トップページ > 人生のオアシス > 材料と道具も揃ったし…とりあえず糖質ゼロのおからホットケーキを作ってみた。 

材料と道具も揃ったし…

とりあえず糖質ゼロのおからホットケーキを作ってみた。

                    2017年06月17日


道具とその他周辺のものを一応揃えますたよ。
      ↓

おからパウダー ]を中心に片っ端から関連する材料集めてみた。
ちなみに糖質ゼロシロップは糖質オフの食品専門店『低糖工房』 で購入した。あしからず。

それとベーキングパウダーはアルミフリーにした。
それがお母さん達の常識らしい…ココは素直に従っておこう。

そのほかの注意点はサイリウム(オオバコ粉)はドラッグストアを3件回っても何故か売ってなかった。何でだろ?

仕方なくAmazonで[ オオバコ サイリウム]で検索したら販売されてたので購入。

詳しくは別記事[ 低糖質調理…舐めとったわ。調べるほどに添加物や手順の凄さを知らされる。 ]を読んでくれ。

そんじゃ作ってみる…っていうかもう作った報告になるw


この写真を見て不思議に思うかも知らんけど下の2つのリングはミルクのパックで型を作った。

ミルクのパックは内側にパラフィン加工が施されてるからインスタント調理リングとしては意外と優秀なんじゃわ。知ってたかい?

元製造業に携わってた知識全開じゃぁ!(#゚Д゚) ゴルァ!!

そんでもって今回の新兵器を投入!
ハンドミキサー!!!!!

ドリテック ハンドミキサー スピード5段階切替 / 電源コード、ビーターが収納できるケース付き ホワイト HM-703WT

コレ安いクセにスゲェ便利なの。
何がスゲェのかって?それはシンプルで機能的な所。

回転レバーは同時にかき混ぜる部分も外せるボタンになってる。

試しに外してみた。

楽勝で外せるし、取り付けもおもちゃみたいに付けられる。
実は使うまでは2000円以下のこのハンドミキサーの性能を正直疑っていた…でもAmazonレビューの数字カウントがスゲェしな…ナドト思いを過ぎらせる。

ちなみに付属のケースにこのかき混ぜるパーツとコードがオールインが可能。

場所も出資するお金もスペースを取らぬでござるよ。


そんなワケで調理開始。
ちなみにサイト主旨とは無縁な料理ブログではないので参考にしたレシピはクックパッドに譲るわ。
一応リンクを張っておく。
参考にしてくれ。→ 低糖質おからパウダーパンケーキレシピ

本当にハンドミキサーって楽なの。
上記の別記事でも触れたが最初はカレースプーンでヒタスラ練ってたんでマジで疲れた。

手の平が筋肉痛になったわ。
おからパウダーって普通の小麦粉やうどん粉よりも水分をメチャクチャ吸うのね。知らんかったわ。

今回はレシピ通りの分量であるおからパウダーを40グラムで使用したが別記事でも触れたが、かなり痛い思いをした。

それは100グラムで試したのが運の尽き。
失敗作を腹がはち切れんばかりに食い尽くしたからトラウマ寸前になりかけたよ。(#+д+) 、オエー

今回ばかりはレシピを忠実に厳守。
トラウマ解消に向けて実践しますたよ。

低糖質系材料は小麦粉やうどん粉系の糖質系材料とは違い、味や食感が天と地の差が生まれるかなりピーキーな食品。

つまり喰えるか喰えないかという食材になるという事が体験で判明した。

以前に書いた記事[ 調理レポ…低糖質パン編A。周辺装備を整えてみた&コネをテコ入れ。 ]でふすま粉を無駄にした事件で思い知らされたからな。(´・ω・`) ショボーン

それで最初におからパウダー版のホットケーキで同じ系統の失敗をしたもんだから流石に懲りて今度ばかりは失敗したくないというのが本音。

今回はハンドミキサーもあるし…調理が超ラク。
低速で全ての材料を練り上げるのもあっという間に出来た。

今回は豆乳ではなく低脂肪牛乳でレシピ通りにしてたけど多少、水分量を調整する為に徐々に量を加えた。

本当におからパウダー量よりも倍近くは余裕で吸うの。
一袋が500グラム500円以下でAmazonで販売されているけど、一体何枚焼けるんだろう?

低糖質系最強レベルでコスパが優れている事になるな。
実際にサイリウムやベーキングパウダー、そして人口甘味料を買うと直後のコスト的にはかなり掛かるが実際には当分持つから容量から言えばパンケーキ50〜100枚弱は余裕かも知らんな。

そんなコンナで焼けたのがコチラ。
         ↓

画像では解り難いが実際には1枚厚み30mm直径150mmはあるんじゃぞ?可愛く小さいと思ったら大間違いじゃ。

他の記事でも言っているが…
俺の手が大きいからそう見えるだけ。
間違えたらイカンよwww


しかし40グラムのおからパウダーがコレに化けるのは嬉しい誤算になるのは解るだろう。

育ち盛りのお子さんを持つお母さんとしてはコスパと栄養面という両面で優れた食材だと痛感する。

昨今の食材は栄養不足のカロリー過多が主流で食物繊維なんぞは子供達に敬遠されがち。

このパンケーキは殆どが食物繊維とタンパク質なので身体を作る時期には最適と言える。

おから自体は大豆なのである意味、プロテインと同様の扱いと思ってイイし、何より俺達の時代はSAVAS(ザバス)製品のプロテインアイテムは超高価な時代だったわ。

社会人時代にリハビリとトレーニング期間中に幾つか買って試したが高額なものほど効果が高かったのは事実。

だけどプロテインカウンターが95オーバーのものは味が不味いし、粉っぽいし大豆臭いしでかなり飲みにくい代物だった記憶がある。

今では錠剤になったり、同じプロテインカウンター数値のものが3000円前後で売られているのを見ると時代は変わったなと感じるわ。

何せホームセンターやディスカウント、挙句の果てにはドラッグストアーですらお目に掛かる時代じゃからな。

そのくせ、サイリウムは置いていないってどうなのよ?
                  (#゚д゚) 、ペッ

まぁ…話は逸れたけど、とりあえず実食。
受け師さんも食べる時にはメープルシロップで沈めたので真似してみる。

俺も同じくパンケーキを4つ切りにして惜しげもなく糖質ゼロのメープルシロップで沈めてやったわwww

喰ってみたら上記の別記事でも失敗した経緯も含め、今回はレシピ通り作った時点で勝利が確定していたのかも知らん。

マジで直感・香り・味といい全く別次元!
超美味いィィィィィ!(人´∀`).☆.。.:*・°

しかも腹が完全に膨れた。
コレで低糖質食事とは思えんレベルじゃわ。
コスパから考えて世に出ている低糖質系のアイテムって本当にサービス代がそのまま反映されているのね…納得。

ほんの一手間が食事環境を変える…今回はエエ勉強になったわ。

今後も低糖質系のものをネタついでに作ってみよう。
次は卵のスフレやエッグパンケーキ、カスタードやホイップクリームなんぞもやってみたい。当然低糖質でな。

しかしパンケーキにメープルシロップは最早…神レベル。
谷生君の表現もあながち的を外していないな。

俺も宇宙を見たわ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU