トップページ > 人生のオアシス > 八雲さんの誤認…クリームシチューの食べ方は俺も同じだった件。 (ノ∀`) アチャー  

八雲さんの誤認…

クリームシチューの食べ方は俺も同じだった件。

                            (ノ∀`) アチャー

                    2017年05月04日

八雲さん…スマン俺も誤認していたわ。(´・ω・`) ショボーン

Amazon Kindleで[ 八雲さんは餌づけがしたい。 ]の3巻が発売されてたので迷わず購入!

八雲さんは餌づけがしたい。 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

別記事
[ 料理が作れる+母性愛がある=神だと思う(´・ω・`)y-~ ]にも触れたがとても心温まるマンガじゃ。

今回はクリームシチューに関連するネタに思わず吹いた。
不覚である。

俺は基本的に…
ハヤシライス
ホワイトカレー
ホワイトシチュー
ビーフシチュー
…という一連の料理の食い方が基本同じなの。

だから御飯だろうが、うどんだろうが同じように同じ皿に盛って食べるのが普通だとこのマンガを読むまでガチで常識と思ってますたよ。(#゚д゚) 、ペッ





家庭の料理環境で基本的に外の食事をすると始めて自分ちの飯が特殊だと解る場合が人生にはちょくちょく起こる。

俺はとにかくコノ手のネタが多いの…
何せ極貧生活なんで学校の給食にスイカやプリンスメロンが出た事があった時にペラペラの皮だけになるまで喰っていたら結構な確率でバカにされたりイジメに遭った事なんぞザラにあったわ。

だから外食等で回転寿司に行った事なんか話した日にゃ『回転寿司なんか本物の寿司じゃねえよ!』とまで言われた小学校時代を今でもネチネチ覚えている。

子供の裕福さが常識化されているヤツに親の恩恵と言う有り難味を知らぬ、たまーに見かける生意気なグルメ趣向の生徒なんぞ見かけたら少しばかりシバいて地獄を見せてやろうかと思うほどじゃ。
(#゚Д゚) ゴルァ!!

だから中学生になって一番嫌な時間帯は昼食時間だった記憶があるんだが、一番多感な時期に弁当の中身を通じて家庭が出てまうのがとても辛かった記憶がある。

そーいや今までも小学校の遠足等でも…転校先の至る所での遠足等でも弁当の時間がもっとも辛い時間であったのはこの為だろう。

逆に高校生にもなるとバカみたいな他人の視野も気にしないし、干渉しない、評価しないと言った馬鹿げた価値感が薄れた時代だったので逆に高校時代その点では救われた。

俺が現役時代は苦学生が割と多かったのでそのせいもあるのだろう。

俺を含め、部活やバイトを掛け持ちしたりバイトオンリーでの学業生活をこなしていたヤツもフツーにいたの。

だから小中学校の転校先の多くは都心や中心街の環境で本当にスレた子供ばかりで殺伐としていた記憶がある。

ふと思うのだが…興信所の人に依頼して当時の憎っくき奴等数十名の現状の生活基準をサーチしてゴリゴリの高級車を寄せて『おう!久しぶり!』と言いながら逆転した状態をダシに昔話をしてやりたくもある…
そんな心の狭い痛過ぎる俺ですだよ。 (ノA`) アチャー


だからか知らんがこの歳になって学校の生徒達を見ていると家庭環境が安定している生徒の弁当や食事環境が整っていると健全で健やかな人格に成り易いのが手に取るように解るんじゃ。

せめて義務教育をクリアーするまでは食事と躾け…そして健全な生活を十分に与えて頂きたいものじゃ。

そんで生徒達はその事が当たり前とは思って欲しくはないのが本音なの。

生意気にグルメを言ったり、他人の家庭を垣間見て経済面でのイジメ等を口や態度に出してしまうのは精神面の栄養が根本的に不足している傾向が強い。

精神面の栄養とは何か?
俺は体験上、言い切れる。

それは[ 躾け ]である。
厳しい躾けは愛情が無くては出来ない。

愛情不足の躾けは単なる虐待(DV)でしかないの。
そこを履き違えると人間が狂う。
俺の親父がその質を備えて大人になって苦労して亡くなったからな。

俺も結構長い人生…半分以上を振り回されたが周囲を見渡すとそんな人格崩壊候補生が世の中には老若男女問わずいる事が本当に良く解る。

世の保護者達は確かに経済的な側面で我が子に掛ける時間や心の余裕は無いだろうと察する。

だから学校に寄せられるクレームも生活指導に関する苦情が昨今、肥大化しているのは事実じゃ。

だが一度考えて貰いたいのは家庭に健全性と健やかさがあるか?を再検討して頂きたいのが教員ではない俺の意見じゃ。

親は背中を見せるのが教えと今でも確信めいて常時考える。
確かに俺の親父は超ド急の反面教師というのもおこがましい人生を送り亡くなった。

離婚した母もさぞ苦労したと思う。
子供が出来たからと言って親になれるというワケでもないのが、この歳になってシミジミ解る。

人間成熟するまで時間が掛かるのは否めん。
ブラック就労時代を振り返っても還暦過ぎて人格形成不足のクズも吐いて捨てるほど見てきたし、人格崩壊したクソ共にも煮え湯や苦汁も散々飲まされた。

中にはマジで人生のピリオドを打ってやろうと思った事も数知れず…と言うより数える気も失せた。

だが鷹揚にしてそんなクソ共やクズ共も根底にあるのはカラカラに乾いた人間性や心の飢えだったりするんじゃなコレが。

だから若い世代達には自分で耐性を付け、自分で物事に挑戦し多くの失敗経験を山ほど積んで欲しいと願う。

それには器がどうしても必要になる。
その器自体が不良品では人生においてどうにもならん不備が生じる場合がある。

そこで必要なのが義務教育を満期するまでに健全性と健やかさの確保が必要になるワケだ。

大人になってから自らの器に柔軟性と広げる情熱を持てない人間はしょーもないコトで人生を台無しにしてしまう傾向が事の他強く出てまうの。

無自覚の欲求を制御出来ず、自分を治める事が出来ない大人は何故か外にそれを求め破滅していく。

逆にその器に柔軟性を備え、広げる情熱を持っている人間はとても幸いだ。

視野が広く、何事にもトライ&エラーをいとわない。
素直で無駄な誇大をしないので外の評価に縛られない。
特に男性はこの部分に無自覚な生き物じゃ。
生涯注意され手を行き届かせなければならん。

…とまぁ、このマンガを見ていて思い出したわ。
オッサンの独り言だが覚えといてMrオクレ。(´・ω・`)y-~

読んでみれば何か感じる事があるだろう。
御結婚されてる人やこれからする人も是非オススメする。
  ↓

八雲さんは餌づけがしたい。 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU