トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 死の淵から生還して来た友人の件。

  サイト内検索ボックス


死の淵から生還して来た友人の件。

 2021年06月06日


 スポンサーリンク
 

ハロー!お久しぶりっす!

いやー…流石に今回はダメかと覚悟しますたよ。コロ助。(´+。+`)=3
ここんトコ更新が出来なくてスマソ。(-人-)

この一か月間マジで大変ですた。

実はね…例の友人が会社でクラスター貰ってしまい自宅療養からの~重篤コースで俺にメールが来やがりました。

関連記事
〇 独身貴族は生命保険と友人とのリンクを御大事に。
〇 友人が旅行に誘ってくれたので久々に遠出しますよ。


もうね…メール内容が完全にダイイングメッセージなの!!!
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

約1ヶ月前。
正午頃に…

『〇〇病院のナースセンターに来てくれ。死ぬかも知れん。』って。

コッチは…もう…( ゚□゚)ポカーン
…ですよ。

慌ててメールの病院へ直行!
そしたらさ看護師のおねーさんから『○○さん(←友人)コロナ自宅療養中に悪化し、今は集中治療室に入っていますので面会謝絶です!』と説明を受けて俺は真っ白!
(´・ω・`).;:… (´・ω...:.;::.. (´・;::: .:.;: サラサラ..

そんでさ…患者である友人から看護師さんへ『関係者に連絡したのでコレを渡して下さいとコレを渡されたので。』と。

それが何と!
自宅の鍵が付いたキーホルダーの束。
車の鍵も一切合切付いてたヤツです。

その他、コロ助入院ルールの説明を強制的に受けるのだけどさ…
説明受けてて事の重大さにプレッシャーが凄いの。

何せ親族ではなくて第一報が俺。
何で?…とは思ったが前回の心筋症入院の件で何となく事情も考慮してたからなぁ…。

一応、奴の妹ちゃんとの連絡先交換はしてたから仮にもしもの時には遺体引き取りとなる場合も考慮して無断ではあるが連絡したのよ。

小一時間ほどで血相かえて来てくれたけどな。

事情を説明して半泣きの妹ちゃん。
冷静に今後の入院看護通院の相談したのだが…事情を知っている他人が俺だけだし一応、コロ助ルール上…通いの人数が制限されているのでメインが俺という運びになった。

まーしゃーないか…(´・ω・`)y-~

 スポンサーリンク
 

散々、妹ちゃんには『兄を宜しくお願い致します。』って頭を下げられたけど、もうね…兄弟愛ちゅーの?溢れすぎて逆に眩しかったわ。

そんなコンナで俺もPCR検査を受けて(当然陰性)友人の自宅に突入。
一応、アルコールスプレー散布&換気での物色。

衣類とか必要アイテムを鞄に詰めて入院先に。
そんで不動産物件先に説明、家賃の肩代わり(コレは後日徴収。)の手続き、光熱費は引き落としだったので郵便物の確保&保管。

清掃・片付け…やってて思うけど自分でも手際が良いと思うたわ。
(´+。+`)=3

その状態で約3週間後に面会解禁。
マジで重体だったらしい。

一応、事の状況を説明し…妹ちゃんだけには連絡したと通達したらマジで当人が泣いてたわ。

まぁ…人間関係は色々やねェ。
とりあえず生還してよかったわ。

そして待ちに待った退院の日。
昨日の正午に妹ちゃん登場。

ガン泣きしてたよ。
因みに俺は涙腺に目ヤニが常時固着しているのか?…全く泣けない状態。なんでだろ?( ゚д゚)ポカーン


今回、コロ助が余りにも身近になったお陰でアルコールスプレーを生きた中で凄まじい量を降り掛けた俺。

世間様はどうか解らんけども色々な憶測を飛び交わしているのだが、俺はアッチのサイトでも公表している[ 唯系 ]なので自分の現実世界で起こっている根底しか察知できんです。

ソレが故に上手に現実世界で対応しながら人生を生きている人間なので[ 今の人生を満喫する方針 ]しか出来まへんわな。

その意味を含め、今回のコロ助は本当に日本の医療の凄さは実感している。

医療従事者の方々がワクチン優先接種するのも納得だし、掛らぬように対策するのもマジで痛感したわな。

俺は過去、1度仕事の関係上外国(アメリカちゃん)に逝ったけどさ…海外の医療優遇っての?存外シビアだと認識した。

何せ健康保険が利かないから本当に医療を受けたくても受けられない仕組みなのよ。

ましてスラム文化がある世界に属す人はマジで死ぬしかない。
[ 病気=死 ]…っていう方程式が実在するの。

その点、日本は医療という分野において最低最悪受けられる制度があるから貧困状況でも最悪何とかなる。

事実、俺がブラック就労時代でも多重債務者が大腸癌になっても手術は受けられたからな。

その後の生活は最悪だったけど…((;゚Д゚)ガクガクブルブル
現場を観て本当に海外よりはマシだったが結論としては金が健康を支えるのには全く異論はなかったのも事実。

 スポンサーリンク
 

それとな…最近気になるのだけれど…。
いろーんな情報が交錯しているが…何だかな…と感じる。

ネットが発達して情報の出元とか信用度合い、そしてソースの質が問われるのも時代特有だと認識しているが自分の目の前に[ 何が起こっているのか? ]だけでも吟味しなければ情報ってモンを鵜呑みにしてまう時代である以上、コロ助騒動とかも最低最悪[ 自分のテリトリーの安全確保 ]として些細なトラブルや揉め事を柔軟に対応するべく意固地にならず生きて欲しいと願うだけ…しか出来んですわな。

アッチのサイトで色々と情報とかを押し付けられるが基本当人の世界で[ 何が起こっているのか? ]すら自覚の無いままに慌てふためいている気がしてならない。

隠遁生活してて常々感じますよ。俺。(´・ω・`)y-~
まずは自分の身を…現実を平和に保ちまっしょい。

余談だけど俺はビジネス面で過去、大失敗してその教訓から隠遁生活を選択したンだけど…今から振り返ると昔は馬鹿な精神してたとつくづく思う。

自分の中で何に飢えていたのか?
そして自分の中で何がそうさせていたのか?
正に大教訓となる経験ですた。

嗚呼…記憶を消しゴムで消したい。orz


そんなワケで友人はあと1月ほど自宅療養しなければならない御様子。
しかし…会社ってクラスター保証ってするンかいな?

ま…俺にはカンケーねェけど。
(´ºωº`).。oO(対岸の火事とはこの事か…)

しかし…家族とか兄妹っていいモンだなー。


(´・ω・`)つ 



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人間関係はどんだけぇ > 死の淵から生還して来た友人の件。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る