トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 人間の価値観と距離感が絶妙なマンガ[ 100万円の女たち ]はある意味、人間関係に悩む人達へ送られる内容かも…って件。 

人間の価値観と距離感が絶妙なマンガ

[ 100万円の女たち ]はある意味、

人間関係に悩む人達へ送られる内容かも…って件。

                    2017年08月11日

つい最近、[ Kindleお試し ]の通知に目を通してたんだけどAmazonの人工知能に俺の趣味?…が理解された御様子。

タイトルについ引き込まれ[ Kindle無料お試し ]というフレーズに負けて1巻ダウンロードして読んでみたら…超大当たり!

不覚でござる。○| ̄|_

そのタイトルは…

[ 100万円の女たち(ビッグコミックス) ]

全4巻で完結する内容だけど時間の無い現代人にはサクッと読めるドラマミステリー系&サスペンス調のマンガでござる。

最初の1巻は大半が序章扱いだが次第にグイグイ惹き込まれるミステリー&サスペンスへと流れに引き込む。

店子ルールも家賃が毎月100万円。
何も詮索しないし、してはならない。
大家の主人公は世話を焼くだけ。
というシンプルなルールだが謎だらけな住人との奇妙な生活。

そんな中で互いの愛着と疑念と妙な人間関係を築く現代では非常に参考になる作法とも言え得る内容なの。

主人公の小説(←ニックニーム)は売れない小説家でも細々と自分の能力と好きなスキルで食い繋いでいる人間だから他人には辛辣な評論や罵倒を受ける。

人は大概、何もせずして評論する時はこんなもの。
何かを作ったり発信したりサービスを1から作り上げる人の苦労はどの時代でも知るよしもナッシングでござる。(#゚д゚) 、ペッ

まぁ…俺はアフィリエイトや過去外部指導や自営時代の経験上からこの手の評論等の文句は死ぬほど聴いたわ。

他人のビジネスを評論する輩ほど結局無能者だと自白しているでござる。コレ真実ナリ。

その中でも同居人の女性達が極めて良識ある厳しい見解を言い放つのだけどコレが実は本書のキモで全4巻中を通して個人の価値観とは他人に相容れない価値観と総合価値観とを気付かされる物差しとなるんだな…コレが。

とはいえココは女性的で感情的な判断もブレンドされており人間って生き物は常に感情と理性との境界線で生きている限り、この手の悩みや拒絶…親愛な関係は付き物だから人生って面白い。

このマンガは基本的にミステリー&サスペンス系で話は進むのだが俺的には人間関係と価値観の多角的な表現と考え方に重点が伺えた。

人は概ね外の価値観ってヤツに洗脳されがちで言わば常識の奴隷的なニュアンスになっている。

だから人の深層心理や本音に関しては型に嵌めて知覚しようとしているからズレが生じる。

昨今の恋愛事情や、熟年離婚率…それと会社就労で中間管理職と新卒就労者が心身を患い、極端な場合は自殺に追いやられるのも基本的には精神環境が未熟な部分と社会性が柔軟に対応出来ていない部分が多く、これから先の未来にはテクノロジーとオートメーションの波に人々は晒されてしまい真の意味で生き方を模索する時代が来る。

この本は本音で[ 価値観 ]という部分に大きな焦点を当てて問題提示をさりげなくしている点が伺えるのよ。(´・ω・`)y-~

俺が過去、自営時代・訪販時代・ブラック就労時代に出会ったキャリア女性は皆、独特の価値観を持っていた。

特に年齢性別問わず虚栄心や虚勢の類は経験上からなのかアッサリ見抜く人が多かったの。

男性陣はそれに感付けばまだ救いはあるのだが、ソレさえも気付かない人は既に人間としての器を見抜かれている場合が多く、近年の人間関係の破綻による事件はこの延長線上だと言っても過言じゃないと俺は考える。

また、不思議な事に人の深層心理は事の外…解っているようで解らない事だらけで幾ら近親者でも理解度は様々。

実は解っているようで解らない事が積み重なって問題になる場合が多く、ソレを人生の大半を使っても極めて難題な事項となるのだが人によっては『もう自分の事だけでよくね?』的な安直な生き方をする流れもあれば、人材育成やら能力開発やらセラピーやらでも指導者の経験量と体験量でもピンキリとなる。

これにより齟齬が必ず発生する。
それゆえ[ 解った気になる ]という現象が発生するの。
コレが一番危険!

人は本当の腹の底の底をシッカリと理解に勤めると完全に人間関係がシンプルになるし、価値観が昇華する。

そうなると人は本当の意味で繋がれるのだろうな。
確かに本音と本音のすり合わせや価値観の共有をすると必ず衝突はするし、互いに傷を負う事も必ず起こる。

どちらかが我慢するとか妥協するとかは時が経つに連れて蓄積し、何かの拍子で爆弾になる事もある。

昔の女性は関白系男性に虐げられてきたから、この爆弾を理解してくれる男性人に巡り合えば良いのだが、大半はその爆弾を墓まで持って逝く人は多かった筈だと察する。

現代の感情や心理を表現する場所やツールが普及している現代はこの部分をモロに反映していると考えても差し支えない。

それ故に政治家はこの逆の道を逝ってるから最後には原稿用紙しか読まずに答弁する事に移り変わるだろう。

本来の意味で他人を理解するのには膨大な経験量と体験量に依存するのは仕方が無いのは紛れも無い事実。

それ故に現代のAI(人工知能)はその意味でも本来の[ 時間を大量に掛けて蓄積して学ぶ ]という時間概念を無視した演算処理システムがある以上、俺は近い将来…ガイノイドアンドロイドが人の心を理解し、また人格を持つと考えているの。

その証拠に人はコレを恐れているのは目に見えてる。

まァ…コレに関しては関連記事にも触れているから読んでMrオクレ。

関連記事
○ 人工知能が[ 量や数の脅威 ]を証明してくれた件。そしてそれを妨げるのは何なのかを考える。
○ 人工知能に判断を委ねるという超ドライな有益性を考える。
○ 乗数的に機械化が進むと感じた件。
○ AIは感情が無いから有益になると解釈できる。

話は本筋に戻すが、人は何かのハプニングやトラブル…最悪の災害や転落を経験しないと価値観はそう変わらない事も事実ある。

人はその人生経験の中で腹の底から劇的に変化するのだろうな。
自分の人生の汚点や後悔の量、恥や自責の念が自分の行き方に比例する場合もあれば、程度こそ差はあれど人よりも倍以上…って言うかハンパな量ではなく器が壊れる程のキャパオーバーキルで器の交換を余儀なくされた人は人生観どころか人にも優しくなれる度量になるのだろうと考える。

その経験をしているか or していないかで無償奉仕の精神は生まれるのかも知らんな。

意外とボランティアって一時的な感情から発生する部分が無きにしも在らずだけど生涯を通して行う人は一握りである。

だからビジネスとマネタイズという部分を健全に合致させる事は大切な部分であって、そのバランスが崩れていると現代のような介護施設や病院での超過労働になってしまい事件に発展する。

本当の意味での命懸けで尽くす価値観は尊いものですよ。

このマンガは読んだ瞬間に映画やドラマになるな…って思ったら既に実写化されてた。○| ̄|_



「100万円の女たち」 Blu-ray BOX

今回の[ 100万円の女たち ]はAmazonAIからのお勧めだったが見事に考えさせられた一品だったわ。

基本ミステリー&サスペンスを楽しめるから十分に価値があると強く勧めるが俺は別の意味で人間関係に躓いてる人にもお勧めしたいわ。

特に恋愛事情や夫婦の人達にはな。
馴れ合いが特に危険域に入ってる人や、それに気付かない人には強く勧めておく。

最後のフィナーレは2つの価値観を提示していたが双方とも命を懸けたり、自分とは異なる価値観を丸ごと受け止めたりと人生を振り返ると俺もまだまだ器がおちょこレベルと思い知らされたでござるな。 (ノA`) アチャー

極めて良書ナリ。(´・ω・`)y-~
    ↓

[ 100万円の女たち ]

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU