トップページ > 人生のオアシス > まとめサイトのゴシップ記事に釣られて[ ドキドキ文芸部!]を実際にダウンロード→プレイしてみた。 

まとめサイトのゴシップ記事に釣られて

[ ドキドキ文芸部!]を実際にダウンロード

→プレイしてみた。

                    2018年06月30日


まとめサイトのゴシップネタに乗ってみた。

釣り時事ネタ:プレイしたイギリスの少年が精神崩壊して自殺?Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部!)とは?

おもくそ釣りネタだと感じたらやっぱり速攻で次の記事が後日に発信されてたのよ…(´・ω・`)=3

時事ネタ:拡散中の記事「凶悪な美少女ゲームで精神崩壊して自殺」はデマ 元記事では因果関係について表現なし

でもな…面白い事に調べて逝くと割と世界中に支持する人が多い事この上ないのよ。

曰く付きのゲームってそれなりに支持があるのだけど世界規模で支持やノミネート系の賞を受賞するのって何かあるなと感じて実際にダウンロードしてプレイした。

始めは英語バーションだったから焦った。
wikipediaで調べたら発信元が海外のチームだったとは!

wikipedia:ドキドキ文芸部!(Doki Doki Literature Club!)

ネットで調べていく中で言語を日本語バーションにするファイルをインストールする親切サイトがあったので速攻でダウンロードしてファイルを差し込んだ。

kwsk
ネットで調べてくれスグに上位表示されるから。
この
ゲームに関しては動画でも何処でも取り扱っているので間違っても俺に問い合わせないでクレ…頼むw (-人-)

そんでプレイした感想ってーのは…


(´・ω・`).。oO(こりゃ完全にアッチのサイト向きだわ)


…の一言に尽きますたよ。
クオリティが高杉君。

このサイトじゃ手に余る。
実の所、世界中で何故このホラー系ヴィジュアルノベルが支持されるのかと察するに[ 言葉にならない何か ]が認識を促しているのだろうと感じた。

物語は意外な方法で殺人とか存在否定を行っているが実際にはプレイしている側の視点と物語の視点との境界線が曖昧な所に真髄がある。

コレはエロゲーでも確か…記憶が定かではないが[ 臭作 ]というアダルトゲームでもこの手法が用いられて驚いた記憶がある。

人はこの現実ちゅーモンの認識が曖昧で実際に信じている世界が全てと認識出来ていない傾向が強い。

面白いもので有名な[ 天動説地動説 ]が典型なんだが数百年前は前者が正しいとされていて、現在は後者が正しいとされている。

だけどな…面白い事に当時でも今でもソレを宇宙の彼方からジックリ観察した人がいないのが実情なのよ。

常識って不思議やろ?
ソレにな俺も御他聞に漏れず科学好きな唯系なんだけど量子世界に足を踏み入れると現実の概念が曖昧なものだと解る。

だけど俺達人間ちゅーのは五感を通してのものを[ 認識=全て ]と考える傾向が強い。

だからモニカの一言にはガチでシビレたよ…

このゲームのテーマちゅーのが2通りあって1つは人間関係が表向きに考えられてはいるけど、実は裏のテーマである[ 現実や人生 ]に関しての投げ掛けが非常に重要。

人はコレを遠い意識から無条件に反応してしまうんだろうな。
作り込みやコンセプトも製作者の心配りがマジで半端ねェっす。

現代ではSNSとかラインとかでハブられたり、陰湿なイジメとか問題視されるけど、それは多分本来人間が持っている本能やそれ以前の状態が[ 孤独を嫌う ]性質に順ずるものだろう。

俺は逆に煩わしくなって極端に隠遁派に流れて逝ってしもーたクチだけど人間は何かしら[ 繋がり ]を持ちたいのだろうな。

まァ…コレ以上はこのサイトのカラーには合わんからアッチのサイトで取り扱ってみようと考えてる。

俺はこのゲームを高く評価しているし、ホラーだろうが、エロゲーだろうが、サスペンスだろうが、ノベル系だろうが、ギャルゲーだろうが内容のクオリティに1本タングステンレベルの骨子が入っている腰の据わったパンチが打てる作品なら大いに賛同&賞賛したい派である。

むしろ[ あれはダメ ]とか[ コレはダメ ]とか過剰なモンスター保護者意見が大嫌いな輩ですよ。(#゚д゚) 、ペッ

経験や体験を奪う過保護は滅殺してやりたいぐらいである。
本当に良い作品や人生観をチェックする機会を与えてくれるものは後世に残すべきもの。

コレが解っていない大人が多過ぎる気がする現代です。ハイ。
(´・ω・`)y-~


→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU