もっとも読まれた年度記事ランキング。 > 2017年度下半期、当サイトでもっとも読まれた記事一覧。 

2017年度下半期、当サイトでもっとも読まれた記事一覧。

集計日:2018年01月04日 グーグルアナリティクス調べ
(期間:2017年07月01日~2017年12月31日)

第1位
[ しらたきごはんのスペシャルツールを御紹介!これで手間を大幅に軽減できるよ! ]

○ ページビュー数:209  訪問者数:176

イキナリのアイテムレビュー記事が堂々のトップを飾る!
やっぱりお手軽に糖質制限したいという現代の傾向。

確かに高額ジムに通うより手頃で健康にという意向が伺えるのもニーズにあげられるし、何より炭水化物って基本…止められないから主食を代替する発想は確かに的を得ていると今、振り返ってみて実感している。

実際にこの記事で紹介した手動スライサーと電動スライサーが売れてたのは事実だし、俺も逆流性食道炎に悩まされた対策としてはバッチリ効果はあった。

この記事を書いている今は少しリバウンドしているが来週にはまた食生活が戻るから心配していない。…それくらい主食の糖質カットは凄いのよ。

逆に言えば日頃の米消費量からの糖質って凄いと実感できるからコレからの日本の食文化は米の糖質への品種改良やしらたきのブレンド米を提供すれば凄い利潤になると考えるのは俺だけだろうか?

実際に麺類でも糖質カットしたものが次第にスーパーに出始めたりCMとかネットで始めているからなぁ。


(´・ω・`)つ
はごろも ポポロスパ CarbOFF(低糖質パスタ) 1.4mm 240g (5608)×3個

乾麺だし、保存も利くしで確かに需要が高い商品だと考えるわ。
食材ストックでも重宝しそう。
そしてコレを当たり前のように扱っているAmazon様万歳わっしょいでござるな。∩( ・ω・)∩ バンザーイ

そーいやCMで出ている五郎ちゃん…昔はVシネでバリバリの本職役が多かったけど晩年になってグルメが板に付いてきて良い味が出てきたなぁ…。



嗚呼…ごはんが欲しくなるでござるよ。 ( º﹃º`) ジュル・・・・・・


第2位
[ スマホを与える親は子供にバカになれと烙印を与えている!考える力を持たない人はスマホに洗脳されてまう現実。 ]

○ ページビュー数:142  訪問者数:140

結構辛口で書いた記事だと記憶している。
まぁ…実際の所、子供よりも大人の方が危ないのは事実。

事実、大人の大半は夢や目標自体を失っている場合が多く目の先の娯楽に逃げがちになるから、どうしてもスマホアプリ三昧になる傾向が強い。

子供には『勉強しろ!』っていう大人や保護者はゴマンといるけど進んで勉強したり自分の夢や方向性に関して時間や情熱を投資する人は僅か一握りだからこの記事を読んでいる人は何かしらヒントになっていると俺は考えてる。

もしも何かしらヒントになって人生を変えるキッカケトなったら嬉しい限りでござるよ。(´・ω・`)y-~


第3位
[ オーバーロードが面白い!驚くべきは小説からスタートした作品だった。 ]

○ ページビュー数:125  訪問者数:120

随分昔に書いた記事がランクイン。
なんでだろ?( ゚д゚)ポカーン

そーいや[ Abema TV ]で先行配信にてオーバーロード2の第1話を放映していた。

今期シーズン2を1月より放映開始らしいわ。
俺は既にTVが無い生活してるからAmazonとか[ Abema TV ]で観るしかないけど平行してコミックを購入してるからある意味同時進行しているような錯覚をしてまう。

面白いからイイけどな。フフーフ♪


第4位
[ 木多康昭というチャレンジャー漫画家を知っているか?本当に凄いブラックジョーカーなのよw ]

○ ページビュー数:121  訪問者数:116

コレも意外なランクイン記事。
少し驚いてる。(;´・ω・`)ゞ

こーいうマンガって最近見ない気がするわ。
リアルに編集担当とのストレスのぶつけ合いネタとか超ウケルけどな、世間体という風潮が吹き荒れる中でこんな作品が今後出て欲しい気がするわ。

最近では[ HUNTER×HUNTER ]とか[ 東京大学物語 ]のような心理描写のようなマンガも面白い。

結局は本音のドロドロした部分って引き込まれるのは事実でもあるし、紹介した[ 幕張 ]のようなギャグ漫画でもそのテイストには惹き込まれるものがあるのだろうな。


第5位
[ TVで貧困家庭の特集らしきものを見た。最悪の場合、親は現状維持を迫られる場合は是が非でもビジネスを持つべき。 ]

