もっとも読まれた年度記事ランキング。 > 2017年度上半期、当サイトでもっとも読まれた記事一覧。 

2017年度上半期、当サイトでもっとも読まれた記事一覧。

 集計日:2017年07月02日 グーグルアナリティクス調べ

第1位
[ 鬼滅の刃が面白い!人生の教訓みたいになってきて非常に引き込まれるわ。 ]

意外や意外!
どうやら善逸君が頑張ってくれたようだ。
記事内容では善逸君の正直さが際立つが実際には劇中の炭治郎が一直線に取り組む姿勢が人生の秘訣になっている。

漫画と一線を構えずにジックリ読んでみると[ 一万時間の法則 ]を読んでいる俺としては非常に参考になるわ。

第2位
[ 筋トレで螺旋丸を作ろうぜ!!(#゚Д゚)o”ウオオオオ!! ]

この記事は俺が元々トレーニングしている関連から生まれた記事。

この年齢になると若い頃のように体感を始めとする劣化や老化を考える事はなかったが昨今それを感じる時期になった。

多分これからもトレーニングに関係する記事も書く所存ナリ。
特に老後は極力インナーマッスルは鍛えておかなければオシメ生活が控える羽目になるからな。

親父の介護でそれを痛感したでござる。○| ̄|_
加齢に応じて筋肉を増強増設しよう。
目指すはPPKでフィナーレを迎えたい。

第3位
[ 低糖質に関してのアレコレ。時代は多様化へ…食品リストもたくさんあるよ! ]

当サイトで意外と上半期に人気が出た記事がコレ。
ロカボ流行が水面下で起きつつある昨今、これからムーブメントが起こると確信する。

炭水化物から低糖質系食材やら材料やらが普及し始めると日本独自の経済生産が生まれると考えられるなぁ…( ゚д゚)ポカーン

第4位
[ 人生に対して燃えているかい?マンガを読んで熱い頃を思い出そうか!『あの頃は…(#゚Д゚)ハッ!!』 ]

コレ…かなり俺の意向が各記事に散りばめられてるせいだろう。

まぁ…実際に将棋ブームに先駆け藤井氏も頭角を現しているせいもあり、去年に書いた記事にも関わらず今になってアクセスを伸ばしている。

時代の流れは不思議なものじゃわい。
コレを気に[ 81dojo ]も賑わって頂きたいモンじゃ。

第5位
[ 調理レポ…低糖質パン編@。ツインバード製のホームベーカリーを買って低糖質パンを焼いてみたよ。 ]

ホームベーカリー のレビュー記事。
低糖質パンを貰った記事から俺が興味を持って購入し低糖質パンを作ったの。

意外とパン作りは面白い。
パン生地は発酵するとアルコールの匂いは焼くとガチで素晴しく香ばしい匂いに変化する。

台所に広がるこの匂いには食欲がボンバー!

第6位
[ マーケティングを軽んじると取り返しが付かなくなる典型的な事例。 ]

今年の初め辺りに書いた記事だが年末〜来年の上半期までマーケティングを誤った娘側の大塚家具は持たんかも知らん。

俺が願うのは[ 何事もやるだけやったら見切りも1つの道 ]だと気付く事じゃ。

一番ヤバイのは[ 自殺 ]
人間がこの手の形でビジネスに執着する傾向が現れるのは単なる[ 腹の足しにもならんプライド ]でしかない。

特に自分で築き上げる事を経験せずに与えられた地位に自己ステータスを重ね合わせるとかなり意固地になってまうからなぁ。

ちゃんとした親ならばサッサと自分の懐から叩き出して自立させ経験と実績を積んでから継がせれば良いのだが、この騒動はどのみち俺から言わせれば単なる親の不手際から発生した事例だと見ている。

第7位
[ 超簡単に全身のインナーマッスルを強化してスレンダーになりたい貴方へ! ]

インナーマッスル系の深層筋肉トレーニング用具の記事。
ガチトレーニングは本当にキツイ中で日常のボディを維持し刺激する画期的なシステムに感動しながら書いた記事。

コレ…実はこれから高齢社会へ向けて普及させたい一品。
特にリハビリセンターや整骨院において頂きたいの。

ヘルニア患者や関節痛のリハビリ…そして寝たきり候補の人達へマジで勧めたい。

コア系の筋肉が退化していくとマジでオムツが必要になるからな。コレはガチなんで覚えとくべし。

コレを書いた時には2D振動系のボードしか販売されていなかったのに、最近になってAmazonでも3D系のボードが販売されるようになっていたわ。価格も大幅に抑えられとるしw

参考までに。
[ ドクターエア 3Dスーパーブレード ]
[ ALINCO(アルインコ) 3D 振動 バランスウェーブ ]

第8位
[ イラネッチケーを使用すると受信料がいらんらしい。 ]

NHK撲滅意向記事。
マジでNHK要らん。
スポンサーを付けるなり国営を意地でも貫くなら国家予算で運営されるがよろし。(#゚д゚) 、ペッ

第9位
[ 世の中の大半の人達がチャンスを掴めないと思った件。 ]

この記事にはかなり思い入れがある。
確か何かの番組をネットで見ていて本気で洗脳放送をしていたように見えたからな。

これは意外と知られていない事実だが、世の中に若くして頭角を現している人やビジネスを立ち上げる人はあまり世間情勢には疎い傾向があるの。

だからTVや新聞を余り見ない傾向が強い。
その為、俺が若い時に会社員時代には
『全くものを知らんなぁ…新聞を読め!新聞を!』って自慢げに説教を散々されていたが…あれから20年以上経った今、そいつ等を見てみると余り変化していない…むしろ大変な経済情勢になって死ぬまで働く傾向が強い。

そのカウントダウンが始まっているのに定年退職してバイトしているにも関わらず街中で昔のヤツを見かけると思わずドヤ顔で言い返したくなる衝動に駆られるがグッと堪えて関わらぬようにしている。

ちなみに俺は20年以上経って人生を根底から変えてもーた。
だから声を大にして言っておく。
新聞を読んでも人生は変わらん。
所詮は事後報告のまとめ記事でしかないからな。(#゚д゚) 、ペッ

人生を変えたいなら、その情報を如何にして自分に活かすかがポイントになる。

常識は単なる多数決の多い傾向の集大成でしかない。
『それが人間的価値をスパークさせる事は永遠に無いわボケェ!』…って20年前に年寄り連中に言ってやりたい。

器の小さい人間でスマン。許してくれ。(-人-)

第10位
[ ムリに会社勤めによる人間関係で精神を削る必要はない…収入を得るだけなら自宅でアフィリエイトをするだけでもお金は得られる時代ですだよ。 ]

この記事を読んで貰えるとは嬉しい限り。
これからの時代は自らの手でビジネスを所持し、経済的縛りから自由になれるのだと本当に気付いて頂きたい。

俺は勧めはするが押し付ける気は毛頭ない。
だからコンサル的な事もしない。

コレは自営時代に他人の意識基準が違うって事と本来人間は自由意志の元で取り組まなくてはならんという事実を骨身に染みて自覚したし体験したからだ。

だから『人生を変えたい!』って思って行動する人から自由になるべきだと考えている。

人によっては『冷たい!』と受け取られるが、そのスタイルこそ実は[ 弱者の衣を着る脅威 ]という事を俺は知っている。

それは時として残酷で冷酷で残忍な一面を持ってして常識を都合良く利用する。マジで手に負えない事さえあるんじゃぞい。
嗚呼…怖い。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU