トップページ > 仕事をじっくり考える > 昭和のお父さん達はマジで頑張っていた!…それが常識レベルの価値観だった時代です。

  サイト内検索ボックス


昭和のお父さん達はマジで頑張っていた!…それが常識レベルの価値観だった時代です。

 2020年07月10日


 スポンサーリンク
 

ココ最近、夕刻辺りに後輩からメールが入って事務所に訪れて来る。
そんで雑談タイム。(´・ω・`)y-~

大体、話のネタは[ 愚痴 ]である。(#゚д゚) 、ペッ

不思議なモンでリーマン属の後輩は基本的に…

週休2日でも『休みが少ない!』とボヤッキー。
でも残業が無ければ『給料が少ない!』とボヤッキー。
コロナで有給消化となると『休みが多い!』とボヤッキー。
仕事が気に入らなければ『どっか良いトコ無いですかねー』とボヤッキー。
最後に人間関係(特に上司)が悪ければ『クソ上司氏ねばイイのに!』とボヤッキー。

…と、まぁ…どう転んでもボヤッキーになるわけですよ。

そんでさ…ココからが面白いンだけど後輩達が『年功序列世代ってマジでイイよなー、給料スゲー貰っててよー』と言う反面、別の後輩が…『そうかー?俺は休日出勤してまで出世はしたくない!』と言う。

〇 時事ネタ:「昭和時代にサラリーマンをやりたかった」という投稿に反発相次ぐ 「普通に働いていればそれでよかった」というのは本当なのか

俺がその上司の年齢を尋ねると、還暦近いンだとさ。

なるほどね…。

俺らの世代って週休1日世代を経験しているから解るンだけど、当時は結構なレベルで上下関係とかガチで厳しい。

そりゃあね…イジリとか可愛がりという名のパワハラなんぞ当たり前の世代だったのは否定しない。

だから最初の就職したての瞬間にスタートダッシュを決めないとマジでレッテル張られたら終わるし、その後の仕事の姿勢で立ち位置が完全に決まる事もザラにあったわ。

職場での揉め事は中堅になるまでに一通り済ませておかんと20後半ではやたら滅多に喧嘩も出来ない。

そんな生き馬の目を抜くような時代だった。

 スポンサーリンク
 

現代ではそんな行為は速攻で[ SNSの刑(晒される)]に処されるから、ある意味では健全化しているのかなぁ?( ゚д゚)ポカーン

それとは別に30~40代の世代は若年層とのコミニュケーションで気を揉んでいると聴く。

俺ら世代の後輩世代になるのだろう。
だから[ 自分達の叩き上げ経験者 ]として価値観が全く異なる世代と対話するのには随分苦労をさせられるのでしょう…。



でもさぁ…昭和世代のお父さん達も世代的な常識感覚や価値観は20代の頃、戦後の先輩達と共に高度成長期を歩んで来た事実がある。

特に[ 3C中期の時代(カラーテレビ・クーラー・車)]世代は受験戦争やら、マイホーム世代でシノギを削って来た世代。

〇 wikipedia:3Cとは

そりゃ週休1日&残業山盛りで命を削って働いて来た世代でもある。

そんな忍耐と我慢強さを培った世代…オマケにソレが当たり前で常識化している猛者達と現代の子達の価値観を合わせるのには確かに無理があるでござるな。

その事が良く解る時事ネタを何かの記事で見かけた事がある。

〇 時事ネタ:ワンオペ育児をしてきた女性、コロナ自粛で夫の真実に気付く 「ただただ会社の長時間勤務のせいだった…」 

昭和前期&中期まではバリバリに[ 分業 ]の家庭環境が主流。
父親は[ 働き詰めで稼ぎを持って帰る ]そして母親は[ 家庭を守る ]という構造が現代では考えられんだろうがマジで常識だったの。

だけれど現代は男女平等で給与格差が若干ある部分と無い部分が混濁してはいるが過去の常識レベルでは確実に平等化されている現実が展開されている。

それ故に育児や家事の形態が変化しているのも事実。

まぁ…それでも海外との家庭の在り方は格差とかがあるけどな。
しかし、それでもなお日本の主婦層の努力は本当に凄いし…何よりも家庭の良さがハッキリと滲み出ている。

男性陣もウカウカしとれんのはあるかもよ?



その意味も込めて面白い話がある。

俺は過去にマイナースポーツ関係者でドイツに数年単身赴任してた方から実際に生活面の土産話を聴いたことがあったの。

そしたらさ…『社員食堂でフライドポテトがアホみたいにあった。』って話を聴いたわ。

文化が完全に違うから日本食なんぞが恋しくて恋しくてタマランかったそうな。

そんで帰国して一番に立ち寄った店がなんとファミレス。
メニューが定食を速攻で注文して味噌汁を啜って感動したと当人から聴いた。

俺も1度だけ最初のド失敗したビジネスでアメリカに1週間(滞在日数は5日だったけど)なけなしの300ドルしか持ってなかったのでマジでひもじい滞在だった。

だからサンドイッチとかマックとかカップヌードルで過ごしてたから帰国したら体重が増えて往生コイタのを覚えてる。

ちなみに帰国してからの吉野家の味は忘れられんかった。(´•̥ω•̥`)ゞ

 スポンサーリンク
 

だからその意味では男性陣が結婚して嫁さんとか家庭に癒しを求めるのも十分に理解出来るし、逆にソレを求めるが故に稼ぎに自信が無いと結婚も尻込みしてまう後輩達の心情も理解出来る。

確かにソレ(十分な稼ぎ)が与えられないのならば…嫁さんに対して育児や家事のワンオペをさせるのも無理でしょうな。(´+。+`)=3

その意味では昭和のお父さん達が家庭を振り返らずに仕事に没頭しまくって日曜日にダウンしているのも解る気がします。(-人-)

それと家庭の料理とか家事を頑張っている主婦の方々にも本当に頭が下がります。

そんな家庭が健やかなる次世代に感受性豊かな精神を宿らせるのでしょうな…正直、俺には縁が無かったから余計にウラヤマシス。

今現在、友人とかの御家庭を見てシミジミと感じる今日この頃でもある…でござる。(´ºωº`)y-~


(´・ω・`)つ  





→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 仕事をじっくり考える > 昭和のお父さん達はマジで頑張っていた!…それが常識レベルの価値観だった時代です。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る