もっとも読まれた年度記事ランキング。 > 2018年度下半期、当サイトでもっとも読まれた記事一覧。 

2018年度下半期、当サイトでもっとも読まれた記事一覧。


集計日:2019年01月02日 グーグルアナリティクス調べ
(期間:2018年07月01日~2018年12月31日)

第1位

[ しらたきごはんのスペシャルツールを御紹介!これで手間を大幅に軽減できるよ! ]

○ ページビュー数:795  訪問者数:733

不動の1位記事!Σ(゚Д゚;)
既にグーグル先生からの御墨付きページとなってしまったで候。

これを記事起ししている段階でググってみたら…何と!

以前に書いた記事でミドルワードが1位だったが、遂にビッグワードでも2ページ目(14番目)に姿を表しちゃったのよ!

○ 関連記事:ミドルワードでトップを取ってしまった件。( ゚д゚)ポカーン

まさか自分の患った逆流性食道炎からの~低糖質ライフからの~しらたきごはん記事がコンナ事になるなんて…Σ(゚Д゚;)

当時記事を書いたのが2017年07月08日…。

少し追記をしたりしながら1年と半年ほどでココまで来るとは予想だにしていなかったわ。

その検索流入も安定していて改めて検索エンジンとSEOというのは凄いと感じざるを得ない。

ただ…気になるのは…コレ、アフィリエイト推奨ブログサイトという不思議な問題だけが残るのだけどな。( ゚д゚)ポカーン

ま、ヨシとしよう…でござる。


第2位

オーバーロードが面白い!驚くべきは小説からスタートした作品だった。

○ ページビュー数:389  訪問者数:371

前回に引き続きこの記事が2位。
アニメ版の2期~3期放映されとったから割りと御新規様達が読んでくれた御様子。

俺はコミック版と共に何度も読み返したがやはり2期のセバス無双は凄まじく感情移入してしまう。

俺世代になると[ 燃えよドラゴン]とか[ ポリスストーリー・香港国際警察]世代だからかなり影響を受けとるのもある。

それにこれ等は単にアクションだけではなく魂が宿った作品でもあるのよ。

俺等世代以外にも少し若い世代達もブルースリー映画で人生教訓になる格言が映画の至る所に散りばめられているのが見れば解るだろう。

ソレぐらい当時の香港映画というものは製作費用以上に製作者が人生に対する想いを宿しているから心が惹きこまれるのでござる。

オマケに香港映画は基本的に費用対効果観念が徹底していて、ある意味…現代のネットビジネスにも参考になる点は多い。

とりあえず話が長くなりそうなのでココで切っておく。

リアルな会話ではまず出来ないほどウザい話になるわな。
ネット記事だからコレが出来るで候。(ノ∀`) アチャー


第3位

材料と道具も揃ったし…とりあえず糖質ゼロのおからホットケーキを作ってみた。

○ ページビュー数:246  訪問者数:232

随分差を空けてからの~糖質クッキング記事。
どんだけ低糖時代に突入してるのでしょうか?…マジで驚き。

例のプロテインパンケーキ記事も現在地味に閲覧されてるの。

○ 関連記事:糖質制限に強い味方!プロテインパンケーキを作ってみたらホームランだった件。


これから健康志向時代とは思うけど、海外じゃあ[ 砂糖税 ]というワケの解らないものまで登場してるようだけど、現段階で三大疾病という[ 肥満系 ]からの医療費問題とか凄いらしいな。

国によっては宗教上の規制からアルコール販売にも規制が掛かると国全体の嗜好食が甘党に偏ると何かの記事や動画で見た事がある。

人間の本能が糖質という麻薬染みた本能を目覚めさせるのだろう。

日本はその意味でもコレから人工食料がテクノロジー化に移行する可能性が最も高い国になるだろうから今後、長寿&健康という分野に突入し、逆に少子化に拍車が掛かるのかも知らん。

人口が少なくて経済大国…そんな世界基準から見ると不思議な国になりそう。( ゚д゚)ポカーン

多分、ベーシックインカムとかが鍵になるのだろうかね?


第4位

八雲さんの誤認…クリームシチューの食べ方は俺も同じだった件。 (ノ∀`) アチャー

○ ページビュー数:231  訪問者数:223

漫画のレビュー記事がランク入り。

この記事…というよりも俺の憧れからの好きな漫画を綴っただけのものだが、実は御便りでこの点について閲覧者様から色々と感想を頂いた。

その経緯も手伝ってか思い当たらんけど少し俺の思い出話も最近綴った次第である。

○ 関連記事:俺は専業主婦志望に関して肯定派です。


まぁ…単に昔を思い出してしまう部分が多い、心温まる漫画なので俺としては図書館とかにも置いて欲しいとは思うのだけどな。

俺の予想だけど昭和時代みたいに『将来の夢やなりたいものは?』と低年齢層に訊くと『お嫁さん!』みたいな微笑ましい子供はコレを読むとおるとは思う。

現代では共働きで子供目線から見るに両親や保護者は十中八九、クタクタになっている後姿を見ているのだと察する。

その過酷な時代をネットビジネスとかビジネス所有とかで打破し…『大人って楽しいンだよ!』という背中とか、料理スキル取得とかを楽しんでいる大人とか増えて欲しいと願うでござるよ。



第5位

無料テンプレートリンク先の消滅…こんな事ってあるのね。( ゚д゚)ポカーン

○ ページビュー数:186  訪問者数:176

意外な記事がランクイン。
多分ね…このテンプレートサイトを使用している人のアクセスだと思うわ。

未だにワードプレス関係とかのアップデートとか仮鯖から連絡入るけど俺はホームページビルダーを使用してるからイチイチ更新していない。

世の中、悪意を持ってクラッキングやハッキングをする人達も攻撃対象を効率的に且つ、手間を掛けないようにする為にPCを利用するから…その意味ではガラパゴスのような偏狭ローカルツールを使うのは強みなのだろう。

ソコから考えると無料テンプレートを使用し、ホームページビルダーを使用してサイトやブログを更新しているニッチな人は検索からこの記事に到達しているみたい。

今回はトップのビッグワード検索から、ニッチ検索と色々なトコからのアクセスを見ると勉強になるで候。(´・ω・`)y-~

ちなみに俺は一番下のテンプレートロゴだけ残してリンクはアレ以来、外している…だってリンク切れでSEOに影響が出てもしゃーないしな。(#゚д゚) 、ペッ


第6位

調理レポ…低糖質パン編①。ツインバード製のホームベーカリーを買って低糖質パンを焼いてみたよ。

○ ページビュー数:172  訪問者数:152

低糖質系ネタがまたまたランクイン。

そーいや半期に一度、[ ツインバード製ホームベーカリー]が何故か売れてたのを今、思い出した。

炊飯器と違って保温保存が利かないパン系統。
だけど[ 焼きたて ]という魅力がある以上は絶対ニーズがあるのだろうな。

それに現代では食アレルギー系問題で御家庭のお子様に『どうしてもパンを食べさせてやりたい』という人もいるニーズにAmazon側も気付いた御様子で現在[ グルテンフリーの米粉]が凄くヒットしているのを最近知った。

動画広告でも大々的にAmazonが出しているほどだ。

食の喜びを与えるという母親のレビューが話題になってのCM化。
年甲斐も無く凄く感動してしまった…不覚である。(´•̥ω•̥`)ゞ

食べたいのに食べられない…俺のような極貧上がり以外にも現代ではアレルギーというビハインドを背負った子供が他の子と同じように食べる事を制限せざるを得ないのは流石に不憫である。

その意味では大きな気付きになったアクセスである。

実は最近書いた記事はこのアクセス推移での気付きから以下の記事を書いた次第。

○ 関連記事:時代が経つにつれて敏感になるべき食生活。


出た数字から色々と感じたのを俺の過去体験と経験から綴っておりまする。

世のお母さん達には本当に頭が下がるで候。(-人-)


第7位

Kindle漫画[ オーバーロード第8第9巻 ]を読んだ。セバス君の魅力全開ですだよ!

○ ページビュー数:170  訪問者数:154

昨今、韓国男性アイドルとか有名大学男性等のDVもあってか知らんが男性の理想像というものが内面に向き出した。

その意味では女性社会進出による[ 男尊女卑 ]という古い観念も崩壊している反面、このようなDVとかが明るみに出ると男性の俺ですらドン引きしてまうの。

どんだけ男の内部承認欲求が低下してんだか。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

世の男性陣はセバス君を見習って強くたくましく在って欲しいものだと考えるわな。

とは言え…経済世界での稼ぐ能力というものがないと確かに男性は意固地にヒネてまうのも解らんでもない。

そりゃ嫁さんや子供から『甲斐性無し』という烙印を押されるほど情けない事はないのだから。

今後、日本の世の中で経済力を持つまでの期間…というよりもビジネスを所有するマインドを習得するまでは結構、学びの時期って大変だと思う。

それ故にスタートラインに立つ時期が早ければ早い程、良いに決っている。

だけど悲しいかな…大半の人が高等学校を出てから就労中に目覚めるし、それ以上に目覚めない人も実際には多い。

ソコから考えれば人間的な部分と、経済力ビジネス基盤を確固たるものにした時は結構な割合で晩年化するのでは?…と考える。

日本国の男性にとっては人生という期間は経済世界という面に当て嵌めると、あまりに短い。

つまり晩年層のセバスみたいな人達がある意味、経済的にも精神的にもベストな婚期なジェントルマンが増えるのだろうか?

…ナドト、ムダに考えてミターリ。( ゚д゚)ポカーン



第8位

実在した未成年詐欺師の生涯から学べぼうゼ!俺を捕まえてみろ!って映画。

○ ページビュー数:150  訪問者数:147

ココに来て映画レビューがランクイン。
そーいや映画レビュー最近してねーわ。Σ(゚Д゚;)
今、気付いたw

Amazon ビデオ]とか凄く便利なコンテンツが販売されてるから去年は結構な割合で電子書籍とかビデオとかを事務所で貪り見てたよ。

段々と普及してきて過去の名作とかがダイレクトにダウンロード出来るようになったから今後、チマチマ紹介してみようと思うわ。

最近、映画業界もリメイクやら実写化に逃げている御様子で作家さんの独自性やらオリジナル性がヌルくなっている。

手塚治虫 ]氏の名言『良い作品や美しいものを沢山見なさい。』と売れない若手漫画家にアドバイスしてたけど映画業界も過去の名作を沢山見れば良いと思う。

昔の映画はガチレベルでヒューマン映画とか、コミカルな映画でも人生訓になる映画が結構多かった。

SF映画やコメディ映画でも大ヒットした[ バック・トゥ・ザ・フューチャー]や[ マスク]とかは笑える内容にも要所に[ 生き方 ]を提示している事に気付くだろう。

ジム・キャリー]の映画って実は彼の人生が滲み出ているからか知らんけど、人生に詰んでいる人は是非見て欲しいと思う。



第9位

まとめサイトのゴシップ記事に釣られて[ ドキドキ文芸部!]を実際にダウンロード→プレイしてみた。

○ ページビュー数:149  訪問者数:125

ま…まさか、このデンジャラスなネタが入って来るとは夢にも思わなんだわ。

コレ…絶対、
アッチからのサイトからの流入だと察したのでココではコメントを控えるでござる。Σ(゚□゚;)

まぁ…でも優れた作品だというのは俺も保障するわ。
解る人しか解らんだろうけど。( ˙-˙ )y-~


第10位

まずその泥舟から脱出しよう!そしてマイナスの度合いを軽くしてから地に足を付けて生きる事が先決。

○ ページビュー数:111 訪問者数:71

俺の黒歴史体験談が来ちゃったダヨ。 (ノA`) アチャー
まぁ…皆さんの役に立てばと、思って書いた記事。

実はね…コレを書く経緯になったのはアッチの道楽サイトと、この企画サイトにちょくちょく負債やら借金苦の御相談便りが来てたの。

俺としては対応を見送ってたんだけど、中には結構な末期症状な方も居たんだわ。

中には個人情報と写真まで添付してくるツワモノまでいますたよ。

流石に無下にも出来ンし…仕方無く、任意整理した黒歴史と独立失敗時代の自己破産者や、金融アルバイト時代の体重債務者系での出来事を掻い摘んで記事にしたものを実は御便りをくれた人に向けて発信するつもりで書いたの。

つまり対応する代わりの『コレを見て自分で行動して下さい。』ってなニュアンス。

中には『ソレをしたくないから他の手段を教えてクレってンだよ!』みたいな便りも一部実際にあったけど、大体が御礼の便りが来たのも事実。

マジで負債整理って他人の目もあるし、中には伴侶や親族…そして会社にはバレたくない人も実際は居るんだわ。

だからか知らんけど任意整理や自己破産という自己再生法という法的手段をリアルに知らない人は結構いるんだよ。

金の苦労は俺も知っているからついつい仏心が出てもーた記事ではあるけど、閲覧者にとって役に立ったのならば俺としても報われまする。(-人-)


以上が2018年度下半期の集計ですた。
アナリクス見ながらの集計は慣れていないので通常記事よりもかなり時間を喰っちまっただよ。

あー、もうコンナ時間。
飯でも喰って今度は月例結果報告記事を書くでござる。
ε=(´+。+`)ゞ

→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


---------------- 推奨記事 index --------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------