トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 製造所からの電話でほっこりした話と青山問題。 

製造所からの電話でほっこりした話と青山問題。

                    2018年12月24日


昨晩、珍しく我が製造所(母)から電話が入った。
かなり長電話となったが内容は孫が増えた事と向こうの子供宅(俺から言えば厳密に兄弟となるわなw)に子守へ逝ったとの近況報告。

本人曰く『子沢山で孫塗れ!もう戦争だったわwww』とクタクタで喜んでたよ。

丁度、昨日出産だったらしく子供の自宅に嫁方の母(祖母)と製造所(祖母)とタッグでとっかえひっかえ&寄ってたかっての人海戦術で孫の面倒を見ている状態らしい。

もうね…孫が多くて片付けても片付けても30分ほどで散らかり放題らしいが、基本的にタッグを組んでいる両家は性格上、大家族には割りと慣れていて『あら…まぁ…また片付けなきゃ…』ってな具合で楽しんでやってるみたい。

そーいや俺も友人宅で子守の依頼を昔、受けて色々と勉強になったなぁ。( ゚д゚)ポカーン

あの時の悪ガキは既にその子は大学生となってイケメンになっとるがな。

時間の流れるのは早いですな。
俺はまだ独身やけど。 (ノ∀`) アチャー


そーいや昔扱った記事に青山の問題を提示したがネットニュースで続報が追加されてた…都心の方は世知辛いで候。

時事ネタ
○ 青山の上級国民様「この街のランチの単価は1,600円、ネギ1つ買うにも紀ノ国屋に行く、そんな一等地に児童相談所はいらない」
○ 「児童相談所反対派、実は青山に住んでない」説浮上! 町内会では満場一致で賛成だった

関連記事
○ 経済事情系のストレスを抱えた大人達は他人の事を考える心の余裕がないという悲しい現状が浮き彫りに。


何考えてんだか…(#゚д゚) 、ペッ
何れ自分達も老いて逝くのにな。

今現在、ネットキーワードで[ ヤングケアラー ]という言葉が発生している。

子供をすっ飛ばして孫の世代という10代~20代が介護や老人の面倒を見ているという現象が起きている。

介護現場はもちろんだが経済事情や情勢からか…3世代世帯となっておじいちゃんとおばあちゃんを面倒みるという方式で介護をしている現象が増えているとの事。


俺の意見としては全然OKだと考えている。

何故なら人間が若い時に人間の世話や面倒を観るという事は、総じて結婚後の子供の面倒をみる抵抗感へのトレーニングとなるからだ。

そもそも人間の下の世話には経験値や体験値が絶対に必要不可欠である。

世の中には夫婦でもワケの解らない旦那が実際にいるらしい。

『しっこは俺が、うんちはお前(嫁)がしろ。』というバカな親さえ実際にいると話題には事欠かない。

そんな未熟な大人が結婚するから子供が不幸になる。
俺はブラック就労時代にホステス様やキャバ嬢さん達が夜間保育に子供を預けて働く姿を吐いて捨てる程、たくさん見て来た。

それだけ宅卵する男性陣(←ブラック業界隠語:養育費を払わない大人の意味、又は子供を作ってから離婚して親権を女性に預けて㌧ズラする男性)が多い現状を目にしてきた。

だからこの青山の時事ネタで批判しまくる大人を軽視してまうわ。
(#゚д゚) 、ペッ

この時代に経済事情から子育てすら満足に行き届かないのは各個人の若気の至りも確かにあるだろうが…極力、次世代の可能性は無下に摘み取るのは気の毒過ぎる。

人口過多である程度の予算に都合が付くのであれば、ココは社会…というよりも現代の大人がステータスよりも未来に投資する一環で寄ってたかって面倒を見るのも必要な時代になっていると認識すべきでしょうに。

それに全国には[ こども食堂 ]というネットワークも普及している時代に突入している現代。

大人も確かに大変のなのは解るが…その分、未来に投資しないとケツカッチンになるで候。

何より目先の事ばかり目を向けるから先細りになるという感情的な批判ばかりするから己の人生に詰まるという事を知るべきでござる。

心にゆとりがある人ほど知性が発達するのは俺の体験教訓上、紛れもない事実である。

一応、ググってみたのでリンクを張っておくわ。
興味があったら見てクレ。

そんで
この下のリンク等をツイッターでも拡散してくれたら、次世代の子達に腹から投資する手伝いとなるのでよろすく。
(物質的支援でも、情報拡散支援でも、経済支援でも結果としてはOKっす。)

○ ググってリンクこども食堂ネットワーク 寄付 手伝い

今回上記のリンク先を直結していないのはSEOの関係とかボランティア団体の運営上、サイトの維持問題とかでリンク先がアボーンされるのを視野に入れてるから。

だからググり先をリンクにしておけば無難と判断しているで候。

是非とも皆さん、1度は閲覧してみて下さいませ。(-人-)
こども食堂ネットワークはこの御時世で増えつつあります。

それだけ衣食住が厳しい世の中でもあるのだと感じる昨今。

俺も極貧上りで残飯漁った体験や経験もあるが…マジで健全性がヒネてまうし、何より人生に蔭を落すから大人達が寄ってたかってホンの少しずつの手助けでも、大きな未来への投資になるのは確かである。

マジで空腹は人生の大敵。
俺からのメッセージで候。(´•̥ω•̥`)ゞ


→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


---------------- 推奨記事 index --------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------



 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------