トップページ > 人生のオアシス > 期待や予想とは全く反対の世界に変化は訪れる事を先に知っておく…後は淡々とやり続ける事で人生は変わるんですよ。 

期待や予想とは全く反対の世界に

変化は訪れる事を先に知っておく…

後は淡々とやり続ける事で人生は変わるんですよ。

                    2019年02月17日


先日、リツイートした。


昔さ…アッチのサイトで『ノウハウを販売するのですか?』って御質問が来た事があるの。

でも俺にはその気はないの。
理由は2つ。

1つは古今東西、何処にでも存在するワークだから。
それに誰でも知ってるけど単にやらないだけだから。

もう1つは、もう人の世話を…というよりも[ 無実践の人 ]の世話をするのに疲れたから。

コレはビジネスでも独立時代、散々体験したのでお腹が一杯なの。

ソレにビジネスは利害関係なのだけど、過去マイナー部活の外部指導員時代にシステムを立ち上げて軌道に乗るまで外野の賛否を浴び続けて結果が出た時点で観客が騒ぎ出したあの空しさを体験し、更に生徒達の評価が退部者と継続者の評価がハッキリ別れてしまったのも背景にある。

オマケに結論としては[ やるヤツってのは指導をしたら、後は勝手に追求し出す ]から、実践する輩とそうでない者との差は日を追って開く事を何年も事例を見てきた。

だからしないヤツほど依存心が高いし、文句や批判の数も多い事を俺は知っている。

逆に依存心より探究心が旺盛な人間は仮に失敗しても[ 納得の逝く失敗 ]をしている為に[ 的確な質問 ]が数件上がる程度でアドバイスや指導もピンポイントで対応出来る。

この差は本当に大きい。

こうなると遠征先での情報交換にあらゆる相手選手や相手顧問の方々に紹介するだけで勝手に情報を取得して練習に活かす。

この自己独学力というPDCAサイクルが人生を完全に変えてしまうから本当に不思議ちゃん。

○ wikipedia:PDCAとは


依存心が高過ぎる人は脳内シュミレーションで[ 結果を求める心理 ]・[ 過程に関するメンドクサ心理 ]・[ 初期労働コスト面に負担を感じる心理 ]…何より[ 期待値という実践前に描く目先の皮算用度 ]がズバ抜けて高過ぎる傾向が強い。

これが挫折や失敗との過程において簡単に諦めるという仕組みを生み出す。

しかも厄介な事にこの体験値と経験値は積めば詰むほど事前シュミレーションで結果を弾き出してしまうから、結果として[ 人生に魔法のスーパーノウハウ ]しか求めなくなる姿勢が付き易い。

故にノウハウコレクターに成り下がり、人生に大量のロスが生まれ次第に実践力や独学力を完全に失うのでござるよ。

何かを変化させるのは絶対に[ 数と量 ]そして[ 継続 ]に尽きる。

専門用語を使用するなら[ 三昧(ざんまい)]を実践するのが最も予想や期待のマインドを突破する効果的な方法。

その過程において自己の中で[ 疑念の嵐 ]が吹き荒れる中を[ カームエリア(無風領域)]に逝くまでやり切れるか?
これがヒントであり答えでもある。

先にも後にも結局は自分の中にしか正解は無いのですよ。
だから[ 夢中 ]というスキルはこの実践には無双のパワーを発揮するので候。

壁を意識している間はまだまだって事ですな。 (ノA`) アチャー
貴方が求める人生を徹底して[ 数と量 ]そして[ 継続 ]するという事は習慣自体を変える。

強いては人生を変えるのですよ。
人間の意識ちゅーのは、そもそもシステム上この形になっているから人生を変えるって事は意外とシンプルだったりする。

まして累積型ビジネスの代表各アフィリエイトには完全にコレに当てはまるからやらない手は無い筈でござるよ。

(´・ω・`)つ  

それに現代の就労ビジネスでは中々、自分の中にある[ 自分自身を認める ]とか[ 自分自身の評価を高くする ]には結構無理がある。

だけどアフィリエイトを通じて、たった1人で大きな成果を叩き出せる恩恵は[ 自分自身を認める ]とか[ 自分自身の評価を回復させる ]という事にも通じるし、何より外にソレを関わらせない・持ち込まない・依存しないという[ 非依存三原則 ]にもあやかれるのは非常に嬉しいもの。

だから取り組むのであれ先ず[ 期待 ]・[ 脳内シュミレーション ]・[ 結果を求める心 ]最後に[ 依存心 ]とはキッパリオサラバすべきで候。



まぁ…何時の世も無実践からの質問という行為の裏側には[ ソレをしなくても出来る魔法のノウハウを求める真理 ]があり、実践者は[ 愚直に突き進む事に夢中になる ]という傾向が強い。

これが時を距てて大きな差になるのですな。( ˙-˙ )y-~

→ 【ツイッター】

                 スポンサーリンク




---------------- 推奨記事 index --------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------