トップページ > 人生のオアシス > やっぱり居ったわ!…世間は狭いもんだって思った件。それとコダワリがビジネスになるという観点を持ちまっしょい。 

やっぱり居ったわ!…世間は狭いもんだって思った件。

それとコダワリがビジネスになるという観点を

持ちまっしょい。

                    2018年06月17日


絶対に居ったと確信しているw
週刊少年ジャンプでバスタードドラゴンクエストの漫画を通してファンになった思春期少年達は全国に必ずいるハズだァァァァァァーーーー!!www (*゚∀゚)=3ハァハァ

そんな事を面白く動画にしているコダワリの動画にヒットした。

↑特に4つ目の動画でのレアアイテム[ まほうのビキニ ]編のモーレツな狂解説には笑いが堪えられんかった…不覚である。

そのシリーズ動画を5枚張っておくわ。
コダワリがすげーの。









今現在、Vチューバーに注目が集まっているがこんなナレーションソフトを使ってのコテコテ内容骨太動画は嫌いじゃないぜw

やっぱりビジネス目線で捉えると閲覧ユーザーの思い出に問い掛けるスタイルには感服するでござる。

当時の漫画やゲームを懐かしみながらついつい見入ってしまう編集の細やかさは流石と思える。

当時、俺はドラクエなんぞ手に入れるという事が出来ない状況だったんで実際には社会人になってからハマッたクチである。

時代遅れとはいうものの数年後の格差はあったが当時ネットの情報というシステムが存在しないから知人・友人に情報を訊いてやり込んだ記憶がある。

それと週刊少年ジャンプとかは割と友人に週遅れで貰って読んでたからある意味、継続読者という存在には入るのだろうな。

今のようにネットでアダルト系の情報が溢れ返っている状況ではないから漫画でのアダルト系ニュアンス表現には妄想やイメージ能力の開花に繋がっていた気がしてならん。

下世話と思えるだろうが実際の所、現代の子達は恐ろしいほどイメージ能力が低下している。

過去、外部指導員時代に機械科系や建築科系の担当教員にとある質問を投げ掛けられた事がある。

それは実際に訊いた話だが俺に図面を見せて『へろょとさん(←仮名:俺)…コレを見て形がイメージ出来ますか?』と。

そりゃ三方投影(実際には三方図面とか三面図とか言われる)とか立体図とかは空間認識というイメージを描かんと話にならんからな。

それに俺は高校現役時代には座学は夜間アルバイトの関係で寝てばかりだったけど実技系に関してはトップクラスだったし、社会人では現場レベルで図面とは友達だったからこの質問の意味が解らんかった。

話によれば『最近の生徒の傾向はイメージ力の低下により図面が読めない』との事。

Σ(゚Д゚;)マジっすか?!?!?

その話で機械科系の担当教員の話を皮切りに建築科系の教員も『そーなんですよね…』と共感の至り。
その原因とかを考えるとやはり[ スマホ ]に逝きつくの。

関連記事
○ スマホを与える親は子供にバカになれと烙印を与えている!考える力を持たない人はスマホに洗脳されてまう現実。
○ 最近の若者達ってパソコンが使えないらしい。まァ…それでも稼げれば問題ないけどな。(´・ω・`)y-~

文字の世界や画像の世界からの[ その先 ]というものをイメージせざるを得ない興味の世界はある意味、そのイメージ能力の強化に繋がるのだろうという話題になった。

確かに生徒達の前では言えんけど昭和系のガキ(男子)の遊びってーのはまず秘密基地の作成から始まり、河原や土手とかに落ちているエロ本とかを持ち込み…ってーのが基本。

そんな事をドキドキしながら大人になった経緯もあり、割と活字からの距離感も近い教育環境もあり、小説とかも抵抗が無かったのは事実である。

そんな話題に花が咲いたけど実際…現代のスマホジャンキーには遠回り的な活字によるイメージ取得に難が見られるという悲しい事例も見受けられるのは仕方の無い事なのか?


…まァ、エエけどな。(´・ω・`)y-~
冒頭のネタに戻るが動画の中にウンチクをダラダラ流すというのは割とアイキャッチ的な方針からは反するコダワリ的編集だけど俺は今回のナレーション編集には賞賛を送りたい。

丁寧な作りや思い入れがシッカリしていると閲覧しているコッチも流石に思い出とリンクを共有してまうわな。

楽しみながら動画を見てチョット勉強になったでござる。
→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU