トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 夏休みの宿題を1つ済ませた御褒美に焼却してやった件。

  サイト内検索ボックス


夏休みの宿題を1つ済ませた御褒美に焼却してやった件。

 2020年08月17日


 スポンサーリンク
 

今回は駄文なのであしからず。

先週の金曜日…野暮用でイトコん家に逝く羽目になる。
伯母から預かった書類一式を届けに逝ったのよ…。

到着してみるとコロ助騒動で大人しくしているイトコの子が暇そうに居ったわwwwww

『おじちゃん!あそぼ!』ってのが第一声。

このクソ熱い中、やっとエアコン効いた茶の間で麦茶を堪能しておったのに…思わず『何だかイヤーンな気分なの…この涼しい部屋でくつろぎたいのであります。』とクソガキに敬礼。(´・ω・`)ゞ

そしたら『誰がこの暑い中で遊ぼうって言うたか!ゲームでもして遊ぼうとしただけじゃ!』と相変わらず威勢がイイ事この上ない。

嗚呼…イジメたい…(*゚∀゚)=3ハァハァ
何か知らんがドS心が疼きますよ。

そしたらイトコの嫁さんが『へろさん(←俺:仮名)…この子、夏休みの宿題が中々終わらなくて遊んでばっかなんよー。』ってボヤいてた。

『アレ…?夏休みの宿題って最終日にするモンじゃないの?』と俺が返答したら今度はイトコが喰い付いて来て…

『そーだよなー…俺もそーだったわなぁ。』 (ノ∀`) アチャー
…って話になりそうだったが嫁さんの眼光でイトコが委縮。

おっほー…怖い怖いwww

 スポンサーリンク
 

仕方ないのでイトコの子に『あと、どんだけ宿題あんの?正直に逝ってみそ。』って尋ねたら…kwsk教えてモロタ。

その中でも俺が指南出来そうなのが…

図画工作。
自由研究。
作文。

…の3項目。
基本教科はメンドクサイのでパス。

その中で速攻的に片付きそうなのが[ 作文 ]かな?
一応、テーマを訊いたら…なんと[ 家族又は親族 ]だった。

何でか?…と不思議だったのだが訊けば[ 夏休み=親族に会う ]というニュアンスだったらしい。

俺は現代の家族事情とかクレームを貰いそうなテーマだと思った。

そりゃね…生徒の境遇に関する事も中には居るだろうから。

だってさ…巷の自粛期間とかも相まったり、中には核家族の事もあるだろうから今回のテーマも結構モンペの餌食になりそうな気がしたけどイトコに訊いたら『ウチの地域では比較的少ない』との事。

まぁ…取り越し苦労で幸い。
早速、書くように勧めた。

そしたらイキナリ『書き方が解らん。』と言いやがる。

思った事を書けばイイ…とは言ったが具体的に問うと…

[ 根本的に何を書けばイイのか…そしてソレをどうやって文章にしてイイのかが解らない ]との事。

なるほどな…本人に幾つか訊いた。

① 会話が出来るか?
② 説明が出来るか?
③ 他人に何かを伝えたい事、又は伝えた事はあるか?
④ 他人の目より自分が言いたい事しか書かないという自覚はあるか?
⑤ 形式なんぞウンコ食らえで書けるか?

簡単な具体例を伝えたら…

『それなら楽勝で書けるわ!』と啖呵を切りやがった。
ゲンキンな奴め。(#゚д゚) 、ペッ

その後に簡単な形式を伝えた。
① 説明
② 自分が思っている事。(感情に任せて書く事)
③ 意外な点『でも…という視点』。
④ シメ。

コレをチラシの裏に書いて渡した。

一応、午前10過ぎだったのでイトコの嫁さんが『それじゃあ、ウチでごはん食べてってよ。用意するから。』というので俺から『昼過ぎまでに書いてみろ。エエか…アレコレ考えるよりも4つのルールに則ってオラァァァァーって一気に書き上げてみろ。案外簡単に書けるど?』って伝えた。

そしたら『解った!終わったら絶対ゲームしような!』って…俺の方が天と地ほどの年の差があるのに…何故タメ語?( ゚д゚)ポカーン

 スポンサーリンク
 

仕方が無いのでリビングで久々のTVを見ながら雑談タイム。
一応、イトコに訊いてみた…

俺『ところでゲーム…ハードは何?スイッチとか?』
イトコ『ウチはレトロ系…スーファミとプレステ2。最新機種とかまだ低学年だから解らんみたいだしね…。』
俺『イイねェ~。ところでみんなで出来るゲームってあんの?』
イトコ『ボンバーマン2と桃鉄かな?マルチタップもあるですよ。…後は格闘系?とかRPGかな?』
俺『ありゃりゃ…困ったな…』
イトコ『何が?知らんワケないやろ?』
俺『イヤ…逆で…特に対戦系は極めておりまする。』
イトコ『でしょうね…へろ君、プロ級だしwww』
俺『イジメてしまいそうwww』
イトコ『まァ…手加減してあげてwww』
イトコの嫁さん『また今日はあの子…泣きそうwww』

そんなコンナで昼飯時…

『デキター!!!!!終わったよ!』って言いやがるので読ませて貰おうとしたが何故かしら…

『おじちゃんは読んじゃダメー!!!』って。
何でや?…折角指南したのに。この仕打ち。(´•̥ω•̥`)

『そんじゃ、そのプリントみたいな原稿用紙数枚をお母さんに見せて合格貰えたら宿題OKとしようか?』と言うと渋々とイトコの嫁さんに見せる。

すると…イトコの嫁さんがマジマジと読み始め顔色が変わり、何とも言えぬ表情に。

一体何が書いてあんの?(´ºωº`)y-~

何とも言い難い表情にイトコが『俺にも読ませて』と読み始め今度は笑いを堪え出す始末。

何かの拷問ですか?…コレ?(-公-;)ゞ

イトコが『俺は良いと思うぞ?』と。
イトコの嫁さん『イイの?こんなん?』。

…余計に気になる俺。

まァ…そんなワケで俺は一読も出来ないままにゲーム参戦となる結果に。

 スポンサーリンク
 

不本意だが…宿題が一応出来たので『しゃーない…約束だから御褒美として接待ボンバーマン対戦しちゃる。僅差で負けてやるから感謝しさらせ。』と逝ってやった。(#゚д゚) 、ペッ

そしたら『ボクの方が強いモン!おじちゃんなんか黒コゲにしちゃるからな!本気で掛かってコイや!』とホザクので仕方なく相手をする。

どうやらイトコのレベルよりは歯応えがありげな予感www

結果としては…まァ…こんなモンでしょ。(´・ω・`)y-~
…ってなカンジだった。

一応、念入りに焼却してやった。
俺がトドメの爆弾を置いてチェックメイトにした時、ジェノス君のような捨てセリフ…

…を毎回キメてやったら…それはそれはもう泣きそうな顔になっとったよwwwwwwwwwwwwwww
もう楽しいったらありゃしないwww(*゚∀゚)=3ハァハァ

最後はスト2を少しばかり…コントローラーに難がありそう(俺はレバー派)だったけど、コレばかりは基本が解っている側が特に有利なゲームなので早々にコテンパンにしてあげますた。٩( ᐛ )و

夕刻…『おじちゃんなんか大嫌い!カエレ!』と怒鳴られたよ。
笑顔で『また来るからな!』°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
…って逝ったら本気で悔しがってたよ。

上には上が居る…そんな事を早い段階から教え[ 全能感や万能感をキッチリ奪うのも大人の役目なのですよw]っと…自分を正当化コース。

 スポンサーリンク
 

帰宅してイトコから画像添付したメールが届く。

俺のガラケー画面が小さいのでPCに転送し閲覧してみたら…イトコの子の作文だった。

拡大して読んでみた。(以下は文字数が結構あったので少し省略して要点だけを抜粋してます。)

-----------------------------------------------

ぼくのおじちゃん。

ぼくのおじちゃんは大人げない人です。
いつも本気でぼくとしょうぶします。
だからいつもぼくは負けます。

そして、ぼくのおじちゃんはすごくウソつきです。
むかし、おじちゃんはお母さんとけったくしてぼくをドーナツでつってびょういんにゆうかいしてちゅうしゃをむりやりしました。

ほかにも『ちゅうしゃをうつとスーパーサイヤ人になる』とか『ウルトラマンになる』というウソをつきます。

でもふしぎな大人です。
おじちゃんが話すといつもお父さんとお母さんはおじちゃんの話を楽しそうに聞きます。
いつもおじちゃんが話すとにぎやかになります。
おばあちゃんもおじちゃんと話すと元気になります。

ぼくはいつも親せきの中でおじちゃんには言いたいことはすなおに言えます。

そんな大人げないおじちゃんが少しだけすきです。

-----------------------------------------------------

しかし…昔の事、まだ根に持ってたとはな。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

関連記事
〇 大人は皆、ウソつきなのだよ( ゚∀゚)フハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
〇 子供は1年もすると色々と学習するって話。

実際には前半結構な辛口な文章だったが…後半の1言でウルっと来ちまったぜ…。(´•̥ω•̥`)y-~

しかしなァ…散々辛口で最後にスプーン1杯の優しさちゅーの?

小学校低学年にしてジゴロのよーな…ヒモの極みのよーな心理作。
思わず俺も絡め取られそうな人心掌握ぶりでござるよ。orz

正直…将来に興味湧くわな。
願わくば真っ当に大人になって下さい。(´+。+`)=3


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 夏休みの宿題を1つ済ませた御褒美に焼却してやった件。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る