トップページ > 人生のオアシス > 睡眠不足を自慢する愚かな行為…本来睡眠は人生を潤すものですよ。 

睡眠不足を自慢する愚かな行為…

本来睡眠は人生を潤すものですよ。

                    2017年05月10日

特に成人するまではシッカリ寝るべし。
さもないと人生をダメにするアルヨ。


俺が振り返って見ても社会人になるまで…いや2度目の独立を確定するまで全体的というか、睡眠が圧倒的に少なかった気がしてならんの。マジで。 (ノA`) アチャー

今は好きな時にうたた寝をしたり、滅多としない徹夜後は割と睡眠をルーズに取ったり出来る贅沢な人生の後半戦を満喫しとる。

だけど前半戦は特にこの[ 睡眠 ]という分野においてかなり損をしていたと猛省しとるよ。

特に経済の心配事や人間関係…あと業務上のストレスがハンパなかったのが要因として挙げられる。

前半戦を振り返ってみれば就職するまで経済的な面と親父関係の精神的な負荷もあり心配事のタネが尽きず、ヒタスラ時間を金に変える作業で割と安心した状態での睡眠を取っていない記憶があるの。

そんでもって就職した直後に現実的なリーマン人生を考え、ダブルワークで自営の可能性を追ったり、リーマン業務を追求したりでコレマタ睡眠時間を著しく取れなかった事もフツーに体験した。

トドメは最初の独立失敗直後に半年程は途轍もなく挫折感が酷く自分を責めたり認められず(←現実を直視出来ない)に引き篭もっている為、時間は沢山あるのにストレスの為なのか定かではないが眠りが超浅く白昼夢のような屍生活も体験した。

その後、ブラック就労時代は昼夜が逆転し体内時計を狂わせつつアフィリエイトに没頭して更に睡眠時間を削りながらも成果が徐々に上がり出してから投資に参戦し、何とか復活した直後から1年後に始めて健全な生活と安定した睡眠を確保出来るようになった。

今から振り返ってみると睡眠って極めて難しいと感じる。
その理由は健全な生活を営まないと寝られないからだ。

心配事1つ抱えたまま睡眠に入って良質な睡眠を得られず、かといって忙しすぎても時間の確保や、次の日の業務が気になりまともに睡眠環境すら作れない。

このジレンマを前半戦でとにかく骨の髄まで味わったの。
                  (;´・ω・`)=3

今現在、外部指導は後輩に譲ったけど、俺は学生へ特に部活を奨めるのは以上の理由も含めリアル世界での充実した生活環境を整える意味もあるんじゃよ。

クタクタに疲れて取る睡眠は至極のゴールデンタイムと断言しておく。

これから2ヶ月もすれば夏休みで十中八九、生活が乱れる。
それはスマホも要因に挙げられるが、実の所…リアル現実での充実感が少なすぎる点にある。

若い時期に余力を残さず日々身体を使うべきだと経験上断言するわ。

事実、部活動の厳しいトコは合宿で必ず毎日ヘベレケになるまで身体を酷使すると食生活や睡眠の質が格段に向上する。

つかれるとシッカリ睡眠を自然と取るし、飯もシッカリと取る。

若い時代はこの繰り返しで肉体と脳にはガチで健全性が宿るし、合宿のシステム上…人間関係も学べる上にスマホに全く興味を示さなくなる。

これは何を示しているのかと言えば答えは明確で本能的な集団的安心感と心身共に原始的なサイクルが復帰する為なの。

だけど自宅に帰宅すれば生活は徐々にルーズになるが、それでも帰宅部の子達よりも生活サイクルは端的に改善される傾向が強い。

部活動はそれ故、推奨される側面があるのは偏に[ 生活サイクルの基盤を確立させる ]という意味合いを持つためだ。

事実、大手の製造メーカーは入社1年目に対して完全寮生活を義務付けしている所もあるのは、言わば[ 生活サイクルの健全化および確立 ]にあると言っても過言ではない。

それだけ現代人の生活サイクルに休息と活動…そして睡眠は深く関わっている。

俺は今となっては24時間自己都合で何とでも都合付く側になって極力スケジュールを入れないようにしているが事務所を構えているのは世間体の為と生活サイクルの確立を保護している事が要因にあるからじゃ。

自宅だとどうしても、この辺が狂うからな。
事務所と言っても安コーポを借りているが気兼ねの無い通勤時間も結構楽しめとるし、サイトの手入れ中にうたた寝を安心して出来るのも、比べられる経験と体験上…幸せに感じられるのは本当に財産と思えるのはこの為じゃ。

若い子達は是非とも生活サイクルの大切さを自覚して欲しい。
充実した日々は確実に人生において健全なサイクルをもたらすし、逆に不健全になるとマジでサイクルが狂うのを覚えて置くように。

間違っても
睡眠不足を自慢する事などはしない事だ。
あれは基本的に時間の確保が出来ない人生を送っている事を正当化する愚かな行為と知るべきだ。

そんな輩ほど性格が歪なヤツが本当に多い。(#゚д゚) 、ペッ
ブラック就労時代にはそんな人が大半だった。

ただし、
中にはやも得ず睡眠時間が取れず…取った手段が圧縮睡眠系という質を向上させるスキルを習得せざるを得ない人はとても優れたポイントだと思うがバカみたいに睡眠時間が短い事を自慢する輩の背景には無意味で自滅的な活動をしている事を知って欲しい。

以下はその類に関する良書だ。
特に御家庭を持たれている親御さんには読んで欲しい。
           ↓
   
基本、身体と脳が成長する最も大事な時期にスマホを買い与え睡眠障害を来たす生徒は年々増加している。

その反動はとても凄まじく、落ち着きの無い性格と衝動的な行動…さらには短絡的な思考回路になり易い。

全ての要因が環境と生活サイクルにあると言っても過言ではない。

学校側では確かに[ 学習指導 ]と[ 生活指導 ]の2つを課せられているが御家庭に帰れば四六時中、指導に当たれない現実において[ 当たり前のレベル ]を維持出来るのは保護者しかいないのが現状。

その為に安易で軽率な生活意識を持つべきではない。…と俺は考える。

現代において経済面からのしわ寄せは時に子供に内在し表面化する事も見受けられるが、自覚たるや実は生活サイクルと生活環境がある為に保護者の自覚が必要不可欠な現代の病巣でもあるのが現状。

是非、コレを期に考えられてみるのも大切な事だと思う。
オッサンからの余計なお節介じゃ。覚えといてな。
                    (´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU