トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 無理をしない自然体な付き合い方に磨きを掛けよう!

  サイト内検索ボックス


無理をしない自然体な付き合い方に磨きを掛けよう!

 2020年07月20日


 スポンサーリンク
 

時事ネタ読んでて色々と考えさせられるネタにヒット。

俺の周り…離婚者は幾許かおるけど、半分以上は割と夫婦円満だったりする。

そんな友人知人は基本的に[ 自然体 ]で長く付き合ってから結婚したという特性があるなと思い返すで候。( ゚д゚)ポカーン

〇 時事ネタ:ドライブデートで女子が求める6つのエスコートが紹介!←「昭和かよ」「自分でやれ」などツッコミが殺到www

既婚者の友人にはたまーに言われる事がある。

それは…『昔と違ってへろぷー(←俺:仮名)は完全に人が変わったな…アレだけ奇抜だったのに。』と。

どーいう意味ですか…解らんでもないけど。 (ノA`) アチャー

解ってンですよ…俺だって!(-公-;)ゞ
確かに20代中盤までは、ある種[ 人生を恨んでた節 ]があったのは認めるけど…何だか思い出したくもない事ほどバッサリ傷が入ってますです…ハイ。orz

そんな過去を知ってて、更にビジネスでド失敗かましてしまっても、変わらず今でも損得勘定ナシに付き合ってくれてる友人しか、今は人間関係を完全に絞っているのも事実。

故に後輩達には極力、自分の人生への猛省から色を抜いて接しておりますです…ハイ。(-人-)

だから時事ネタ読んでて特に思う事がある。

それは自分の事を含め、ブラック就労時代の代行業務とかで…繁華街の裏側とか人間模様を腐る程観て来て[ 自分の過去や、人間の渇きや飢え ]みたいな所を沢山を通り過ぎて目の当たりにした事。

観ていて…本当に自分が恥ずかしかったし、情けなかったし、もう…人生の消しゴムがあるなら自分の記憶を消去したいほど。

ジョジョの能力一覧から好きなものを選択出来るなら[ 岸辺露伴のヘブンズドアー ]がマジで欲しいレベルでござる。(*゚∀゚)=3ハァハァ

人は記憶に感情ちゅう[ 接着剤 ]で完全固定してるから、コレから自由になるのは結構骨が折れる。

人によっては[ 何かを克服して消化 ]させたり[ 自分を許す事で手放す ]事が出来たり[ 時薬が自然に自由を促したり ]と多岐に渡るほど方法があるが何故かしら人間には錯覚(スコトーマ)があるし、その執着があるから人生とも言える。

しかしながら事前にソレを回避する事も可能だったりする。

それは[ 正直に生きる ]事だったり[ 自然体で生きる ]事だったりする。

 スポンサーリンク
 

俺は人生の前半戦でコレが出来んかった人間。
だから友人達が本当に羨ましく思えた…というよりも妬んでたようなもんだった。

何だか結婚式とかも参列したけど、心境複雑だった20~30代だった思い出がてんこ盛り…本当に申し訳なかったわ。

だからド失敗&挫折した時に色々と気を使って貰った事に逃げたりした…その事でも本当に懺悔の気持ちが今でもあるが故に後輩達には色んな悩みを聴く度に胸が痛む事もしばしばあるのよ…。

まぁ…アドバイスは極力せんけどな…俺なんぞがおこがましいから。

だから友人の嫁ちゃん達とか後輩の嫁ちゃん達には[ イイ人 ]に見えるらしいが、俺としては単に[ 昔の自分を消化するのに手一杯 ]なだけなんですよ。(´•̥ω•̥`)y-~

自然体…と言えば聞こえが良いけども、とどの詰まり…[ 無駄な憑り付きを1枚1枚剥がしているだけ ]なんですわ。

過去の俺を知っている友人とかは口に出さないけども…多分、バレているよーな、そーでないような…。

嗚呼…生きててスイマセン。

 スポンサーリンク
 

隠遁生活はその部分において[ 自分の内なる欲求スイッチ ]に極力刺激を与えないという生活だから本当に健全性には優れているのですな。

そのスイッチに刺激を与え続けるのは本当に疲れたのですよ。

冒頭の時事ネタを熟読して思う…そんな見栄や体裁…そして自分のハードルを上げてまでゲットした[ 自分の虚像 ]をその後に維持する方が地獄。

その意味では自分の中身にある[ 健全性 ]に磨きを掛けた方が人生は救われるし、何よりも無駄な荷物を背負い続ける必要さえなくなる。

ココに気付けば案外、相手も気楽に長続きするものだと今は確信している。


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 無理をしない自然体な付き合い方に磨きを掛けよう!

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る