トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 本当の人間関係以前の問題…実にくだらない。  

本当の人間関係以前の問題…実にくだらない。

                    2017年11月18日

俺がぶっ倒れてる間に相撲業界が騒がしい。
どうやら礼儀作法や自己承認欲求に傷を受けた御様子。

関連検索:日馬富士 貴ノ岩 暴行

俺から言わせると周囲がギャアギャア騒ぎ過ぎ。
メディアも余程ネタが無いのだろう。

それと巷のメディア等(SNS等)で[ 弱者権利の悪用 ]によりパワハラ系ネタに非常に敏感になってる。

本来人間とは基本欲求の他に[ 自己重要度 ]というシステムから発生する[ 顕示欲求 ]・[ 承認欲求 ]・[ 虚栄心 ]というものがある。

これらは全て自分の価値を高めようとしたり、また自演による代用行為となるわけで場合によっては手段の一貫として殺人さえ犯してしまう。

コレが分かっていないと人間と対峙した時に一方的な自演行為で相手の[ 自己重要度 ]に干渉してしまいトラブルとなる。

特に酒席や会合ではコレに頻繁に関わるので人生経験量や体験量が圧倒的に多い人と少ない人の差がスグに露呈してしまう。

それ故にこの量が多い人ほど他人に干渉しない。
そんな人は基本[ 空気 ]のような存在になりやすく、自ら進んで関わろうとしない。

この辺りは失敗や嫌な思いを多く積んだ人ほど秀でている。
ただね…自分の空間を空しくして危険地帯に踏み込まないから[ 孤独 ]っぽく見えるが当人はその自由さを優先しているから実は本当の意味で人生を楽しんでいる人が多いの。

俺は幼少時期に転校塗れだったので解るんだが暮らすに1人はいたんだわ。

積極的に流れに参加はしないが必ず『あいつがいないと始まらない』ってヤツが。

俺は不思議に思えた。
何故なら俺は逆に[ 自分が!自分が! ]という自己顕示欲の塊みたいな人間だったから常に争いには事欠かなかったからだ。

コレに気付かなかったから人生の3分の1は争いに人生を棄てた節がある。

時には喧嘩、そして時には土地境界線での裁判。
特に裁判事になると長引くばかりで無駄に金が飛んで逝く。
俺の場合は10年以上すっ飛ばした。
時間も費用も気力も人生も無駄にした苦い体験だったよ。

今回の事件で朝青龍のコメント『キレさせた発端…』というフレーズが出たが、まさに経験から三者的客観論の銘台詞である。

スタイルとしては[ 関係無い ]位置からの見方は大事。
何事も秀でる場合は独自の世界で力を注ぐのが人生や人間関係を劇的に成長させるのは[ 自分に向かい合い、そこに他人や情報の要因を入れない。 ]からに他ならない。

実際に飛びぬけてしまうと礼儀作法を意識しなくても周囲も一線引いてくれるし、自らも無理して自益・他益に関わらず干渉しないと思わない。

それは1つの魅力と実力を副産物として積み重ねた証拠である。

そして他人からは[ 存在自体が空気 ]だから気にも掛けないし、不利益さえ生まないから関係も不良好にも良好にもならん。
結果、その空間を共有出来るというわけでござる。

それ故、俺としてはトコトン気の済むまで互いにドツキ合えばイイと思う。

言葉は悪いが人は理性がなくなると本能的に[ 無益とか無駄 ]とかが解るレベルがある。

そこに知性が浮かび上がると二度としなくなるんだよ。
メディアや周囲が騒ぐレベルというのは理性段階の無駄なノイズであり雑音でしかない。

特に戦争や紛争なんぞは典型的な理性段階の愚行。
コレが人間価値をさげて人生を崩壊させてまう。

人生を本当に楽しむなら知性をフルに使う事を推奨する。


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU