トップページ > 仕事をじっくり考える > 息を吐き続けてナンボ…コレが吸収するコツですな。 

息を吐き続けてナンボ…コレが吸収するコツですな。

                    2019年04月28日


思わず唸ってしまったツイートを見てしまい…
激しく同意。Σ(゚Д゚;)


格闘着の世界とか、スポーツの業界では結構知られている事なんだけど…背中やミゾ落ちとかに強打を喰らったり、無酸素運動がキャパオーバーすると酸欠になったりする。

その時に筋肉の硬直とかが起きると苦しさの余り、息を吸おう×2とするのが本能でござる。

だけどこれは間違いで実際に適切処理というのは[ 息を吐き絞る ]事が最も効果的。

そもそも苦しくて筋肉が硬直しているのだから吐く方が実は効率的だったりする。

ソレ故に肺の中の空気が無くなれば自然と空気が入るって寸法。

案外知っている人ほど何かの分野のアスリートだったりするから興味深い。( ゚д゚)ポカーン

                 スポンサーリンク

実はコレって全ての分野にも通じる事で人間は基本的に[ 必要に迫られた時に必要なものを吸収する ]という特性がある。

本能を逆手に取った事項だけど、人間は興味を持った分野とか好奇心で1つの分野に特化する事もあるのだが…実際の所、ソレをする人間ってあんまり居らんし、見かけん。

だけど何かに切羽詰ってソレが必要に迫られて調達に駆けずり回る事はよくあるもの。

ソレが知識や金や人脈や仕事。
全てに当てはまるで候。

ソレ故にアウトプット能力という意味において[ 経験や体験 ]という値を向上させているかで[ 諦め ]と[ 食い下がる ]のバロメーターの内部数値が劇的に変化する。

そりゃね…災害とか、人生の危機、理不尽な出来事、失恋、借金…そんな出来事をクリアした人ほど[ その分野を経験したり体験したりしていない人 ]よりは確実にキャパは広がるでござるな。

マイナースポーツ部活での外部指導時代に生徒から色々と愚痴は聴いたけど、そんな輩ほど日々の鍛錬や修練を全く積んでいない。

自分に集中し激烈に取り組んでいる人を横目で見ては『あんなにやれるか!』とか『なにクソ真面目にやってんの?』と批判しているもの。

それが積み重なって[ 差 ]になり[ 大差 ]になる。
俺はその体験や経験から[ スパルタ系 ]による[ 量と数 ]のプログラムを推奨していたのだけど、それを部外で批判している関係者は非常に多かった。

やれ[ 効率 ]だの[ 理に叶っていない ]だのと数年以上に渡って揶揄された事も事実。

それで結果が出ると今度は『俺(私)が指導したらもっと結果に結び付く』と言うので指導を任せると不思議と結果が出ない。

人間は追求型と受動型があるのを全く知らずして同じ対応や指導をすると土壇場で地が出てしまう。

俺は常に実践派だったのは[ 練習場ではトコトン、そして試合では遊び ]を推奨しているからである。

                 スポンサーリンク

これは独立失敗時代に手痛い体験と経験から心底学んだ事。
人は土壇場で普段培った本性がガチで出る。

経験値や体験値の浅さは土壇場で恐怖と疑念を確実に産む。
ソレ故に選手はソレを[ 楽しむ能力 ]が最も必要になるし、何よりも[ 失敗や挫折に慣れる ]訓練を積むと燃え尽きなくなる。

指導者ってモンは自分にその能力が無いと、不思議と[ 目の先の本能快楽を求めて、自分の優位性という一服の清涼剤を得たいが為に出来た環境で自我を振り回す ]という愚行をしがち。

まぁ…誰しも陥り易い人生の罠のようなもの。

実績や結果…そして積み重ねって己の中にある[ 何か ]がベースになっている事が結構あるの。

ソレ故にどの分野でも特化したいのであれば[ 吐き出す ]事を推奨したい。

とにかく[ やってみる ]事で吐き出したものを目視確認出来るし、[ 何が必要か?]を知り…それを追求する材料にもなる。

ただ大半の人はビジネスや競技の分野に関わらず全てにおいて[ 拒否行為 ]や[ 拒否反応 ]を持ったままに何かに挑戦しようとする傾向が強い事を自覚していない場合が多く、ソレを抱えたまま中途半端に取り組む結果を[ 自分には向いていない ]とか[ 自分には才能がない ]と嘆くのは余りにも勿体無い気がするでござる。

俺はその意味でデンジャラスな理不尽さで強制的な[ 吐き出し ]を余儀なくされたから、こうなったけど…今なら昔言われてた格言[ 苦労は買ってでもしろ ]という意味を冒頭のツイートで思い出したわ。

そりゃ苦労とか苦難って誰もしたくは無い。
俺もその意味では同意するけど…よくよく考えて観ると…文章力とか表現とか発信とか、アフィリエイトに必要な基本部分は過去の手痛い失敗や挫折…そして強制的に習得したムダさが全て集約していると今に思う。

裁判資料を素人ながら1年以上も作成したり、寝ずの就労を何年も体験したり、残業200h/月を体験したり、全てが無駄になった独立失敗経験、ブラック就労で嫌気が差した人間のダークさを垣間見たり…そんな事全てがビジネスや人生に生きているのは複雑な心境だけどな。
ε=(-公-;)ゞ


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】



---------------- 推奨記事 index --------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU