トップページ > その他 > 2017年03月の結果報告!少し反応が出ますたよ…カモン!  

2017年03月の結果報告!

少し反応が出ますたよ…カモン!

                    2017年04月02日

ども。[ 嘉門達夫 ]ファンなへろょとじゃw
未成年時代から彼のCDを聴いてよく学食のカレーを吹いたもんだわ。ハハン♪

冒頭の掴みをよそに今回は反応が出ますたので御報告するわ。
まずはアナリクスデータを見てみようか m9(`・ω・´)ビシッ!

先月より訪問者数が増加したわ。
この場を借りて御礼申し上げる…マジでありがd。(-人-)

そして…アフィリエイトの成果確定金額が上がってきた。
一応、蜂社の数字は手取り(税別)の金額。
密林社はそのまま記載されている数字を提示しておくわ。
 ↓
2017年03月確定分。

○蜂社  839円
○密林社 369円
合計金額 1208円也。

ASP規約の関係上、グラフで掲載しておく。(´・ω・`;)ゞ

まァ…半年間はワケワカメ状態で予定の範疇も飛び出たり不思議な事があったがこの結果報告記事数が236記事目になる。

スタート地点が500記事と考えていたんだが、グーグルアップデート襲来ラッシュ以前には100記事も書けば反応があったんだわ。

だから500記事がセーフティラインかなと企画段階では考えていたんだが不思議と300までに至る過程段階でインデックスが200を超えると考える。

そこから考えると皮算用で250記事〜300記事がアフィリエイターの最初の関門と言われる[ 辞めるか? or 続けるか? ]の是非を問われるのだろうな。

俺の別サイトではこのサイトの企画を踏む経緯でとにかく不思議な質問が多かった。

コレはプロフにも書いてはいるが質問をしている大半の人は実の所、[ 興味はあるが自分に出来るだろうか…そして本当に大金を自分の手で稼げるのだろうか? ]という確信が得られないからだと俺は感じるのだがアフィリエイトは実の所…

儲ける業種ではなく稼ぐ業種だと言う事を知る事が先決かもしらん。 (´・ω・`)y-~

儲ける業種ってのは経験上と実益上、俺は投資と決めているせいもあるんだがアフィリエイトはガチで稼ぐ仕事なんよ。

しかも自分の腕1本で出来る青天井のビジネスじゃからマジで取り組み出して手応えから確信になると…もうタマランのよ。
                   (*゚∀゚)=3ハァハァ

ココで必須すべきは[ 青天井でもあるが底無しでは無い ]と言う事じゃ。

つまりリスクはなくやればやるほど積み立てが利くという事。
投資は[ 青天井と底無しが同居する ]がアフィリエイトは基本的にイイトコ取りの骨太なビジネスなのじゃわい。

骨太という言葉が表す裏付けはこの企画の毎月の結果報告でも時間が経つにつれて次第に明らかになるじゃろうけど、とにかく始めはとにかく土台となるコンテンツボリュームがないとお話にならないのよ。

そして量から質へと変化するに連れて第二形態→第三形態へと変貌する。

ちなみに第二形態って言うのは俺の経験上だが多分ね…アクセスが集まり出すインデックス数と検索順位というSEOによる流入がそれに当たるのだと考える。

第三形態は第二形態を土台としてドメインパワーが上がると確固たる検索順位を不動化してさらに安定的なアクセスを築き上げると考えるんじゃなコレが。

その結論から言えばスタート時点で500記事を目標として本来のスタートであると捉えた理由が解るだろうw

その為にはその骨子をどのように構築するかという一点に尽きる…っていう話になる。

だから質に達する過程では量を執行するのは当然の事なのよ。

余談だが別サイトには量を前提として常に語ってはいるがそのサイトは基本的に道楽主義で結構な期間運営された言わば残された遺産サイト的な運営をしている。

だから1記事の文字数がパネェの何のw
また質がチョットばっかし異質なのでアフィリエイトに関する事を綴ってもどうにも閲覧者には難しく見える様子なのよ。

この企画はある一定数の金額を叩き出した時点でそのサイトに公表するか? or 質問事項を寄せてくれた方への証拠としてURLを送付しようか?の二択になるがどちらも不毛な気がしてならん。

何故ならアフィリエイトは自分が出来ると考えている時点で既に衝動的に取り掛かっているからなァ…。(´・ω・`) ショボーン

証拠を見せても動かない人はテコでも動かないのは自営時代やブラック就労時代に骨身にしみている。。・゚・(つД`)・゚・。

また衝動的に始めても100記事はおろか30記事にも満たない段階で飽きてまうパターンも沢山見たんじゃわ。

結構、テのタイプから『ブログ始めました!』とURLをお知らせしてくれる閲覧者が残念な事に30記事まで突破する人は100人いたら5人程に絞られるのが現実。

その5人も自然消滅するパターンが大半じゃ。残念すぎる。
アフィリエイトはヤル気も本気も誓いも約束もコミットも一切必要ないのが実情。

ただインプットとアウトプットに日々勤め上げ、手を動かし続けるだけで一定の臨界点を突破した時に全て報われるというシステムを自分で体験するマッチョなビジネスなんじゃわい。

近年のリーマン環境に理不尽さを感じる昨今、こんなマッチョで誠実な評価を出してくれる仕事はないと思うし、まして正統的な評価基準を累積で与えてくれるビジネスは無いと思う。

なのに何故か目の先に目と行動を搾取される人が多い。
何だかのカイジの世界を見ている気がしてならん。

ちなみにリーマンには累積の評価はない。
病気や一身上の都合又は解雇になるとその後の保障は皆無。
コレ事実なり。俺は12年も勤めた会社を退職した時にそれを自分の身で味わったわいな。(#゚д゚) 、ペッ

まァ…未だに安定神話がある世界は官僚と公務員位になったがな。

でも現代では公務員すらブラックバイトに手を出す時代になったんで結局死ぬまで働くんだろうな。
俺がブラック就労時代に実際の所、公務員関係の人も一時期在籍してたわ。

そーいやどっかの動画でそんなネタがあったな。
もう一度検索掛けて観ちゃる。

最後にアフィリエイトをガチで取り組む気がある人には以下の良書をお勧めする。王道的な部分に沢山触れているからお勧めじゃ。
           ↓
   
両方とも俺が自信を持ってお勧めするマッチョな王道に沿うアフィリエイト戦術となる。

王道とは凡人が通る道でありながらその道は歩き続けられるハードルでありながら不思議と皆、離脱していく…。

その離脱する人達は遥か先をただただ歩き続ける人を見て『あの人達しか出来ない事』と言う。

その違いにも触れている書籍なの。
俺は凡人が誰にでも出来る事であり、尚且つアフィリエイトで自由を掴む事は至極シンプル性に優れていると感じる業種だと感じる。

会社では常にハイパフォーマンスを要求&義務付けられるがそれをしても『当たり前』と言われる。

アフィリエイトは自分で確固たる基盤や基礎さえ自己確立してしまえば後はライフワークに組み込むだけで次第に『当たり前』という世界から『生産的にかつ素晴しい』という世界に足を踏み入れる事を知って頂きたいものじゃわいな。

まァ…オッサンからのお節介じゃけど、覚えていて損はない。
だから頭の隅に置いといてMrオクレ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU