トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 愚社蓄G君の伝説…ビアガーデンの思い出。  

愚社蓄G君の伝説…ビアガーデンの思い出。

                    2017年07月16日

金曜日夕刻に友人から電話。
『ビアガーデンに行こうや!』と連絡があったので自宅に帰宅後、そのまま久々にタクシーを飛ばして待ち合わせ場所へ行った…世間では3連休らしい。

天候と湿度の関係上、ビアガーデンからビアホールに変更になったが大満足の料理と気の合うツレとの一時だったわ。

話す内容も近況やらバカ話やらで結構盛り上がった。
皆、イイ歳になって色々と経験している様子。

歳をとると皆穏やかになるもんだわ。(´・ω・`)y-~

そんな事を考えながら昔を思い出したの。
別記事[ 今も忘れられないリーマン時代の同期達。 ]でも紹介した愚社蓄G君の武勇伝その2である。

時効なのでイイかも知らん。

当時20代直後だったかな?
冬のボーナスを貰ってからの〜幹事事件から半年後。
7月の夏のボーナスでビアガーデンに製造部署単位で行ったの。

その時は幹事補佐から外れて一安心だったけど気軽に参加した時に事件は起こった!

もう20年以上の前…当時のビアガーデンは基本昭和の流れの為に割と屋上で開かれているの。

今現在は天候や気温の関係上、居酒屋やビアホールが主流になって極最近、ビアガーデンも復活しつつあるけど当時はコレが普通のスタイルだったわ。

それ以前の昭和中期時代は屋上には遊戯施設なんかもあったんだよ?観覧車とかね…知ってたかい?

まぁ…老朽化や需要が下がったのもあるし団塊世代が大人になった傾向から次第に遊戯施設は姿を消したけど。

そんな中でビアガーデンの屋上敷地利用からなのか大型デパートでは開けた屋上敷地でやってたの。

当時は料理関係といえば揚げ物や油ものが多かったなぁ。
のんべえ達には酒とつまみがあれば事が足りるし、二次会からが本番的な関係もあるから気にしなかったけど俺等みたいな若い世代は喰い気が先行してしたのでヒタスラ喰って飲んでたわ。

そんな中で小1時間経った時だったか?
何やら別班の席が騒がしい…

見てみると西側のポールが数本立っている部分(割とデパートの屋上ってイベントがあるみたいで旗を掲げる為のポールがあるの。当事のビアガーデンには5本あった記憶がある。)に人が全裸スッポンポンでポールを登ってるの。

会場は大騒ぎwww
クソワロタけど、冷静によーく見たら何と例の愚社蓄G君である。

下から見たらアラれもない姿でヒタスラ頂点を登っている。
                     ( ゚д゚)ポカーン

女性社員はキャーキャー言ってるし、班のメンバーは降ろそうと必死。係長は結構な引き顔で無視を決めかねてるしで皆アルコール任せの状況だったわ。

当時は割と酒の席での乱闘や揉め事は多目に見られてた時代。
俺がガキの頃は夜花見なんかでケンカ乱闘上等的な時代も良く見てきた。

だからビール瓶で頭カチ割られて救急車なんかが来て血まみれの酔いたんぼうが運ばれてたわ。

その風潮か割と盛り上がってたよ。
その代わり店員さんは目が釘付けだった。

まぁ…幸いな事に会場はウチの会社メンバーのだけだったからソコは割と社会的な騒ぎにはならんかったのもあるけどな。

そして問題のG君はポールのほぼ真上でガッツポーズして満足したのかスルスルと降りてきたんだが問題はソコからで当時彼の班長である高齢Nさんがツカツカと競り寄って一喝!

『パンツ履いてそこに正座せえやぁ!』と大激怒!
ちなみにその班長Nさんは絵に描いたような温厚な人で課内では[ 仏のNさん ]とまで呼ばれていた人なの。

新人指導も丁寧でチーム作りにも長けた人だったが、その日に限っては別人だった。

ビビッたG君は速攻でパンツを履き屋上のタイルの上で即正座。

するとNさんは自分のホーキンス製のゴツイシューズを方足脱いで脱いでフルスイングでG君の頭をシバイたの。

当時、ホーキンスシューズは登山系のものだったがカジュアルタイプの短靴(ハイカットタイプからショートカットタイプも販売され出した時代)だったヤツでG君の脳天がシバかれた。

バチーンと…マジで鈍い音が鳴り響くと共に俺達周囲は笑いを堪えるのが精一杯で当人のNさんは怒り心頭&正座でスンスン泣いているG君。

そしてバカウケの職長&頭を抱える係長。
もうね意味がワケワカメ状態。

結局、のこりの1時間ちょい正座のままG君はパンイチで過ごす事になりますたwww

あんまりカワイソスなので折り畳みテーブルを引き寄せて一緒に料理と酒をのんでいた若手メンバーの好意もあり終始タイルの上でパンイチ正座したまま飲み食いしていたG君だが今となっては良い思い出である。

今思えば忘年会の時には班長のNさん…お開きでシャトルバスに乗り込んでいたのをその時に思い出した。

当時、その場に居合わせたらと思うと更に面白かったと思うわ。

まぁ…その後、G君は数年後に退社した。
その理由を訊いて今になって思うと今頃になって意味がヒシヒシと解った。

ちなみに彼は職場の人間関係で辞めた訳ではない。
後日、出社してフツーに頭を下げてNさんといつも通りに仕事をしていた。

何故、バカをしたのかは当時俺は解らなかったのだが今頃になってその本心が解ったの。

コレに関しては別記事で書いてみたいと思う。
以下はソレが解った内容が記されている動画と良書である。



(´・ω・`)つ  

当時はこんな事すら解らなかったけどG君はすでに人生に対して無気力の片鱗が現れてたんだと今になって思う。

彼は今、元気にしているのだろうか?
自分の人生を生きているだろうか?
そんな事を思い出したよ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU