トップページ > 仕事をじっくり考える > つくづく最近の企業体は人を育てるというコストには見向きもしなくなっている傾向が強いと感じた件。 

つくづく最近の企業体は人を育てるというコストには

見向きもしなくなっている傾向が強いと感じた件。

                    2019年03月09日


最近、来客やら何やらで少し忙しかったわ。
その出来事の中で今週の木曜日に例の後輩が出張先での土産を持って来て自慢話をして逝ったの。

相当、人生の大きなプレゼンをした興奮が冷めやらず録画したDVDまで持参して来やがった。

どんだけ刺激になってんだかwww

○ 関連記事:後輩がプレゼン相談してきた件…本質を積まないと意味が無いって話。


俺も去年の師走の事なんで気にも留めてなかったけど、まさか本番3ヶ月前に仕込み始めてたとは…どんだけマジなんだかw

話には興味無かったけど後輩の心境変化には興味あったから話を聴きながら、ただただ観察。

スゲー生き生きしてんのな。コレが。(´・ω・`)y-~


DVDをゲーム機で再生して観てみるとアドバイスした以上のパフォーマンスで若さ爆発してた。

プレゼン会場も内容よりは後輩の熱意とヘタクソ加減に笑いが起こってたのが印象的。

丁度、順番がマンネリしそうな時だったのがクリーンヒットした様子だったよ。

QC改善内容は前回の時に資料を見せて貰ったからシッカリとしたもので、確かにコスト削減には大きな効果と作業コストも並行して下げられていたし、コレなら現場労働者にも[ 早く・綺麗に・楽に ]という理想的なもの。

発表は誰も良さげだったのだが後輩を指名した上司は案外キレ者だと感じたわ。

昨今、製造関連の企業体は頭打ちになりつつある。
ソレは[ 労働者を完全管理化 → システム運営 ]へと移行して[ 人材 = 道具 ]として扱う傾向がバブル崩壊後に顕著に現れた為だ。

俺が当時、JIT生産方式に着手した時に外部製造コンサルタントには改善チームとの指導内容は極秘扱いだったけど…平たく言えば[ 労働者完全無能化教育 ]でしか無かった。

つまり[ 決められた事を、決められた手順で、タイムスケジュール通りに仕事を遂行し、計画通りに数字を出す。]という完全3M(ムリ・ムラ・ムダ)徹底排除を歌う社畜育成。

これは単に[ 個人差や自律思考、そして個性 ]を完全に抜くの。

誰もが同じルールに則り、例外は絶対に除去。
だからソコで就労してる人間は作業に関して言えば[ 考える力 ]は自然と抜けてくの…これマジな話ッス。

まぁ…JIT生産の本質は在庫削減式カンバン運用方式だけど突き詰める中で段々と人間作業の在り方が完全に労働力としか見なさない流れになるのは仕方無い。

コレは最終的に有能な人材は必要としない。
何故なら[ 誰でも出来るように ]がメインの根幹だから。

それ故に無能な高給取りをサッサと首にして、単に若い労働者を低賃金で沢山雇う方がコストがイイからな。

だからこそ、生産就労部門に着くというのは管理者にならない限り就労コストは上がらないのだよ。

その意味も踏まえると後輩は今回のチャンスをものにした、第一歩だと俺は考える。

外部製造コンサルとか入れず、単に昔の杵柄にアグラを掻いているとマジで組織が馬鹿になる。

オマケにQCとかもしていない製造部門とか、逆にバカな上司が危機感無しに運営していると、どっかの企業体と同じ運命を辿る。

こーなってしまうとイザ、1から社員教育してQC活動をしてもかなり時間が掛かるし、古い体質とかが絡むと老害も必ず弊害になる。

去年、後輩に色々と訊いた背景を俺は察知してたから外部生産コンサルや上司は何か光るものを彼から感じたのか?…は定かでは無いけどコレも何か[ 彼の運 ]だろうと察する。

その意味を履き違えてたり、バカな妄想をしてるから前回は気付かせてやったに過ぎない。

そもそもコノ後輩、在学中には[ 純粋に目立ちたがり屋さん ]なの。

ポジションや場を設けてしまうと努力を惜しまないほどのエネルギーを持ち合わせてたのに社会人になると途端に小さくまとまりやがってからに…(#゚д゚) 、ペッ

己の性分ちゅーのは墓まで持って逝くものなのに、ソレを折り畳んで閉じ込めるなんぞ先祖に死んで詫びれ!ダボが!

確かに性分をそのまま本能に任せて振り回すと必ず周囲から報復されたり、去勢されたりする。

だけどシッカリと体験&経験を通して知性から治めてしまえばコレほど素晴らしい才能は無い。

それくらい本質部分での性分とは素晴らしいギフトなの。
俺の暴君親父はコレを本能で振り回して燃え尽きてしまったからな。

マイナースポーツでの外部指導時代では必ずスパルタで仕込んでたけど全員が全員解っては居らんし、何時開花するかは当人任せ。

在学中に芽吹く子も居れば、社会人になって芽吹く子も居る。
中には全く芽吹かず警察の御厄介になる者も実は若干名居るのも事実。

だけど俺はソレでもOKだと考えている。
まぁ…当人の人生だから。
ソレに具体的な理由はアッチのサイトに譲る。


話は戻るが後輩の会社は現時点の環境では代々的にQC活動をしてる会社としてはワリと希少。

何故なら昨今、人材教育にコストを割く企業体はかなり減ってきているからなぁ…。

製造業に関わっている人は知っている人と知らない人がクッキリ・ハッキリ・シッカリと別れる。

その理由はQC活動に[ 時間内労働として認めているか?]である。

つまり[ 無償 ]では無く[ 有償 ]として会社が扱っているか?
ザックリ言うと、労働時間内として『給料を払いますよ。』と逝っている企業体がかなり減っているのだ。

そのQC活動中に[ 業務を中断OKで活動を義務付けする ]事は現在、かなり企業側は嫌がる。

だけど面白い事にコレをする企業体は離職率が低いのも大きい。

ソレは意欲がある人は労働に対して[ 別の付加価値 ]を付けるからだ。

就労に関して作業から解放され[ 改善 ]という名の[ 呑みニュケーション以外の交流 ]で自分の提案や改善を表現出来るというのは実の所[ 顕示欲求や自己実現 ]という[ 癒し ]があるのよねェ…。

コレが解らない経営者とか上司となると近い将来確実に離職者や人間関係が職場でギスギスして来るの。

トップダウンの一報通行で上層部が現場を知らずして改革すると確実に離職者が増えてく現象が起こるのはココがポイントで[ 現場の苦しみや就労側コストが増大する ]為だ。

だから品質にも現場的5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)へリアルに影響が出る。

上層部は理想ばかりで実に中身の無い綺麗事ばかりを現場にトップダウンにしていると、現場側では純粋に『仕事が増えるだけでしんどい』としか思えなくなる。

だから現場で完全に改善を実行するのならば企業体側の[ 就労対価の提供は絶対 ]であり、現場と上層部との社内コミニュケーションをすべきなのにバカな上層部は呑みの席でコミニュケーションを計ろうとする。

所詮、無能で低俗な企業体での上層部と馬鹿上司はこのカラクリに気付かないし、ただ単にマウントを取って気持ち良くなるだけで現場の人間は迷惑でしかない。

俺は過去、この裏表をリアルに体験&経験しているから解ってしまっているけどブラック就労時代に派遣で生産部門を渡り歩いて[ マジカスなトップダウン ]は沢山見て来たよ。

だから労働力不足になるわ。(#゚д゚) 、ペッ

後輩の嬉しそうな自慢話を観察してて所属している企業体・人間関係・QC活動・上層部・上司・外部生産コンサル・そして己の性分に恵まれたと思うわ。

ただね…もの足りない。( ˙-˙ )y-~
そんな事を考えながら観察していると後輩が…。

後輩『へろさん!(←仮名:俺)こんな感じで上手く逝きました!有り難う御座いました。何か辛口でもイイんでアドバイス下さい。』と。

なんじゃソラ?( ゚д゚)ポカーン

俺『えー何でもイイの?』( ˙-˙ )y-~

後輩『ハイ!是非!』(*゚∀゚)=3ハァハァ

俺『じゃあ…全体の1/3は[ これ位で調子に乗ってはアカンよ ]そして、もう1/3は[ 今回は凄く良く頑張った ]最後の1/3は[ もっと調子に乗ってガンガン頭抜けろ ]かな。』( ˙-˙ )y-~

後輩『ソレって…どれなんで…しょうか?』(; ゚д゚)ポカーン

俺『その内に解ると思う。土産ありがとチャン。そんじゃ帰れwww』( ˙-˙ )ノシ

後輩『エエ”ーーーーーーーッ!』Σ(゚Д゚;)

コレで終了。
俺のまったりタイムを奪うとは神でも許されんど。
それにリーマンライフには興味ねーしな。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \




(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------


 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------