トップページ > その他 > 2018年12月の結果報告と[ ある動画 ]を見て独立失敗した時期を思い出した件。 

2018年12月の結果報告と

[ ある動画 ]を見て独立失敗した時期を思い出した件。

                    2019年01月02日


ちょっくら気になる動画をみて昔を思い出してしまった。
コレは後で書く事にする。

とりあえず2018年12月の結果を御報告。
まずはアクセス数から。

何だか底が固くなってきてた…
コンテンツ数ってホワイトでする以上、やはり[ 量や数が正義 ]でござるな。( ゚д゚)ポカーン

新規様が御閲覧すると何故か知らんがムチャクチャ読んでってくれるのかは不明だけど…駄文記事でも面白がってくれる御様子らしく、このサイトにワザワザ御便りをくれた人がおったの。

御丁寧にありが㌧。
一応、読ませて頂きますたよ。(-人-)
今後とも宜しくです。

何か知らんけど人によってはツボにハマるらしい。
量と数に任せたコンテンツは時として何が起こるかワケワカメで候。

まぁ…世の中、どっかのアイドルグループでもビジネスに凄く参考になる戦略を取ってるからやはり[ 数と量 ]というものは、あらゆるジャンルでも上達&スキル向上に至るまで正義なのだろう。

そして収益。

蜂社  ¥ 2円
密林社 ¥ 224円

合計 ¥ 226円也。(´+。+`)


そして最後に累計アクセス数。

平常運転で候。(´・ω・`)y-~
これからもチマチマ積み重ねるでござるよ。


さて…ココから冒頭のネタについて書いてみる。

実はついさっき2018年下半期の記事ランキングを書き終わってから飯を喰いながら動画をサーフしてたの。

○ 関連記事:2018年度下半期、当サイトでもっとも読まれた記事一覧。


そしたら[ とある動画 ]に目が逝ったのよ。
それがコレ。


もうね…凄く懐かしい感覚に襲われてしまった。
多分ね…独立してからの経験や、生活費やら経済的な漠然とした恐怖…そして借金経営とかしてないと、この感覚は解らないだろうと思う。

その感覚が無い人から見ると単に『底辺ユーチューバー』とか『稼げないアフィ厨』とかいう人は結構居ると思うわ。

でもな…自営業者とかフリーランスを長い期間している人は多かれ少なかれ、この気が狂いそうな心理状況を経験してるのよ。

過去、俺も最初の独立を派手にコケたから解るけど最初の1年はマジで恐怖ばかりで体重も激減してしまったわ。

当時、失業保険とかがまだあったし…退職金とか僅かだけどあったから何とかなってたけど、ソレ以上にガチで恐怖からの勢いと熱意だけでビジネス構築してある程度の形になったがソレでもなお、得体の知れない恐怖が拭えなかったのを鮮明に覚えている。

会社はクビにはなってないけど、正に[ 谷村仁司 ]氏の[ 負け犬ブルース]の心境で候。(´•̥ω•̥`)ゞ

俺が彼の動画に何を思い出したのかというと、コレは後になってハッキリ掴めたンだけど実は[ この恐怖が付き止められないとビジネスは絶対に失敗する ]という事だ。

特にコレが投資ならスグに解る。

人は得体の知れない恐怖の出所を知ろうとはしない。
それを放置したまま我武者羅に走ろうとするから精神が安定しないし、空回りの状態で明後日の方角に努力をしてしまうという愚行する。

特にアフィリとかは[ 数や量 ]に目が向かず、デザインとか見た目に拘る傾向が強くなる。

コレは[ 量や数 ]という事から逃げ易い誰もが陥り易い罠。

過去、俺も最初の独立中は最初の2年は軌道に乗ってた時はシッカリとした動きとカンチガイしてしまい、結果として余りにも[ 隙間時間の恐怖 ]に襲われた苦い経験がある。

その恐怖を紛らわそうと資料を作ったり、プレゼンをムダに作ったりしてたバカな行動を取ってた…もうね、気付いてるンだけど見たくないの…本当に。 (ノA`) アチャー

初めてリーマン時代のヌクヌクした[ やる事がある幸せ ]という[ 安定 ]を安心という洗脳に魅せられてたのがベッタリ残っていたのを認識した瞬間だった。

ソレに拍車を掛けて[ 未来への恐怖 ]という[ 経済苦 ]の恐怖が毎日襲う事になる。

当時、資金繰りが悪化して消費者金融を自転車操業し始めた直後だったのを覚えてる。

その後、2年が経過し…合計4年を棒に振って完全に燃え尽きた。

その事実を受け止められない自分の[ 振り返り ]を消化するのに本当…手を焼いたよ。

だからブラック就労を始めた時、恥ずかしい話…僅かな安定収入で安心してた自分が居たの。

ソレでも経済苦を若干でも和らげる一服の清涼剤に数か月は救われていた自分をかなり見て見ぬフリをしていた事に徐々に気付き始めた。

その途端にブラック就労者との派閥が凄い事に違和感を覚えた時…初めて目が覚めて『俺は何やってんだ!』とビックリしたのを改めて認識したよ。

そこから暫く、考えに考え抜いて独立失敗時の反省点と過去のビジネスセミナーや書籍を片っ端から復習して出した結論が[ アフィリエイト ]と[ 投資 ]だっただけの話。

こうなると完全にやる事がハッキリしているし[ やる気の不要論 ]が骨身に染みているジャンルであるアフィリエイトを取り組むのは、過去のビジネスよりもハードルが天と地の差があったので単にトライ&エラーの連続だけだったから苦しさは一切なかったかな。

ただ辛いのは睡眠時間がまるで無かっただけ。
マジでコレが辛い。

特にその当時、夜間代行とかしてたから本当に辛かった。
今では好きな時間に寝れるから当時、辛い時期をよく乗り越えたと自分を褒めてあげたい。(-人-)

だから最初の収益金だった、アフィリエイトの1000円ほど(手取り)…それから約2年後に開始した投資分野での初めての現物株からの決算後の配当金¥380円。

この2つが本当に嬉しかったの。(*゚Д゚)o"ウオッシャアアアアアアア-!!

その教訓があったから[ やる気 ]という感情は一旦置く事にしたの。

その代わり[ 数や量 ]を重視するのを正義として沢山失敗してトライし続けた。

とは逝っても投資に関しては流石に進退がかなり前後しまくっていたのも己の中にあった[ 得たいの知れない恐怖 ]と向かい合う事で徐々に成果が現れ出したのを付け加えておく。

コレばかりはノウハウよりも99%を占めるからな。

その点、アフィリエイトはトライ&エラーでコンテンツ数を積み重ねるだけでも十分形になるからマジでヤル気は必要無い。

コレは断言する。

とは言え…このサイトは企画上、まっ白シロ介のホワイト運営だからチマチマしているけど積み上げ式の経緯を見て欲しいかな。

一旦、事務所通勤となるとアソコには俺の遊び場になってるから、ある意味…自宅がアフィリ職場になってるのは否めん。


話は戻るが、動画の彼はその意味でも[ 今が恐くて恐くて仕方ない時期 ]だと思う。

初心者アフィリエイターは何かに追われている時が最も日々生きている時間の時が精神上、カラ回りする時期でもある。

就労系のリーマンがアフィリ構築しているのとはワケが違い、ソレだけの作業環境となると今までの習慣性からの洗脳で世間的にも経済的にも恐怖は当然抱える。

でも動画を見ている限り、生活や経済環境的にも車やバイク…そして小遣いとかにも恵まれている御様子。

後は周囲のプレッシャーを始め、ニートレベルで受けるストレスを生まれて初めて受けてるから本人は大変だろう。

世間様は『甘えやがって…』とか言いそうだけど俺は意見が違う。

そんな経験や体験は徐々に慣らすという意味では早い方が良いに決っている。

家庭や家族を持つ段階になってリアルビジネスを借金抱えてする…そんなガチレベルでの恐怖は人格をマジで崩壊させるからな。

その意味ではノーリスクという能天気なアフィリエイター達が失敗する1番の要因である[ 安定収入 ]が[ 諦め(『まっイイか…いつかやれば。』)]という、無駄で超甘い逃げ道がある状態よりもシッカリしていると俺は考える。

動画では自分のポリシーとかを豪語しているがコレはその[ 恐怖 ]の裏返しで、最初の登竜門だと今に想う。

ソレよりも色んなコンテンツを徹底して積み重ねて逝けば自然とその状況が打破する事が叶うだろう。

ただ気になるのは[ 内に在る得体の知れない漠然とした恐怖 ]をシッカリ見ておく事もビジネスには大切な事かな…。

是非とも[ 量と数 ]に没頭して頂きたい。
後は、まだ若いので色んな経験や体験をして欲しいかな?

コレは漫画家さんとかに共通する点らしいのだけど、人生経験とか思想経験の広さと深さが作品の幅を広げるというワリと知られた事実。

有名ユーチューバーとか、カリスマブロガー達が収益金を自分の取材費や、旅行、そして取材という新たな体験や経験に大枚を叩くのはこの為なのよ。

中には極端な経験とか体験とかを武器にしてネットビジネスに参戦している人に共通してネタが尽きないのは、ソレだけ引き出しが多いのも事実である。

人は見かけに寄らず、その人の中身は結構な人生が詰まっている人が世の中にゴロゴロいるンだわな…コレが。

だからこそ、若い子達には早い段階で失敗しながら自分のビジネスを構築する為に体験や経験を沢山して欲しいで候。


(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


---------------- 推奨記事 index --------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------



 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------