○ ページビュー数:120  訪問者数:114

かなり昔の記事。
結構書き殴っていた内容だけど自分の経験&体験も踏まえて色々と書いた記憶がある。

日本人ってヤツは不思議と表面的に[ お金 ]という単語を出さないクセに建前では[ 清く ]とか[ やりがい ]に拘る傾向がとにかく強いと思う。

堂々と稼ぐなら稼ぐ!って意思決定をした方が行動しやすいのに…と常々思う事がある。

やはりプライドが邪魔するのだろうかニャ?(#゚д゚) 、ペッ



第6位
[ 筋トレで螺旋丸を作ろうぜ!!(#゚Д゚)o”ウオオオオ!! ]

○ ページビュー数:116  訪問者数:113

未だに継続して人気の高い記事でござるな。
俺…思うんだけど筋トレ好きなヤツってアフィリエイトとか継続系累積ビジネスに向いていると考えとる。

[ 筋肉は1日にして成らず! ]って標語もあるみたいだし共通する部分は多い。

特に自己修練に特化した筋トレなんぞは自分との戦いだから効果が出た時に自慢したくなるのは当然だと思うし、何より自信になるから筋肉フェチ族って継続感覚が発達してる傾向があると思うのは俺だけだろうかね? (´・ω・`)y-~

↑気持ちは分かる。日本語訳を見れば解るわ。
アフィリエイトも同じかもな。


第7位
[ まずその泥舟から脱出しよう!そしてマイナスの度合いを軽くしてから地に足を付けて生きる事が先決。 ]

○ ページビュー数:106  訪問者数:82

このサイトの閲覧者とか論文サイトからの質問攻めに屈して書いた自分の体験と平行した対策記事。

もーね…恥ずかしいったらありゃしない。(*/▽\*)イヤン
[ 過去の恥…今は無くとも心に深傷 ]ってヤツですよ。
バリバリ本音の記事。
お役立て下さいませ。


第8位
[ 女性になりたい願望が流行ってるらしい…コスプレレベルよりもガチレベル? ]

○ ページビュー数:104  訪問者数:90

かなりマニアックな短い記事。
何でアクセスが上がったのか?
要因がサッパリワケワカメでござる。( ゚д゚)ポカーン

多分ニーズがあったのだろう。
コレだから[ アフィリエイト記事のヒット要因は決め付けてはいけない ]と言われる良い事例記事。

ヒット記事とかバズ記事に囚われる事なく書き続ければいずれはこのような形で出て来るから記事製作はやめられないとまらない。


第9位
[ さあ!冬集軍が到来してきたよ!電気毛布は最強でサイコー! ]

○ ページビュー数:88  訪問者数:85

Σ(゚Д゚;)
何で今頃?って記事…多分冬だから?
それとも消費電力の関係を記事にしたから?
書き殴っているだけの記事なのに読んで頂いてただただ感謝するばかりです。ハイ。(-人-)

まぁ…今後、自動車もEVが主流になるしオイル関連事業も縮小化が進むにつれて家電の普及傾向も暖房器具の傾向もオイル離れするのだろうな。

火事の心配もねーし、介護する人の身になれば火災の心配は必ず付き纏うから電気毛布の記事はどーしても気になるのかも知らん。(´・ω・`)y-~


第10位
[ 八雲さんの誤認…クリームシチューの食べ方は俺も同じだった件。 (ノ∀`) アチャー ]

○ ページビュー数:68  訪問者数:63

漫画のレビュー記事。
少しウレシス!(人´∀`).☆.。.:*・°

最近、友人から結婚生活のアレコレネタを訊いていると、共働きになるとどーしても家事関連で喧嘩すると教えられた。
俺からしてみれば夢のある結婚生活って修羅場らしい。

ガキの頃、友人宅に逝った時は割と専業主婦が多かった時代…母親がおやつや飯を作ってくれる存在は神だと思っていたから何だか夢がなくなるでござるよ。

実際の所、旦那が稼ぎ倒してたら世の奥方様は仕事と家事のどちらを頑張ってくれるのだろうか?…と疑問が出て来る。

ちなみに還暦以上のマダム達数人にこの件を訊ねた事がある。

そーしたら流石に『旦那は稼いでくれてナンボ。家庭は堅城に守る幅は稼ぎに比例する。』という意見が多かった。
昭和世代…すげーぜ。(;゚д゚) アウー

…ともあれ八雲さんはある意味、男性人の理想像かも知らんな。

そんな記事ですだよ。


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU