トップページ > 仕事をじっくり考える > 大物ユーチューバーがアメリカのニュース雑誌[ TIME ]に掲載される!やはり継続は力ですな。 

大物ユーチューバーがアメリカのニュース雑誌

[ TIME ]に掲載される!やはり継続は力ですな。

                    2019年01月26日


やほートピックに表示されてガチで驚いた!
これで彼等も全国レベルから世界レベルへ!

○ 時事ネタ:人気YouTuber水溜りボンド、海外に見つかる 「巨大チャーハン」画像がTIMEに掲載

○ wikipedia:タイム誌

動画やネットコンテンツでアクセス数というのはネットビジネスをする上でも切っても切り離せない分野。

それが日本のみならず世界に知られると言う事は当然、収益性も完全に頭抜けてしまう現象が起きる。

今回の時事ネタは多分、ネットビジネスをする者ならば注目されるニュースには間違いだろう。

特に注目すべき点は時事ネタ内で有志による英語翻訳されて更に知れ渡るという現象。

今後、ユーチューブサービスとして翻訳機能もAIとの相乗効果で精度も増すだろうし…動画の可能性は更に高まるだろう。

情報のグローバル化というのはアイデア1つで世界に広がるから、案外…戦争地域だろうが北極圏や南極圏とかの極地だろが[ 遊び ]が仕事になるのかも知れない時代が始まっているのだろう。

しかし…動画の登録画面を見ても…

大学生2人…とあるけど、このように在学中に起業してしまったらもう就職活動なんぞ全く必要ねーだろーな。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

非常に現代には良いビジネスモデルだと関心するわ。

大半の人がネットビジネスをしても続かない。
それが[ 累積ビジネスの特徴でもあり真髄でもある ]からな。

その意味でも冒頭のユーチューバー2人組はコツコツ継続していた恩恵がココに来て花開いたと察する。

これは言葉にすると非常に簡単だけど、世の中の大半の人が時給換算意識が根強い。

だから継続には[ 会社のような縛り ]でないと継続する習慣性が培われないのは皆、感じてるんじゃないかな?

ネットビジネスに憧れ、いざスタートしてはみたものの1週間しない内に活動をストップしてしまった人は天文学的な数字になる方が多い。

だから[ ネットビジネスで成功する割合はごく僅か ]ではなく、実際には[ 成功するまで継続した人がごく僅か ]という真実がある。

でも冷静に考えるならばサラリーマンの手取りで20万前後を貰う為に大体平均で230〜250日/年間という毎日原則8時間拘束されて稼ぐ…しかも昨今、就労コストは一方的に下げられて業務ばかり負担を強いられてしまうよりは、やればやるほど累積の恩恵を受けられるネットビジネスは確実に対価コストが報われる仕組み。

そうなると実に夢のある業種である事は間違いないだろう。
それに納税額もサラリーマンよりは格段に良いに決っている。

そろそろ日本は労働をロボットに任せて個人への起業教育に力を入れてクリエイターを育成すべきなのだと頻繁に思うで候。

もう従業員生産教育は終焉を迎えるのを認めないと政治家さん達の給料さえままならんよ?(#゚д゚) 、ペッ

まぁ…次世代の人達は結構ドライに効率的に経済活動をする意欲は絶対にあるだろうから、その意味ではビジネスに関係する人間性スキルである[ 継続力 ]や[ 忍耐 ]そして[ 耐性 ]も獲得するだろうから人生としては学びが多いのも事実でござる。

もうね…ある意味、現代の若者達は就労に魅力を感じていない事は国が気付くべき。

それに目を背けていると貧困層拡大や、経済格差が広がるのは国力に影響するのだと考えを変えないとねぇ。(´・ω・`)y-~


(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------