トップページ > その他 > 2018年07月度の結果報告および投資方面を現物に切り返る方針w 

2018年07月度の結果報告

および投資方面を現物に切り返る方針w

                    2018年07月03日


最近、ツイッターのコマンドをページに付けたのだけど過去記事への投下が遅れている。

最新から~540記事辺りまで投下してきたけど最近少し頻度が堕ちてきている。

こう見ると結構書いたなァ…でもイケダハヤト氏の1万記事までは微々たるもの。

まだまだこれからでござる。
ホワイトの道は険しいですな。(´・ω・`)y-~

さて…2018年07月の結果を御報告しますよ。
先ずはアナリクスから。

訪問者が2000人を超えたでござる。
併せてPVが3000オーバー。
ホワイトカラーでジワジワですよ。

ちなみに調べて見たらツイッター装備からの流入かと思いきや…新規の95%が検索エンジンからの流入ですわ。

ツイッターはまだまだ%がコレからですな。
どうやらダラダラ記事は御気に召さない御様子…それとツイッター自体、サクッと読めるものなのでビジネス面から言えば[ キャッチコピー ]的な要素やセンスが必要なのだと再確認。

バズッてるツイートをザラっと見渡すと結構参考になるでござる。

よくぞまァ…あれだけの短い行数で大衆の興味を惹く文字情報が組めるのか?…感心してまうよ。
多分、メディア情報のセンスがズバ抜けている気がするわ。

そんな人気のツイートは学びの為にフォローさせて貰った。
あとはニュース系のモノをフォローしたぐらいかな。

何故か知らんけど俺のフォロワーにはビジネス関連の人が集まっているんだけど、俺も過去にしでかした[ 独立失敗あるある ]の[ 手当たり次第にPR! ]ってヤツが面倒で仕方ないし、記憶拒絶を起すので放置している。

もうね…ミクシィ時代のブラック手法にはコリゴリでござる。
。・゚・(つД`)・゚・。

人は基本[ 興味を持つ ]という面においてはツイッターとかがサクッと情報を得るには現代の世相が映されているからイケダハヤト氏の著書にも書かれている『そんなに暇は割けない…だからサクッと読めるものの方が良いんですよ。』という意味に改めて感心させられる。

(´・ω・`)つ

だからみんなのツイートを見ると凄くセンスが光って見えるのよ…俺のようなオッサンには未知の分野だから当分センスを磨かにゃならんわな。(´・ω・`)y-~

多分、コレからの時代はセンスというものの扱いが[ 感覚的 ]なものに拍車が掛かるのだと思う。

[ ピンと来たら! ]ガッと掴む…そんな感じになるのだろう。
そこからディープに掘るのかは当人次第になるとは考えるのだが何を置いても先ず幸先に取っ掛かりが無くては意味を持たないのも情報であるのは一理有るでござる。

そんな娯楽系のネタをサーフしまくていると色々と参考になる。

そして累計…。

まだまだコレからという所さん。
昔読んだ染谷昌利氏の著書[ ブログ飯 ]に成長曲線の説明が掛かれてたんだけど、まだホワイト手法では序の口の序の口レベル。

(´・ω・`)つ

つまり図にすると…


実質曲線の初歩の位置というのが真実かな。
だけど過去、ブラック手法でこのエリアを一気に通過した報いは結局[ 飽きられる ]という過疎化を意味するでござる。

所詮、ペラページ量産してもリピーターがいなければ権利的にも資産的にも重みや旨みがないのはもうコリゴリですダヨ。
(´・ω・`)=3

最後に収益の報告。

収益は¥1568円也。
内訳は99%密林から。
僅かだけど蜂社のコンプレッションが数円入ってた。

今回はビジネス書籍を始め、あらゆるジャンルから収益が上がってた。

この場を借りて御礼申し上げます。
有難う御座いました。今後ともよろすくです。<(_ _)>

そして最後に投資方面の内容だけど一旦海外口座の金子をサルベージしたの。

トータル結果は約6ヶ月の新規運営と過去のナンピンを含めこのサイトでの報告期間中の海外口座は252%うpでフィニッシュ。

ちなみに新規6ヶ月(2018年02より)の手法は計算したら76%うpの運用率ですた。結構優秀でしたよアレw٩( ᐛ )و

実は結構纏まった金額になったので税金分を補完して残りを秋に向けて現物積み立てしたい目論見。

結構、FXやってると金額が纏まって来るとスワップとか鬱陶しくなるの。

特にマイナススワップとか。
ショートなら割と狙わんと結構、自分のメンタルがチリチリするのが昔と違って慣れてはいるんだけど金額が大きくなると次第に煩わしくなり、年間トータルで考えると保証金やら何やら思考が先回りして何だかなァ…と。( ゚д゚)ポカーン

冷静に考えればそもそも金額が纏まった時に長期投資のゆったりさやマッタリさが投資の醍醐味なんだけど隠遁生活者の旨み…というか本質は[ とにかく煩わしさというマネーゲームから脱出するという本質 ]からズレていると感知してしまった俺。

昔、何かの動画で見たBNF氏へのインタビューだったか?

BNF氏へ『マネーゲームと揶揄される事にはどう思われますか?』というTV側のバカな質問に『そういう部分もあるとは思います。』とサラッと流してたけどココがリーマン感覚と投資家&資産家との意識格差があると俺は考える。

俺から言わせれば過去極貧生活をした経験上から、現在間逆の隠遁生活をして出た結論だけど…事実は全く逆である。

金を稼ぐ必要性が全く無い人は既にマネーゲームを卒業&脱出している事実に気付いていない。

実際にマネーゲームをしている人ほどマネーゲームに雁字搦めになって日々、自分の寿命を対価として差し出して人生ゲームという名のレースにBETしていると何故気付かないのか不思議でならん。

あのインタビューで『実際にマネーゲームに参加して疲弊しきっているのは貴方達ですよ?』って言わなかったBNF氏の配慮に一体どれほどの人が気付いているのだろうか?

現代は就労や対価獲得の為の就職に疑問を持つ人が昭和時代から見ると格段に増えた。

各自がそれぞれの判断で独自のビジネスを持ったり、暗中模索しながら個人で何かを発信する人が増えたけどコレが本来のビジネスの原点だと現段階になって俺が過去振り返ってみても強く感じる部分である。

ビジネスを義務教育…もしくは高等教育段階で学べたらと考えると現代の横領事件・利権問題・老人犯罪増加問題…etc。

コレ等に関与したり、増長したり、せざるを得ない状況になったりする事をニュースで眺めると『もし…この世から経済力を各自が豊かに持てるのであれば一体どれだけの人が健全性とは言わんが、とりあえず目先の経済不安から脱出出きるのか?』とさえ思えてくる。


話しは脱線したけど今後現物に戻ってみようと考えている。
実際に盆前は大半のデイトレーダーとか短期スイングトレーダー達は一旦手放す傾向があるからチョットした[ イカ拾い ]状態かも知れん。

それに現物なら信用と違って期限も無いし。
ノンビリ逝けるw

そーいやどっかのトレーダーも同じ事に気付いてたから驚いた。

軍資金量が少なければ海外口座FXで挑戦し…
軍資金量が纏まったら国内株式で手堅く運用。

実際に隠遁生活して分かるんだけど年間収益300~500マソ位あれば地味な生活は可能。しかも莫大な時間が手に入る。

ダブルワークした事がある人なら解るだろうが仮に稼げたとしても時間が無くなる&体がボロ×2になる。

若い時ならガッツや精神論で超えられるだろうけど歳を取るとコレが無理ゲーに化ける。

だから資産形成脳の自己育成は欠かせない。
この企画サイトの主旨はココにある。

アフィリエイトを前面に出しているのは[ 最初はダブルワーク ]だけど累積で上記の無理ゲーに対抗する手段の一つだからだ。

アフィリエイトのメリットには最初から美味しいポイントがあって[ 自宅で出来る ]というのが大きい。

交通費も通勤時間も必要が一切無いから費用対効果は収益が跳ね返って来た時にその恩恵を一身に受けられる点にあるんだよ。

しかも固定資産税みたいな[ 建てて税金…稼いで税金 ]という二重苦も片方だけ。

ソレを投資に運用すれば[ 分離課税対象 ]で20%(国内のみ)で済む。

だから俺はアフィリエイト→投資という経緯で隠遁生活を実現できた。

そして莫大な時間を得られたのは人生の宝だと心底感じている。
そんな所さん。(´・ω・`)y-~

この企画サイトも始めはアッチの道楽サイトでアフィリエイトネタを記事にしてたら『だったら実際にやってくれよ。』と粘着系の人生捻くれ者がやっかんで来たから始めたが、何れこの累積の現象を証明された時、その人達は一体何を思うのだろう?

実際に2~300記事とストックされて逝くと次第にそんな粘着系のコメントが消えて逝ったけど俺としてはこのサイトを定期巡回して欲しい。

何故なら俺も過去、極貧生活の幼少時代を経て人生観が強制毒視装備されてきた経緯上…正直気持ちは解る。

残飯を漁る経験をすると確かにリア充なんぞ見たら『絶滅しやがれ!』と妬んだ小学校時代も経験したからな。(#゚д゚) 、ペッ

だから改めて伝えたいけど自分に自信と誇りや尊厳を取り戻すという意味でも[ ビジネスの所有 ]というのはマネーゲームを脱出するには大きな意義があるのでござるよ。

その意味を込めて粘着系にやっかんでも構わん。
その分、このサイトやアッチのサイトでもヒントを受け取って欲しいと願う。(´・ω・`)y-~


→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU