トップページ > 人間関係はどんだけぇ > ストーキング被害の被害が鰻上りらしい… 

ストーキング被害の被害が鰻上りらしい…

                    2018年07月22日

↑友人宅でTV番組内容の[ ストーカー被害 ]の内容を見てて昔、めちゃイケのパロディを思い出したでござる。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

友人宅訪問の記事からの連投。

○ 関連記事:意外と喜ばれる主婦へのお土産…それは[ 合わせ調味料 ]だったりする。

たまたま友人宅の自室製作完成にて訪れたんだけどTVを見てたら[ ストーカー ]に関するバラエティをやってた。

未だに検挙率が鰻上りみたい。
最も注目を引いたのが[ 高齢者のストーカー ]だったな。

○ ググって検索:高齢者ストーカー

たまたま番組内で[ 高齢ストーカー ]とか[ タクシー運転手ストーカー ]を取り上げていたんだけど、友人とその奥さんも『高齢者ストーカーって何だか不思議よね…中には結婚している人もいるのに…』って逝ってたけど、俺はブラック就労時代にこの手のストーカー予備軍を数多く見て来たし、実際にセクハラ従業員の解雇も沢山見てきたから言葉が出なかった。
ε=(-公-;)ゞ

ハッキリ逝って基本的にこの手の恋愛感情が拗れるものは年齢性別には一切関係がない。

どんなに若かろうが歳だろうが。
そこに[ 本能 ]があれば犯罪は起こるのよ。

人間には自制芯という名の[ 理性 ]があるんだけど時として、そのタガが外れている人が多く集まるのがブラック就労業種の最たる[ 2種運転業界 ]なんだわ。

特に[ タクシー ]とか[ 代行 ]業務がソレに当たる。

それは低賃金で人生に対して不安要素が常時てんこ盛りの日々情緒不安定な日々を送っている者が単なる社交辞令的反応を客から受けた場合[ 恋愛耐性が全く無い者 ]や[ 人肌に飢えているメンヘラドライバー ]にはテキメンで速攻イカレてしまうヤツ等が多い。

俺が所属していた業界でも本部から『客からの電話は個人のドライバー経由での応答を禁止します。』と釘を刺しているにも関わらず、自分の気に入った異性客に営業を掛ける色ボケジジイ共が結構いたんだわ。

日々、ウダツの上がらない人生を歩んでいるとホンの少しの社交辞令すら[ 自分の存在を認めてくれた ]という[ 承認欲求 ]が干ばつ状態だから[ 本能レベルで喜んでしまう ]という普段ならあり得ない領域で恋愛へと昇華してしまうみたい。

実際にブラック就労者は離婚率が高いのだが、中には既婚者もストーカー予備軍が存在するのは[ 夫婦関係が経済力低下による干ばつ状態 ]になっている現実がある。

それに自分の好み以上に夜の業務に携わる御客は綺麗どころが揃っているからイチコロでござるよ。

どんだけ飢えてんだか…( ゚д゚)ポカーン

この事実をTVを一緒に見ていた友人夫婦の前では話せんし、基本的に理解が出来ない方が健全なのだ。

人は価値観が揃う所に似たようなモンが集まる習性があるから、豊かで安定している人にはその輩が集まるし…逆に人生のどん底の精神崩壊異端者が集まる悲惨な場所にはそれなりの人格破綻者が集まるのは事実である。

格言う俺も当時は漏れなく、その部類に属していて…
『俺…このまま逝くとヤバくね?』Σ(゚Д゚;)…と気付いてから、より一層ビジネスに励んだ経緯があるから今思い返せば非常に危険地帯だったのだろう。

それに実際、高齢者ストーカーが急増しているとは言うが、それは単なる人口比率が高齢化しているだけの事であって…実際には結構な割合で満遍なく分布しているものだ。

酒を飲ませて理性がぶっ飛べば本性なんぞスグに解る。
酔えば平和的になる人は非常に安定的精神の持ち主で、逆に何かしら狂う人は情緒が不安定な人が多いのも事実である。

結婚を急いでいる人は一応、アルコールで検査した方が無難でござるよ…マジで。

それと高齢者の介護をされている女性とかに話を訊いてみると意外と結構な確立でコノ手にまつわる話を聴けると思うから参考にしても良いだろう。

人間っていう[ 本能 ]の一面を割と知っている業種でもあるからな。

そんな裏事情を知っているから、友人夫婦にはこのまま幸せを継続して頂きたいものでござる。(´・ω・`)y-~





→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU