トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 自己承認欲求や自自己承認欲求や自己価値観が低いほどキレやすい。そんな危険な人達には近づくべからず。  

自己承認欲求や自己価値観が低いほどキレやすい。

そんな危険な人達には近づくべからず。

                    2017年08月27日


最近の未熟な精神を宿している人達は沸点が低過ぎ。
常温でもキレやすいでござる。

関連記事検索:逮捕された高校生「けんかが弱いと言われ腹が立った」 ・ 「傘が顔に当たったので頭に来た」 通行人を突き飛ばし意識不明の重体に 傷害容疑で男逮捕

体験談だが昔…独立当初は割とスーツ着て仕事に没頭していた時は割と意識がビジネスばかりに集中していたので危ない輩には縁がまったく無かった。

人混みでも全く縁のない部類には出会わない。
しかし、不思議なのだが独立失敗して俺がブラック就労時代に突入するや否や…価値観も全く違う人種や業種違いの温度差から毒視も標準装備してたから、かなり派閥や捻りまくった人達からはやっかまれた事があるの。

どんなに正論でも徒党や負の団結で過半数を上回ると超面倒な事にもなる。

改めて[ 金持ち喧嘩せず ]や[ 君子危うきに近寄らず ]の意味を体験する羽目になる。(´・ω・`)=3

人は価値観があまりに異なると同じ空間にもいられない。
コレは事実でござる。

しかも、自分が堕ちて始めて解る世界もあるの。
人は自己に対する自己承認や自己価値観を満たせないと自分が大嫌いになる傾向が強い。

そして付加スキル→他人への厳しさや批判、やっかみもボーナスとして取得してしまうのがキツイ。 (ノA`) アチャー

今現在、俺が他人との接触を避け距離を取るのはこの体験と経験があるからかも知らんなァ。

でも精神環境は以前の非ではないぐらいに穏やかな生き方になったわ。

自身の中身がある程度満たされるというのは人生の財産かも…と最近は頻繁に感じる事がある。

上記のニュースを見ると自分の過去を振り返り、その事実を思い出すの。

人間関係においてまず訓練すべき事とは外の比較ではなく、内の充実化にトライすべきなのだと。

以前の記事[ ほとんどの人がスグに飽きて辞めるからチャンスがあるの…ソコ解ってる? ]でピーピー泣いている子供達に本気で指導している人とのシーンがあったが冒頭の検索記事からすれば、この子達の将来は救われると考えられる。

○ 参考動画検索:金曜プレミアム・号泣!怒声!大説教!見れば必ず応援したくなる! 2017年8月25日 170825





なぜ俺が断言出来るのか?
それは超身近な人物がソレを見せてくれたからだ。

父親である。

外の世界から逃げ、障害を避け、自己都合で全てから逃げた人生は不思議なぐらい自分の可能性を狭めてしまう。

結果、人生を毒視してさらに自分を窮地に追いやってしまう。
これに気付いても積み上げた経験値や体験値があるので、ちょっとやそっとでは変われ無くなり更に意固地になり現状の狭いプライドに固執して息も出来なくなる。

コレが重度になると意欲もなくなり人生に燃え尽きて全てを破棄したくなる衝動に駆られる場合もある。

年齢が低く、実質の体験量や経験量が少なければ新規の行動も取りやすく失敗という糧もえられるだろうが無駄にこの状況が長続きすると自分でこしらえた枠から出る事が出来なくなり非常に人生が窮屈になって外の情勢や状況に圧殺されてしまうの。

だからこそ上記の動画での子供達はその殻を破るサポーターという親や指導者に恵まれる事は人生のギフトと言えるのはこの為だ。

中には別記事[ 自分を偽らず人生に対して正直に生きる…コレがどれだけ勇気の要る事か。単なる批判をほざく人達が無能だと決定付ける理由を説明してあげるわ。 ]でも触れたpha氏小林銅蟲氏のように一念を貫く事も形は違えど人生を内で昇華した典型事例とも言える。

そんな人達が自己承認や自己価値を少しずつ構築する中で人間関係を頓挫する傾向は極めて低い。

上記のニュース検索事項において自己承認欲求&自己顕示欲求が丸出しの状態は非常に危険と言う事実と自己価値観が極めて低い事自体が人生をダメにしてしまう事が誰でも解るだろう。

まァ…実際の所、喧嘩でもやり過ぎな傾向が強い人は何かの代償行為を人生の優位性が確保出来る唯一の瞬間に過大表現してしまうから相手に致命傷を負わせてしまうのが現状。

それだけ人生の大半…つまり生活の殆どに自己の優位性という基礎基盤を構築していない反動とも取れる。

その基礎基盤を構築するのは他の誰でもない自分自身。

些細な事でキレるのはそれだけ自己承認や自己価値にアイデンティティが備わっていないので全ての出来事が自分の内なる精神財産を奪ったり傷つけたりすると錯覚しているに過ぎないという事に気付いていないだけなのでござる。(´・ω・`)y-~

時には人生は無理ゲーと見えてしまう。
だがコツを掴むまでが勝負だと俺は考えるの。

それと保護者や指導者も腹が据わっている人に出会う子供なら本当に幸せ者だと俺は考えるわ。

最後に動画にも写っているが健全な人間関係とは健全な精神に宿るのは当たり前でござる。

つまり…
争いに絶えない人間
トラブルに耐えない人間
絡まれまくる人間
いじめに絶えない人間
…これらには何かしら根拠があるのだ。

特にいじめに関しては現代ではかなり複雑化しているが自己の環境に何をアクションとして投げ懸けるかで現象が変わってくる事実を知る子供達は意外と少ないし、大の大人ですら気付かない人はマジで多いの。

何故ならそんな大人達ですら外の現象に右往左往されまくって何が主軸なのかを受け止められない小さい器の中でしか図れないのが現状だからだ。

以下は大人も読むべき良書じゃわい。
健全な精神を持つ大切さが良く解るからな。
(´・ω・`)つ  
上記の2冊は内容が違うように思えるだろうが実は根っこの部分は今回の記事を通して共通する部分に気付くだろう。

それだけ内と外は繋がっている。
内を満たせば外に映し出される。

[ 内の如し、また外も ]という格言は真実でござるよ。

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU