トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 生徒への抑止力が無くなると人間関係を学ぶ場が簡単になくなってしまい、結果的に社会に出た時にすり潰される結果になる。  

生徒への抑止力が無くなると人間関係を学ぶ場が

簡単になくなってしまい、結果的に社会に出た時に

すり潰される結果になる。

                    2017年09月30日

学校って生活指導のカテゴリーがある以上は躾けないといけない時はボコボコにしてでも教えなきゃ逝けない。

バカみたいに[ 体罰 ]=[ 処分 ]にするから教員も減るし、子供も倫理観が欠けて未熟な人間になり下がってしまう。

○ 関連記事検索:講師に暴行、傷害容疑で男子生徒逮捕 福岡県警東署

○ 関連動画検索:博多高校 授業中に生徒が生徒を蹴る

○ 関連記事
記事→ [ 我が子を叱ってもらって感謝できない親は結局、子供の躾どころか子供が自力を持たずして対等権利ばかり主張するボケた人間になってしまうよ!そこを解っています?]
記事→ [ 発信したり行動したりの事後は当人の責任でイイんじゃねーの?最近は周囲のメシウマ行動自体が本質を歪めている事が問題。]


人ってね…集団生活の中で全能感っていうものを理性を使って合理性や社会性を補ってくの。

その過程で人間関係やテリトリーを互いに確立する事になり、社会に出て今度は人生というスパンを使い、知性を確立し人生を育てて逝くものなの。

その諸段階において未熟な子供は学んで逝くのだがコレが曲者で小器用になる意識下において自分の欲望をコントロール出来ない時に世間様はやれ『褒めて伸ばす』とか『体罰禁止』とかバカな風潮の延長がコレになる。

人間の進化に概ね共通するものは[ 不便さ ]や[ 災難 ]が主たる要因になる。

つまりトラブルを[ 避ける ]事や[ 解決 ]する事が進化の要因になるのはまぎれも無い事実だ。

現代において若くしての成功者は理想論を割と言いがちだが実際は[ 自分の人生の疑問点 ]を[ 避けたり解決する ]延長線上で攻略法を学んだ事を言わないし、仮に言ったとしてもメディアが本当に大切な[ 解決策 ]や[ 考え方と取り組み方 ]をビジネス観点の視聴性という名の取れ高でカットしているのが現状。

上記の動画もそうだが以下の動画も基本的には人間心理での自我欲求からの衝動が押さえられない事と小賢しい幼稚な考えである[ 保障(つまり相手が絶対に反撃して来ない条件の名の下に行為に及んでいる算段がある)]があるから愚行に及ぶのだ。

小賢しい子供はこの部分を常に見ているの。
自分の身の危険性を天秤に掛けて絶対的な確信の元に衝動で行為を行っているのが分かるだろう。

教員も昨今の騒動で言語を使って穏便に解決しようと試みるが実際には未熟な子供には対応しきれない現実がある。

俺も昔の事を思い出して見れば中学はかなり荒れた学校に転校してその現場を見たの。

丁度反抗期まっしぐらのヤツが女性教員に授業中、突然キレて授業を中断する事件が頻発した。

それが別の男性教員の授業では一喝で終わる。
他の気の強い女子生徒がそいつに『あんた…人を見て反抗しているよね。すっごく小さいプライドなのね。』と授業中に言ったら大爆笑になってそいつは真っ赤な顔になってたわ。
当時、コイツの将来の旦那は大変だな…と思ってしまうほど。

そしたら男性教員は一言。
『すまん…実は俺も中学校の頃は似たようなモンだったわ。』

そしたら教室の全員が『え”−!!!』Σ(゚Д゚ )
切り返しの刀がパネェよ。

その男性教員は少し昔話をしてくれたけど人の経験談は本当に記憶に残るものだったわ。

ちなみにその後、問題のヤツはと言うと…キッチリ不良街道まっしぐらで卒業した。

当初、俺より成績が超が付くくらい良かったのだが髪は染めるわ暴力は振るうわで面倒なバカだったが卒業まで割と頭が良かった。

だが問題は高校受験の頃、何故か解らんが不思議と俺と同じ工業高校に進学したの。

俺は結構無謀なレベルの高い学科を選んだが担任が『アンタ別学科にしないと落ちるわよ?』と初担任の事で何とか進学させたい一心だったのか分からんが俺は訊く耳を持たんかったの。

ところがそいつは俺と同じ学科を受ける際には全く言われなかったぐらいの成績を修めていて、後は内申書の問題だけだった。

当時、新聞で受験の倍率発表ってのがあって(←今でもあるのかな?)俺が受ける学科が結構ハードな数字が出ていたのだが俺は当時、バイトやら日々の生活やらで公立高校受験期間中はヒタスラ費用捻出に追われていたので気にも留めなかったの。

担任は俺が滑り止めすら受けていないので必死。
俺はバイトに必死。

変なコントラストで日数が消化されていく。
面白い事に担任は血相変えて『このままじゃヤバイから学科を変えなさい!』と自宅まで家庭訪問をしに来たが俺の親父を見て説得時間は僅か数分で終わったよ。

結局、進路変更は最初と変わらず。
何しに来たんだろ?…と当時は思っていた。

ココからが面白いのだが、問題のヤツは何故か新聞の倍率発表で学科を変更する事に。

担任が『どうして?大丈夫なのに!』と質問したがヤツは『だって落ちたら元も子もないじゃん。』と学科を1ランク落とした。

そして2次倍率が公表されたら面白い事に俺が受けた学科からヤツの学科へ受験倍率が一気に流れてエライ事になってた。

俺は職員室でその事実を知った時に担任に一言。
『よかったね。でも油断はしないでね。』と言われたが結局、バイト三昧で一切、受験勉強せずに受験する事になったの。

ちなみにヤツは勉強せずとも進学校にも逝ける実力があるにも関わらず恐怖からなのか解らんが猛勉強してた。

俺が『そんなんするよりも髪を黒く戻して素行を直したら?』って言うとローキックを本気でしてきたわ。…避けたけど。

コイツと話す時は距離を取っとかんとアカンからな。
                (´・ω・`)=3

結果、両方とも受かっていたんだが工業高校ってのはピンからキリまであるの。

俺が受験した工業高校は優良企業就職率がトップクラスでその恩恵を狙ってたバカ共はことごとくヤツと同じ算段で2次倍率発表で即死してた。

当然受験→落ちる。

メンドクサイ輩はことごとく私立へ逝ったよ。
御愁傷様。(-人-)

ちなみにヤツは高校デビューで先輩にボコられてあっという間に静かになった。上には上がいるでござる。

ちなみに当時の工業高校は教員が筋金入りの企業出身者が多く、危険な実習もある為に指導には容赦ない姿勢だったからボコった先輩ですら太刀打ち出来ない軍団だったし、最早16にもなってボケた態度は取る輩もいなかった。

教員も生徒も全員漏れなく知っていたルールがあるからだ。

絶対ルール
義務教育は終了している。
嫌なら辞めろ!…以上。


双方の線引きがシッカリされている。
だからある意味、学校という人間関係のファームである事が解るだろう。

今回のポイントは何なのか?
それは生徒もリスクを負う事である。


会社なら上司に逆らったり無断欠勤するなら即クビ。
義務教育を終了したのなら即退学。

それ故に自分でビジネスを構築して独立するのか?
逆に組織の一員としてルールを遵守するのか?
立場をわきまえないからオカシナ事になる。

そして教育委員会や世の中にも物申す。
自惚れた子供を学校に預けるのなら他人の制裁を受ける事で人生が磨かれる事も多くある。
制限ばかり課せても教員減るだけだぞ!

それとね自分がいつまでも面倒できると思うなよ?
クレームモンスターのバカ保護者達よ。(#゚д゚) 、ペッ


小賢しい子供は相手を見て対応を決めている。
その事実に俺が過去外部指導をしている時には見た目がイカついし、フレンドリーには興味なかったドライタイプなので一線を越えてくる子はいなかったの。

今現在は事務所に部活指導関係時代の後輩(当時の生徒達)や知人が訪れるが社会人としてのフツーの関係をしているがコレで十分と思うのよ。

互いの尊厳を冒すラインを踏み越えないと人間関係は事の他上手く行くもの。

それを学習するには体罰という逆鱗解放も学生時代に必要なものだと俺は思うのね。事実それも体験という教育。

未熟なものほど、意外や意外…[ 自分が絶対に安全な勝者だと勘違いしている ]という状況。

コレがリスクを取っていないという本当の姿なの。
だから自己責任でリスクを取れるのが本当の大人である。

それの見極めが出来ないと必ずそれ相応のリターンを受け取るのは至極当然だ。

人は義務教育終了までに最低限の人間関係…ちゅーか線引きを学習する。

昨今、『体罰だ』とか『横暴だ』とか言うのだが一番旬な人格成形時期を過保護で過ごすのは社会という温室外では速攻枯れてしまう&磨り潰されてしまうでござるよ。(#゚д゚) 、ペッ

それが互いに解っていれば初めて言葉の会話で相互理解に努められるようになる。

詰まる所、躾けすら出来ていないのが現状なのに『体罰問題が…!』とか騒ぎ出す以前の問題ですよって事。

人って生き物は快楽が続くと麻痺するし、感謝すらしない脳内構造だから[ 褒めて伸ばす ]ってものも次第に効果が無くなるし[ 次の褒め ]の次弾装填も限界がある。

だけど逆に逆境も麻痺はするが多少の感動や施し等で麻薬レベルの感謝が沸いてくるから俗に言われる[ ティースプーン1杯のやさしさ ]程度の割合が良いのだと考えるの。

そうして後に相互関係が深まれば初めて
次のステップである自主性を重んじれば良い。

始めから自主性や個性を先頭に持ってくるから自我を治めていないバカがやらかす…結果[ 体罰問題 ]や[ 生徒が暴行 ]って事になる。


始めは自我が治められ自主性を知性で発揮できるようになるまでは叱らなきゃならんわ。

以下はその関連良書じゃわいな。
ちなみに叱られない側の末路の立場が克明に記されている内容が左側の書籍には詳しく書かれている。

実際に叱られた方は溺愛されるよりも人生の実りが多いのも事実なのじゃわいな。必見!
(´・ω・`)つ  

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU