トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 無意識に愛想笑いや、打診的な会話をする事に気付いたら要注意!それは対人関係に疲弊している危険信号。 

無意識に愛想笑いや、打診的な会話をする事に

気付いたら要注意!

それは対人関係に疲弊している危険信号。

                    2018年10月21日


実は先週の金曜日、若手の後輩2人が夕刻に事務所に寄って来たの。

この後輩…非常に口下手で殆ど聴く側だった人物。
就職後数年経ってたんだけど珍しく喋ってんの。

どーも俺から観ると違和感満点。
だけどもう1人の後輩はあまり気にしていない御様子。

そもそも社交性よりもマイペースを優先する生徒だったから余計に俺からしてみると歪に感じたのよ。

俺が『随分と流暢に話せる様になったなぁ…』というと。

当人は『そーですか?まぁ…社会人になって3年経ちましたからね。』

もう1人の後輩『そーなんですよ割とマシンガントークするようになって俺は驚いているんですけど。』

暫くして色々と話している内にどーにも話に脈絡が無いというか…話の本音が無いというか…。

まるでシャドウボクシングを隅ッコでしているような感覚に感じられた。

俺が一言。
『○○さん(←後輩ね。)…もしかして、かなり仕事が切羽詰まってるのか?それとも今がガチで面白く無くなってないかい?俺から観ると少し自棄に観えるンだけどな。』

そう静かに言うと…後輩は絶句してしまった。
どうやらビンゴ。

もう1人の後輩は( ゚д゚)ポカーン…となってた。
どうやらこの後輩、俺に何か訊いて欲しかった御様子。

ただ1人では間が持たないのだったのだろう…共連れを連れて来たということだろうか?

絶句した後に後輩は『実は…』と口を開いた途端に仕事に関しての憤りや迷いを吐き続けたの。

まぁ…この手のケースは俺にとって珍しくも何とも無い事だけど、もう1人の後輩は部活時代からの付き合いでも全く解らんかったらしいから、かなり驚いてた。

基本的に
この手の対応はアドバイスは不要な場合が多い。

何故か?

それは最終的に[ 自分で決断しなければならない事 ]だとシッカリ認識しているからである。

ただ自己消化出来ない状態でストレスが鬱積しているから代替として自分のスタイルではない形で表現発散しているだけだったみたい。

特に男性陣はこの手の受け答えではアドバイスをしたがる人間が非常に多い。

だから余計に拗れる。
トコトン訊く…という事に不慣れな人が多いから仕方ない。

家庭での反抗期とか厨二病系の対話なんぞ、当の本人が一番症状を自覚している場合があるケースには基本的に[ 止まれない自分 ]というのを自覚している。

それをメタ認知まで持って逝くのは、とにかく当人の中身に潜んでいる情報や、ソレに纏わる感情を徹底的に出して本人に認識させ…且つ、観せて客観視させる事が大切。

人は色んな人生を腹の中に抱えている。
そのデータは他人がおいそれと触って逝けない場合がある。

結局の所、そのデータは自分で整理して統合しなければ意味が無いのだ。

その後、色んな話をして当人は素に戻った…もう1人の後輩はソレを聴いていて何か考えさせられてたけど、まぁ…ソレも学びだと俺は考える。

とりあえず冷蔵庫のお菓子やジュースのストックはこの2名に消費されてしまったから、明日にでもコンビニかスーパーで買っておこうかねぇwww

でも俺は思う。
大人になったら色々と出来る事があるだろうとガキの時分は本気で考えてた。

好きな物を好きなだけ買って食えるとか、アレもコレも自由になると本気で思ってた。

だけどリーマン時代にそれが全く叶わんかった。
まるで地獄に堕ちて絶望した時期も確かにあったわ。

本当に大人になるって大変。
でもそんな無理ゲーでも諦めずチャレンジしまくって欲しいわな。

諦めたその先に実は面白い展開が人生にはあるからな。
たからチャレンジは数と量を打ち続けて欲しいと願う…で候。


(´・ω・`)つ  

人は生きる中で必ずデータ(経験や体験)と感情の蓄積が相まって人生を通して人が形成される。

この事を客観視するスキルを成人するまでに獲得出来た人は幸せでござる。

だけど昨今の世知辛い世の中に塗れていると自己修復はおろか、自分がクラッシュしている事実すら気付かないままにデータの改竄や、本来のスタイルさえ確立しないままに誤魔化し続けて完全に手遅れになる場合すら起こりうる時代である。

今後、人生において自己スペースを創り[ 己のメンテナンス ]という意味での客観視スキル(メタ認知)は必要なのだと考える。

古来より日本には[ 禅 ]という考え方が無意識下に根付いている。

そこには宗教も価値観も持ち合わせる事が出来ない領域が存在する。

時代は激変する中でも人はそんな静かな世界を求めている…と俺は察しまする。(-人-)


→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU