トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 結局の所、瞬時に相手を見て対応を決めているのだなぁ…と思う。

  サイト内検索ボックス


結局の所、瞬時に相手を見て対応を決めているのだなぁ…と思う。

 2019年10月30日


 スポンサーリンク
 
時事ネタを読んでて思う。

ムダに正義感丸出しで注意喚起する側、そしてソレで逆ギレして暴力沙汰…どっちも無謀だと俺は考える。

この御時世に他人への注意喚起も度が逝き過ぎる事で互いが互いに疲弊し切ってしまうからなぁ。

○ 時事ネタ:歩きたばこ注意に怒り “暴行男”の動画公開

そりゃあね…[ 歩き煙草の火種とかが子供の顔とかに… ]というシュチュエーションであれば俺も注意喚起するかも知らんけど…やはり注意する側もイチガイな正義感が仇になる可能性があるならば防衛の為に多少なりともスルーする技術は必要かもな。

例えば俺も80代のじいちゃまなら、多分…他人にイチイチ注意喚起しないだろう。

特に第一印象で人は大体の対面行為が確実に割り振られる。
だから綺麗事で『人は見た目じゃない!』という人は案外マヌケに見えてしゃーない気がする俺。

もし、個人で注意喚起するならばやはりゴリゴリな場数を踏んだ猛者レベルの方が無難なのかと…。

こんな風に。

○ 時事ネタ:格闘家がオタクの格好して歌舞伎町でポイ捨てを注意したら喧嘩を売られて・・・まさかの結果に

人ってさ…注意する言動や態度で、あたかも[ 自分が全否定されている ]と錯覚し易い。

故に自分の自己防衛によるトリガーを刺激して注意喚起した相手を攻撃してまう。

中には『スイマセン』と逝っても実際には正論だけで脳味噌は解っていても腹の中では納得していない場合もある。

それだけ[ 正論バカ ]と言えど案外危険な橋を渡っている自覚が無い場合もあるんだよ。(´+。+`)=3

時事ネタ
○ 人はなぜ「正論」をわかろうとしないのか?
○ 「正論マン」をやっていたら会社内に居場所がなくなった

でもな…そうは逝っても間違った事を逝っているワケではないのはよーく解る。

それだけ人間ちゅー生きモンは歳を取ってしまいながら知恵も付くと色んなシガラミやら、プライドやらを実装するから人生がメンドクサイ事になる。

俺も特に小学校~中学校、そして20代の時みたいな常時、沸々と煮え滾った感情を抱えてた生き方から徐々に離れる事が出来たから実感しているけど…自分を治めるって本当に骨が折れる。

ジックリ自分の中身を観るっていうのがどれほど大切なのか。

そして観て逝く中で恐ろしいほど己の奥底に眠っている怒りとか悲しみとかが煮え滾っていたのか気付くだけでもビックリするけど、人生の転換を考えれば大きな発見だと本当に痛感する。

 スポンサーリンク
 
だから他人の言動とか、若い子達が何気ない言動や態度を観て危険な因子を見ると思わず身が締まる事がある。

そこに過去の自分の恥とか悔しさとか痛い感情とかがあるのだろうな。
今回の時事ネタを読んでて実は俺が何故かしら、胸がチクチクしてたり…。

明日は我が身。
本日も己の心には御注意アーレ。(´・ω・`)ゞ


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 結局の所、瞬時に相手を見て対応を決めているのだなぁ…と思う。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る