トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 愛情と経済力は対極ではなく包括であるという事。

  サイト内検索ボックス


愛情と経済力は対極ではなく包括であるという事。

 2019年11月29日


 スポンサーリンク
 
以下の時事ネタを読んでて思わず唸ってしまった…。(-公-;)y-~

ただ…一言…『炎上する理由は察するけど、実際の所…貧困に見舞われる辛さを知ってて炎上するのだろうか?』と呟いてしまったよ。

冷静になれば一理あるのだと誰もが解るのにな。
何で女性が本音を逝っただけで批判を受けるのか?
甚だ疑問でござる。

時事ネタ
○ タレント・加藤紗里さん「男で稼げないならクズ 男はお金さえ払えばいい 男なら家族のため、死に物狂いで働くの 金がなくなったら離婚する」→大炎上
○ なぜ日本の若者は全然結婚しなくなったの・・・?

実際にド貧困のド底辺…オマケにホームレスを幼少時代に2度も経験した立場から言わせて貰えば[ 貧困は精神環境さえも地に堕ちる ]という事実。

そりゃね…『愛があれば…』と言いたいのも解る。

…が!リアルなブラック就労では実際に共働きの人を沢山見たけど誰一人として幸せそうな人を俺はお目に掛かった事が無い。

子供の為…
養育費の為…
生活費の為…

コレ等を目的&動機として睡眠時間や余暇の時間を削ってまでブラック就労やダブルワークをしても苦労ばかりで、その精神的&肉体的負担は顔や身体へと徐々に現れる。

俺も身体を壊したクチだけど、多くの人が精神的にも疲弊している姿ばかりだったよ?

オマケにブラック就労者の中にはガンで3人ばっかし死んだし…。
夜の繁華街では深夜の託児所とか夜間保育に迎えに逝くホステス様や、キャバ嬢サマが必死に働いても報われない姿を沢山この目で見てきた。

時事ネタ熟読してて俺は疑問に思う。

何故に結婚の条件に[ お金や経済力 ]を入れる事をタブーとして見られるのか?…と。

実際に貧困や経済苦…オマケに借金や多重債務で離婚した人は沢山見てきたよ?俺。

金融アルバイトでも多重債務者に会うと解るンだけど、もうね…金銭不安や将来不安しか無い状況が特に長くなると人は正気を保てない。

気が触れる一歩手前の人の生活環境はもう最悪で離婚せずに共依存での夫婦生活とか、逆に離婚して1人身の人とかの昔のアルバムとか拝見したら解るけど最初から貧困には陥って無いパターンが結構あるの。

独身時代とか新婚時代の写真とか見てて思う事。

その写真の写る目は希望に満ち溢れているのよ。
それが何処の人生ボタンの掛け違いでココまで堕ちるのか?

それなりに人生劇場を垣間見る事もあったけど、一旦人生の歯車が狂うとコレがなかなか戻すのも一苦労。

 スポンサーリンク
 
世の中には宝くじで人生が崩壊する人も居るらしいが、俺の側から言わせて貰えば貧困で人生が蝕まれる方が本当にリアルに多いからな。
とても恐い事。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

そこに渦巻く悲しみや苦しみは次世代に影響されるからコレも厄介。
ソレ等の意味を考えると冒頭の時事ネタを読んでても、とてもじゃないが批判する気さえ毛頭無くなるでござる。( ゚д゚)ポカーン

コレに関連して一見、全く関係性が無いように思えるが実は将来…VR技術が近い未来にフルダイブまで進化を遂げようとしている事を御存知かな?

結婚とか経済からの~VR?
一体何の繋がりが?

…と疑問視するだろうけども、以下の動画を見てMrオクレ。
見れば意味が解るからw

結構以前から言われてた展望だけどな。

俺が考えるに…ひょっとしたら日本が最もこのジャンルに突出する可能性が高い。

何せ先進国の極みに属すのに自殺率が高いという矛盾した部分も併せ持つ日本。

[ 本当の幸せとは?]というキーワードムーブメントが爆発的に広がりを魅せる可能性が無きにしも非ず。

…とは逝ってもフルダイブ技術…ある程度[ 遊び極めてしまうと何れは飽きる ]と俺は見ている。

案外、自由を満喫し過ぎてしまうと実はツマラナイもんなの。
コレはアッチのサイトでも扱っているからココまでにするけど…結局の所[ 思い通りにならない事を楽しんでいる ]フシが人間にはあるンだな…コレがwww

もしかしたら…今自体がフルダイブだったりしてw
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


(´・ω・`)つ  
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


↓歌詞和訳フルバージョン


→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 愛情と経済力は対極ではなく包括であるという事。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る