トップページ > 人生のオアシス > 誰でもサクッと読んで理解出来る!低糖質ダイエットの専門書がマンガになった良書…その名も[ 最終ダイエット「糖質制限」が女性を救う! ] 

誰でもサクッと読んで理解出来る!

低糖質ダイエットの専門書がマンガになった良書…

その名も[最終ダイエット「糖質制限」が女性を救う!]

                    2017年06月04日

最近書いた記事のアクセスに低糖質系から[ パンレポ ]へ流れていたのに気付いた…意外とニーズがあるのね。

関連記事
[ パンレポ@ ][ パンレポA ][ パンレポB ]
                 モグモグ(´・ω・`)オイシイヨ♪

そ・こ・で!緊急企画。
専門書にオススメの糖質制限良書!夏井睦氏著書…
    ↓

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)

…を紹介しようと考えたのだが少し方向を変えてみようと考えたんだけどタイトルからしてマンガの方が解りやすいかな…という経緯でコレを今回は御紹介する。
    ↓

マンガ『炭水化物が人類を滅ぼす』 最終ダイエット「糖質制限」が女性を救う!

この良書は夏井睦氏監修の正統派糖質制限指南書じゃ。
しかも人体実験が如く著者のおちゃずけ氏本人のレビュー経緯もマンガ型式で書かれているので誰でもサクッと低糖質ダイエットを理解出来るだろう。

これから低糖質ダイエットや低糖質制限食事療法を試す前の予備知識としてはとても優れた良書じゃわ。

特に現代人はカロリー過多の栄養不足となっているが実はもっと深刻で、糖質過多の病気予備軍傾向という事実が記されているの。

実際にダイエットには正しい知識が必要になるけどコレが誤認しているとどんなに優れた方法や手段を取っても痩せないし逆効果になったり、最悪リバウンドのサイクルに嵌る。

だがこの良書では科学的にも実証された根拠を下に情報を提示して実践されている方も非常に多く、有名なラ○ザッ○も低糖質食事を推奨している事は有名。

事実、低糖質生活をすると実は簡単に痩せられるの。
俺も10キロ近く落ちたわ。( ゚д゚)ポカーン
単なる食事の主食を変更しただけでコレといって努力もしていない。

前に書いた記事[ 手抜き調理レポ… 真空保温調理鍋編そのA水炊き編だお。 ]でも触れたがブラック就労時代に逆流性食道炎に悩まされ医者から[ 糖質 ]に関わる事を訊いて以来、本格的に鍋食事に切り替えたの。

そんで今年、上記の[ パンレポ ]を経て主食を糖質関連から徐々に外している。

そうなの…たったコレだけの事。
コレだけで落ちたの。
何だか不思議な世界だがマジだからしょうがない。

今回紹介する良書にも単純にコースが3つ設定されているがプチコースでも十分効果は実感できるわ。

良書でも書かれているが注意点が2つある。

1つは禁断症状が出ること。
どうやら俺達の食生活は糖質が中心なようで脳が常に糖質過剰なセンサーが付いている為に低糖質系食事に切り替えると個人差があるが1週間〜3週間の間に禁断症状が出てくる。

何故かジュースやケーキ等の生菓子が無性に食べたくなる現象が起こる。

そこをクリアしなくてはならない。
俺は炭酸水を買ってきて本書に記載されていた人口甘味料を仕入れコレをとりあえず乗り切ったの。


パルスィート カロリー0 液体タイプ 350g

これって結構利便性が事の外高く、使用頻度が多くなった。
料理をするには打って付けじゃわい。
量も少なくて済むし、すぐ溶けるしで大助かり。


そして注意点の2つ目は通便が硬くなる傾向がある。
どうやら腸内環境自体が糖質環境そのものになっているからだと思われるが俺はその点には苦労しなかった。

何故なら昔から水を頻繁に飲むからだ。
だから便秘に悩まされた事は一切なかったし、割とサプリメントで補強していたからな。

俺は基本的に同じ食事が続いても苦にならんタイプなんで一応栄養面では用心の為に2種服用している。

1つは総合タイプのもの。
1日1粒でエエから便利じゃ…だって面倒だからな。
   ↓

大塚製薬 ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 200粒

あとはブラック就労時代に割と多かったのが大腸ポリープ保持者が結構いたんだわ。
俺の周囲でも数人が大腸ガンでお亡くなりになったの。
それ以来飲むようになった。
      ↓

【第3類医薬品】ザ・ガードコーワ整腸錠PC 560錠

元々、便秘には無縁だがブラック就労以来、健康には少々気を付けるようになったの。俺もヤキが回ったなぁ…( ゚д゚)ポカーン

ちなみに紹介しているサプリメントは最寄のドラッグストアに行けば必ずあるから行って見るとイイだろう。
俺は基本、ネット通販で済ませるクチだから行かんけど。

まぁ…そんな所さん。
低糖質制限は慣れると腹が空き難くなり、標準体重に楽勝で手が届くだろう。

たまの外食程度であれば他の人達と割と同じ食事を楽しめるから日頃の積み重ねは重宝する。

人間の身体は本当に不思議な摂理で成り立っている。
本書にも書いていたが人間はギャートルズ時代から本来雑食系の糖質フリーの体内構造だっとの事。



そこから考えれば実は現代の経済事情は義務教育レベルどころか元来の食生活ですら蛇足レベルで搾取し続けられている可能性も否定できんかも知らんな。

米・小麦・とうもろこしを始めとする多岐に渡る糖質系の過剰物資による病気や貧困…そして労働に至るまで疑問は残る(この表現が伝わっているならガチレベルで凄いと思うw…詳しくは炭水化物が人類を滅ぼす〜糖質制限からみた生命の科学〜 (光文社新書)を読んでクレ)が、せめて自分の身だけでも安全を確保するべきかも知らんな。

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU