トップページ > 仕事をじっくり考える > 投資の病魔…アレコレを知ろう。

  サイト内検索ボックス


投資の病魔…アレコレを知ろう。

 2019年07月14日


誰もが疑心暗鬼にハマル世界…それが投資。
殆どの人…つまり9割の人が感情や恐怖を制御出来ないのが特徴。

理由は簡単で[ お金 ]というものに生まれて物心付いた時から[ 感情 ]が癒着して組み込まれている[ 概念や観念 ]が組み込まれて価値観化しているから。

 スポンサーリンク

コレ…ホントなのよ?(´・ω・`)y-~

だから[ 執着 ]したり[ 囚われてしまう ]状況から中々抜け出せない。
短期トレードというものはある種の徹底した自己管理能力や価値観を客観視する能力が必須で更に長けていないと感情に振り回されるので候。

コレは俺がオススメする書籍にもkwsk記載しているから熟読されたし。

○ 投資オススメ書籍レビュー記事:改めて投資に関する良書を紹介しておく…参考にされたし。(´・ω・`)y-~

色々と試して逝くと次第に2つの展開になると察する。

① 知識が増え過ぎて何をやって良いのかサッパリ解らなくなり、エントリー出来無くなる。

② 『とりあえずエントリーしなくては!』と無駄にポジションを構える。

…この2つは最終的に破滅を呼ぶか、次第にコツコツドカンを喰らう。

稀にパチプロやスロプロ…そしてスキャルギャンブラーの中には嗅覚が凄まじく鋭敏な人が莫大に利確食い逃げで爆益叩き出している猛者が居るけど、そこに至る生き方や考え方のデータ蓄積量(経験や体験の量が尋常でない人)が凄まじい人を除くと誰もがその真似をしてドツボにハマル。

リーマン気質が抜けないと目先の利益や損益で右往左往するのは日々の[ お金 ]に対する価値観がそうさせるのであって、年俸感覚の感性や…長期目線での適正なポジション取りさえ客観視出来れば実は9割の世界から抜けられる事を殆どの人は目を向けないし、向けようともしない。

実に不思議な世界ですよ。( ゚д゚)ポカーン

俺はタマタマ、ブラックアフィリをしながら収益を全額BETしながらの~ブラック就労での対価だけで細々と実践していたのが功を奏した。

最初の数ヶ月間はそりゃ気が気じゃなかった。
毎日、一喜一憂しまくりでまともに寝られなかった。

当時、現物~信用に移行しつつあって…自分に合った投資スタイルを模索しまくってたけど、最初の数ヶ月で短期トレードはキッパリ縁を切った。

 スポンサーリンク

理由は[ トレードを作業にしたかった ]から。
俺の強みに昔から[ 一定の動き ]という数稽古系が精神面で非常に負荷が少ない事が解っていたからだ。

専門用語を使うなら[ 三昧(ざんまい)]という世界。
この状態になるとイチイチ思考を巡らせて[ 予想 ]・[ 思惑 ]・[ 疑念 ]・[ 雑念 ]・[ 暗鬼 ]・[ 心労 ]・[ 執着 ]には無縁になる。

もうね…朝、起きて[ 顔を洗う ]・[ 歯を磨く ]という全く苦痛にもならないルーチンを作業的に行うだけなので面白味が全く無くなるデメリットはあるのだけど、俺は[ 虚 ]よりも[ 実 ]を取る派なので実は投資というのは[ 数字を増やす作業 ]という感覚。

そのスタイルが単に余剰維持率に繋がっているだけで候。(#゚д゚) 、ペッ

そーするとポジションの取り方だけの問題になるから感覚としては[ 農業 ]のような例えになる。

作物ってさ…季節を間違えると育たないじゃん?
それと同じで[ 季節(タイミング)]を選ばないとイカンのよ。

短期になればなるほど[ 季節を無視し易く(長年のスキャル派や、デイトレ派の人は除く)]初心者や、ミーハー系の人はノウハウに振り回される傾向が非常に強い。

だからその場合はシステムに任せた方が良い場合もある。



まぁ…俺は自分の作業の方が利益率やら、性格的に[ 自分でやらないと気が済まない ]人だから一切しないけど。 (ノA`) アチャー

そーいや最近、仮想通貨取引で[ マネコ(←リンクは張らんから勝手にググって調べてMr.オクレ)]というFXで言う所のMT4でトレーダートレースプログラムが登場してた。

要は[ 利益を出しているトレーダーの行為を有料、もしくは利益の一部と引き換えに代理運用してもらう ]というシステムらしい。

だから人気トレーダーには仮想通貨の一部や利益が自動的に振り込まれるという考える人は考える仕組みがそろそろ証券会社によっては広がるかも知れんな。

俺は利用しないけど…このシステムは賛成派。
理由はザラ場の取引量増大や、チャートが乱高下するという意味ではチャンスが多くなるから。

アフィリの世界はモチのロンでリアルビジネスでも[ チャンスという事を皆が知った時にはもう遅い ]という格言があるように[ ブルーオーシャン ]から、速攻で[ レッドオーシャン ]に変るから…後は後発組は内容の質やら継続性やらを磨く必要性が出て来る。

コレに関して俺は過去、ブラック手法のアフィリで実体験があるから良く解る。

だけど、この定義が全く当て嵌まらないのが[ 投資 ]という世界。
参加率が多ければ多いほどに活性化してチャンスが増えるという不思議な構造であり、逆に参加率が無いジャンルになると取引が全く成立しない世界。

やった人が居るなら解るだろうが日本の株式市場でも東証1部以外で取引すると全く流動性が無い。…まぁ、東証1部でも流動性が無い銘柄もあるけどな。(#゚д゚) 、ペッ

だからストップ高やストップ安になると損切りとかが不可能になってバブル崩壊とか、リーマンショックで破産した人も沢山おったの。

FXという為替の世界になると参加者や取引量が世界規模になるから、取引不成立というものがまず無い。

あるとしたらDD方式を採用している日本の証券会社かなぁ?
イザとなったら何か仕出かす可能性もあるし…。
それだけに余剰金維持率は大幅に構えて置かないと無造作にロスカット値までチャート操作される可能性も無きにしも在らず。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

 スポンサーリンク

話は戻るが、それだけ投資心理…否、大衆心理には[ お金 ]というものに過剰な感情を纏わせて組み込まれている。

先ずはその9割心理というか階層を脱出してみよう。
そうすれば投資は安定した運用になり、次第に作業だけの問題となるのが体感出来るだろう。

実はそれが[ ルール設定 ]だったりする。
投資は解って来るとマジで暇になるでござる。
それがスイングも含めた長期スパンになればなるほどにな。
(´+。+`)=3


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 仕事をじっくり考える > 投資の病魔…アレコレを知ろう。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る