トップページ > 仕事をじっくり考える > 目先の利益で長期的なチャンスを逃すという現実。


  サイト内検索ボックス


目先の利益で長期的なチャンスを逃すという現実。

 2019年06月29日


 スポンサーリンク

芸能人が集団で謹慎処分されている御様子。
その闇営業先の人間が反社会勢力関係に属して、テンヤワンヤですな。

こうなると公安や税務署関係も動くから更に騒ぎが大きくなる。

オマケにマスゴミもヨダレもので襲いに掛かって来るから根こそぎで築いて来た実績を食い散らかされるでござるな。

その関係で売れていない時の闇営業防止策として[ 最低給与制 ]とかの案が出ている事に吹いてしまった…絶対に事務所がリスクを取る事は無いだろう…この御時世だけに。

結論から言えば芸能人も個人で起業し、売れるまでの期間を凌ぐという意味でアフィリエイト等のネットビジネスで稼げば良いのでは?

…と、俺は考える。(´・ω・`)y-~


時事ネタ
○ 楽しんごさん、闇営業をして吉本をクビになってた
○ 無期限謹慎になったスリムクラブ内間さんの住宅ローン、74歳まで
○ とある評論家が擁護一色のワイドショーに異議を唱える
○ スリムクラブら闇営業で処分の訳 骨までしゃぶり尽くす反社会的勢力の恐ろしさ

芸能人って浮き世家業だから[ 稼げる時にガッツリ稼がないと ]という性分なのは仕方ない所があるのかも知れんな。

だから大所帯を有する事務所のマネージメントに隅から隅まで仕事が回って来るとも限らない業界であるが故に、芸能人の大多数がバイトで生計を立てるのだろう。

その為にブログやSNS…ユーチューブで個人の収入を増やそうと躍起になるのも、何だか同情してまうわな。

何かの記事ニュースでユーチューブを始めて多少なりとも収入が発生すると事務所がピンハネする話を目にした事がある。

何だかなぁ…( ゚д゚)ポカーン …ってカンジ。(阿藤快風に)

話は戻るが反社会性集団が表向きの業種に対してのステータスが欲しいらしい。

ネット記事を熟読したら2つのメリットに注目してホワイト系の人間を装って虎視眈々と近づいて来るのな。

そのメリットとは。

① 力の誇示や組織の中での求心力を得る為のステータス。
② 反社会性ビジネスに対する信用性を得る為のネームバリュー。

 スポンサーリンク

①に関しては反社会属性の人間はそりゃ反グレ世界とかで自尊心や自信等が所詮、日陰モンが故に余計と虚勢を張る。

ソレが組織内や上下関係、そして世間や身内に対しても煌びやかな表の世界で振る舞いたいのだろうな。

俺がブラック就労時代に就労者を始め、ワンマン経営者とかもマジでその虚勢心はハンパねェのよ。

人は心にくすぶっている期間があるとコレが顕著に出てしまうから見てて身が締まるでござるよ。


②はやはり有名人のネームバリューを使って反社会ビジネスでの優位性を得たいのが目的となる。

健康食品販売とかMLMビジネスでは常套手段。

だから1度でも反社会勢力と関係を持ったら当然、この属性の人間に絡まれると『俺達に関わった事をバラすぞ!』と今度はマスゴミにリークする事をチラつかせて利用価値が無くなるまで骨の髄までしゃぶるのだろう。

その事を考えれば…現代の情報拡散力との天秤に掛けるとデメリットは計り知れないけれど。

しかし、冷静に考えると経済面の救済という部分を視野に入れれば、俺としては…何だか救われない所もある気がしてならない。

確かに社会的にも[ 反グレ(反社会勢力グレーゾーン関係者)]や[ 反社会勢力(暴力団等)]の資金源を絶つ意味を取り上げるならば当然の処置だろう。

○ wikipedia:半グレ 反グレ

でもな…現代の経済社会事情でもリーマン達の賃金格差からも解るとは思うが企業体も『バイトでもして生活の足しにして下さい!』って具合に副業解禁の流れも実際に起こってる。

増して大企業ですら[ 終身雇用終焉宣言! ]を勧告している現代において目先の大きな収入は明日への糧でもあり、夢を追う芸能人においては[ 売れている&売れてない ]に関わらず完全な浮世稼業だから稼ぐ事には、どの業種よりも貪欲なのは仕方の無い事なのだろう。

何より芸能人を夢見て挑戦する芸人は俺から見れば一般リーマンよりも相当な挑戦者だと思わざるを得ない。

それだけ過酷な業種で狭き門であるビジネスだと察する。

その意味で立場を一般リーマン側を客観視すれば叩きに叩いてしまうという現象を起すというのも単なる妬みからの勢力図式なのかも知らん。

誰よりも経済面で将来不安と日々痛感しているのにな。(´・ω・`) ショボーン

実際にフリーランスや定職に就かずしての自営者になると稼ぐ意欲や行動にはとても意欲的で活動的である。

 スポンサーリンク

逆に給与体質&時給脳感覚に長期間染まってしまうと労働体質が経済獲得意欲という方面に大きなブレーキ作用を課せてビジネスに縁遠くなってしまうデメリットがあるのよ。

コレが経済格差に直結していると俺は体験&経験を通して解ってしまったから今回の一連ネタには少しばかり気の毒な気がしてならん。

その意味も含めて、今後芸能人は個人活動という場を単にアルバイトで下積み期間の生計を凌ぐのではなく…ネットビジネスで個人展開しながら稼ぐのが案外クリーンなやり方なのかも知らんですな。

実際に事務所に所属しながら動画とかブログを展開するとピンハネ問題とかになるかも知らんから所属する前からソレで収入を得た方が無難だろう。

ただ…ネットビジネスで収入を上げ出すと事務所に所属するメリットが薄くなる可能性もあるけどなwww
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 仕事をじっくり考える > 目先の利益で長期的なチャンスを逃すという現実。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る