセージや科学的根拠も記されているから異論は認めんで候。

読めばわかるし、最終的には数の暴力はネットビジネスでは正義なのでござるよ。(´・ω・`)y-~



→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------



 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------