トップページ > 人生のオアシス > 深夜帯の布団丸洗い…サイコーでござるよ。 

深夜帯の布団丸洗い…サイコーでござるよ。

                    2018年08月05日

↑布団カバーを被せるのもある意味プロ級のへろょと君。
深夜帯は施設内のテーブルとか独占状態だったりするw


毎年7月中に親戚周りを済ませて8月は外出を極力控えている。
もうスグお盆だからな…俺は基本的に人ごみが大の苦手。

煩わしいったらありゃしない。
でも限界集落とかに移住する事も利便性や虫嫌いもあってやっぱり町中の方を選んでまうけど。

そんで年に数回ほどコインランドリーを利用するの。
理由は布団とマクラの丸洗いが目的。

極貧生活時代は万年床でも気にならなかったんだけど社会人になってガムシャラに就労してきて睡眠をおろそかにして独立失敗時に身体を病んだ経緯上から寝床や睡眠環境だけには気を使うようになったのよ。(´・ω・`)=3

だから部屋とか散らかっても不思議と布団とかは割とキレイしてしまう。

んで…洗濯機では布団をザブザブ洗えないからコインランドリーを利用するのね。

ブラック就労時代は金が無かったからバズタブとかに布団をブチ込んで足ふみで洗って洗濯機で脱水して天日で干してたんだけど今現在はコインランドリーでお金を気にせずに豪快に熱湯洗いしている身分でござる。

実際…ブラック就労時代以前にも極貧生活中には布団や毛布とかにダニが湧いて往生した事が多々あったんだわ。

人には言えんけど寝床に雑誌とか置いてたら、その上のホコリが動いてんの…そんで目を凝らしてよーく見るとダニらしき小さな粉がウヨウヨ動いている事が実によくあった。

ちなみに極貧生活時代は最寄に割とキレイな川があったんでコンクリートの段々で夜な夜な布団や毛布を川にさらして洗ってた時代があった。
丁度、夏頃がそのシーズンだった記憶がある。

ブラック就労時代はバスタブを利用して足踏みで洗浄してたんだけど意外や意外…布団や毛布ってすんげー汚れてんのよ。

実際、洗ってみた人だと解るンだけど速攻で水が汚れてしまうほどなんだよね…マジで。

ちなみにこのブラック就労時代はダニとはあの極貧時代とは違って無縁な生活だったから安心してクレ。(ゝω・) テヘペロ


本当に日々使う布団や毛布ちゅーのは累積&蓄積で汚れを溜め込んでいる節があるから消臭スプレーとかでごまかさず、素直に洗いまっしょい。

最近のコインランドリーはホンの20年前とはもう別次元のサービス世界なんだとよく思う。

ちょっと前は縦型の洗濯機がまだあった時代だけど、ここ最近は洗剤も自動投入だし簡単にコインさえあればフカフカに仕上がる時代。

一昔まえは洗剤が詰まって使いモノにならなかったり、コインランドリーの室内にホームレスがいたりと環境が最悪だったのが、今やクリーンルーム並になっているのが凄いでござる。

防犯カメラとか標準装備だし、両替機も設置されて非常に便利となっている。

それに洗濯機自体が巨大化されて布団とか余裕だし、至れり尽くせりで洗浄後の乾燥まで完全無欠状態。

町中にはクリーニング店と併設されているし基本24時間営業だから俺のような人ごみを嫌う人種には利便性としてもパーフェクトなサービスですよ。

衣類とかは自宅の洗濯機で用は足りるが、布団だけは大型に限る。

しかも熱湯洗いや高熱乾燥だからダニとかに対しても強制瞬獄殺で滅菌レベルな仕上がり…もうタマランですな。

ちなみに俺…乾燥機はガッツリ高温で念入りに乾かすタイプ。



まァ…それだけ快眠環境ですら気を使うというのは身体が加齢を伴ってきていると考えるのが普通だろうな。

30後半まであれだけ睡眠時間が短い中で頑張って生きてきたから余計に今は眠くなったら素直に寝る習慣がついたのかも知らん。

そんな事を感じつつ、洗いたてのフカフカ布団とマクラに寝っころがっている状態でござる。

そろそろ寝る。







→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU