トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 自惚れた目上の人間は危機感を忘れたバカが多い!自衛手段を持って対処すればイイんですよ。(#゚Д゚) ゴルァ!! 

自惚れた目上の人間は危機感を忘れたバカが多い!

自衛手段を持って対処すればイイんですよ。

(#゚Д゚) ゴルァ!!

                    2018年08月22日

…と鬼作さんは本音をサラリと言いますた。周囲の人達は『よくぞ逝ってくれた!』と大変喜んでくれたそうな。(ウソですw)


パワハラ系の上司や目上の人は基本的に自尊心や顕示欲求に飢えがあるもの、そして実は恐ろしい程に気が弱かったりするでござる。

○ 時事ネタ:全問正解で有給チャンスクイズ

会社や組織って結構閉鎖的な一面があったりする。
しかも部下が大人しかったり、新入社員とかが社会人デビューにしくじったら…もう大変!

最初のレッテル貼られたら、ソコから弄り倒されるのは時間の問題なんすよ…マジで。(#゚д゚) 、ペッ

俺は過去、リーマン時代~ブラック就労時代を含め…ついでに学生アルバイト時代も併せると結構なパターンで虐められている輩を多く見かけた。

大人のイジメほどメンドクサイものは無いし、何よりも気が滅入る。

ガキの頃は俺も色々なイジメやリンチを受けたクチだし、確かにヒネクレまくっていたから気持ちは非常に解る。

幸いにも中学後半~高校時代から姿が一気に変化したせいで性格は多少(振り返って見たら、ソレでも痛い人だと今でも思うけど少しはマシだったかな?(;´・ω・`)ゞ)なりとも健全性を若干取り戻してたけど、単なる負けん気と耐性や忍耐が年齢よりも遥かに装備されてただけかも知らん。( ˙-˙ )ゞ

不思議なモンで会社や組織はガキの頃からの[ 力の優劣 ]や[ 立場や地位の優劣 ]の延長線上でしかない様な所は否めない。

最初のリーマン時代はソコソコ地元では優良企業だった為に派手なパワハラは無かったけど、最後の部署で退職する際にバカな上司と一悶着あって、そのバカ上司の薄い髪を毟った記憶がある。

総掛かりで止められたけど、あのおバカな上司は逝きているだろうかな…ハハン。(#゚д゚) 、ペッ

俺も基本は『絶対に手を出さない人』と認識されてたので周囲はフリーズ…慌てて職長や作業長が止めに入る大騒動になったんだけど最終的に両成敗で終了。

本部長にとくとくと説教を受けたのには今でも心に残っているでござる。

その後、ブラック就労時代でも争い事系には鼻が利くスキルがあるのでヒラヒラと回避して難を逃れてはいたけど、どうしても回避出来ない場合や相手が理不尽極まるスジが通らない事で争いを吹っかけてくる事が仕事で起こる。

基本、俺は学生時代から気性や腹にある感情が顔に一切出ないの。

多分、暴君親父との生活で授かったスキルだろうなぁ。
コレに関しては今となって感謝している。(-人-)

だってね…感情を相手にぶつけても一切、腹の足しにもならんし…事態が悪化してもどーにもならん。

その経緯上、中々…土壇場にならないと本能的本質部分が出ないのよ。

そんでもって、出たら周囲の感じがガラっと変わるから非常に困る為(そりゃそーなるわな…後始末が大変だし。)に余程の理不尽さでも無い限りイエスマンを突き通すでござる。

それに独立時代から職業病でもあるけど、人の名前を呼ぶ際には年上だろうが下だろうが絶対に『さん付け』しかしない。

コレ…同級生でも友人でも同じ。
長年、言い慣れているから周囲も違和感が無いレベルですよ。


それでも痛い子とかに仕事で何度もセーフティ感覚なのかは解らんが『コイツ(←俺)なら大丈夫だw』と思わせてしまうらしく、仕事で難癖を付ける若い子も実際にいるんだわ。

余りにも鬱陶しいし、他の従業員さんや若い後輩にも殿様感覚で対応する痛い輩だった。(当時はパワハラという今時の用語など無くて単なる痛男と逝ってた。)

面白い事に上司には手の平クルクル。
オマケに周囲の人には相手によって対応を変える。
特に女性にはね。

上司も噂とかでは認識しているけど、たちまち仕事の邪魔にはならない位のレベル程度の認識だった為に見て見ぬフリ。

だけど俺同様に派遣組の従業員達が仕事がし難く…しょっちゅう痛男におちょくられたり、無意味に小バカにされたりと迷惑な話。

それに中途採用の人や派遣さんはソイツに絡まれると自然と辞めて逝くレベルなの。

流石に俺も鬱陶しくなり、見兼ねてやも得ず髪の毛掴んで怒鳴りまくった。

内心『やっちまったー! (ノA`) アチャー』と。
当然、上司は慌てて走って来るし。
痛男は半ベソかいているし…コレではどちらが虐めているか解らん構造。

確かに一見みるとガタイのデカイ俺が若い子にカツアゲしているような状態である。

結局、コレマタ両成敗だけど周囲の人達から速攻で弁護の声が寄せられて表沙汰には両成敗だけど痛男は居た堪れない状態。

一応、上司に『誰もが若い時に陥り易い罠みたいなものなので穏便に御願いします。追求はしないであげて下さい。』と添えた。

でも結局、その痛男は3ヶ月経たずに退職してしまった経緯がある…もう10数年前の思い出ですダヨ。(#゚д゚) 、ペッ


総括として、残念ながらコノ手の痛男は予想だにしない反撃を受けるとメンタルが壊れる傾向が強い。

それもその筈。
基本、イジメやパワハラを仕掛ける時点で相手を選んで負けない戦いを本能レベル楽しんでいるだけなのだから。

コレは事実でござる。(´・ω・`)y-~
だから予想範囲外の出来事にはてんで弱い。

でもね…子供の頃って、こんな事の繰り返しで沢山失敗している中で人間関係のテリトリーを覚えて逝くもんでしょ?

保護者とか大人が『あれもダメ!』とか『コレも駄目!』とかでロクに経験値や体験値を積ませていないから、いざ大人になってボケてしまったら…予想外の失敗(←本当は愚かな失敗レベル)で精神を壊してしまう事もあるんだよ。

それにイイ子で育ち過ぎると自衛の為の反旗すら揚げられない事もある。

コレが理不尽なパワハラを徹底して受け続ける現況にもなる。

人間関係で理に沿わない、筋が通らない、相手のテリトリーを土足で踏み込む、逆鱗に容易に触れる…という行為には己の未熟さや幼稚な行動が多い。

その躾レベルですら大人になって洗礼を浴びるのは親の責任でもあるし、成人してからは己の未熟さの末路。

それと同じくして完全に正当な反旗を揚げられない位に牙を抜かれ、精神の去勢の極みというのは相手に学ぶ機会すら与えていないのも問題だと俺は考える。

現代は自棄を起して弱者を障害致死レベルで犯罪を犯す輩が存在するけど、そんな状態にまで自分の弱さを克服する努力…というか意気地を持ちまっしょい。

ケンカや争いは決して肯定はしないけど、それによって周囲や相手に自分のテリトリーや尊厳を提示するのは互いの為にもあるという事を知った方が良い人達が多く存在する…と俺は考えるでござる。

実際に己の意思表示をする勇気だけでも装備したら…人はソレを見て何かを学ぶ事を知らなさ過ぎる人がなんと多い事か。

中には『ソレが出来ないから困っているという子もいるだろう。』だけど不思議な事にそんな子だからこそ子供の頃に派手に喧嘩をする事をさせて貰えないのは人生にとっても大きな損害だと俺は考える。

だって大人のケンカって中々出来んよ?
法律が絡むし、世間体やらしがらみが凄ェンだから。

脅し程度で済めば良いレベルだけど、基本吹っかけた人ほど警察沙汰にするしなぁ…。ε= (ノA`)

だからこそ子供(小学校とか中学校までに)の時分のケンカは本当に貴重な体験であり、経験なんでござるよ。




(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU